木工家具・ドロワーチェスト
2013年03月17日 (日) | 編集 |
「好きな色に塗ろう 白木の木製ミニドロワー」を
せっせとペイントしてきましたが、

 drawerChest09.jpg

ホームセンタで その他にも材料を買ってきました。

 drawerChest10.jpg

いつものように、まずハタガネでくっつけている板は、
側面に使う予定のパーツです。(SPF材)

 drawerChest11.jpg

底面は強度を考えて、パインの集成材にしました。
穴をあけて、角材をとりつけようとしていた時、
事件が起きました。

 drawerChest12.jpg

ドリルビットが、折れた・・・!!

びっくりしたぁ。

使い方が悪かったのかなぁ。
買ってまだ半年ほどなのに、折れてしまいました。

 drawerChest13.jpg

板に刺さっていたビットの先は、
何とか、抜くことができました。

ヘタクソなオバちゃんに買われたばかりに、
かわいそうなことをしてしまいました・・・

でも、もうどんなのが使いやすいか分かったので、
また買いなおそうと思います。

一応他にもドリルビットはあるので そちらを使いつつ、
作業を進めました。

 drawerChest14.jpg

ハタガネは、組み立て中の仮止め作業の時にも
活躍してくれます。

 drawerChest15.jpg

補強のための角材は、端材から自分でカットしました。
(イバるほどのことではないけれど、わたしにしたら大きな進歩)

というわけで、できあがりー。

 drawerChest16.jpg

ベンチです。(嘘)

娘には、「この つくえ なに?」と
言われてしまいました。
つくえじゃないよ~~
まだ、続きがあるんです・・・

 drawerChest17.jpg

よく見ると、脚がはみ出していておかしいですが、
一応、意図があって
そうなるように設計して作っているのです。

 drawerChest18.jpg

"ベンチ" のサイドに、
最初に用意してあった側板を取りつけました。

はみ出した脚は、この側板の支えにも
なるようにしたかったんです。

 drawerChest19.jpg

打ったネジはいつものようにダボで埋めて、
ペンキでペイントしました。

 drawerChest21.jpg

"ベンチ" はこんな感じの、
"枠のある何か" になりました。

 drawerChest20.jpg

上側は、2本の板材を渡してあります。

ここにさらに、天板をつける予定。
せっかくなので一枚板にしたいなと思って、
木目や節も味がある、杉のプレナー材を選びました。

 drawerChest22.jpg

これと、背板を塗装して取りつけたら完成です。

次回、完成図を載せますね。お楽しみに♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ



スポンサーサイト

  テーマ:木工 ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック