木工家具・パーティション小引き出し
2013年01月07日 (月) | 編集 |
この前、Seriaさんのコレクションケースを利用して
小引き出しを作ったのですが、

 miniWoodDrawer34.jpg
  (これ)

別の木箱でまた作ってみようかなと思って、
今度はこんな商品を買ってきました。

 partitionDrawer01.jpg

"インテリア木製パーテーショントレー"。

仕切りがついているので、
細かいものの収納によさそうかなって思います。

これは蓋などはないので、蝶番をはずしたり
欠けた部分を埋めたりする作業は要りません。

全体も既に古色風に塗装されているので、
このまま使えます。

 partitionDrawer02.jpg

取っ手だけつけることにしました。
トレイの厚みが薄いので、
この前使ったような取っ手は使えません。

 partitionDrawer03.jpg

ハンドル風の金具を使うことにしました。
(これも、ホーネストさんの商品です)

 partitionDrawer04.jpg

あとは、必要な木材を準備して、
この前と同じように組み立てていくだけです。
スキマ確保のための厚紙も、使いました。

 partitionDrawer05.jpg

側面のダボ処理までくれば、折り返し。
塗装、背板、天板と、この前と同じようにつけて、

 partitionDrawer06.jpg

最後に天板のダボを処理すればOKです。

というわけで、パーティショントレイを使った小引き出し、
完成でーす♪

 partitionDrawer07.jpg

引き出し部分がブラウンだと、
また違った印象になりますね。

もともとのトレイの色と、
自前でオイル塗装した天板の色と、
案外違和感なくなじんでいるように思います。

 partitionDrawer08.jpg

これは、冬休み中に7歳になった娘の
誕生日プレゼントとして作りました(^^)

この前作った小引き出しが、
うらやましそうだったので・・・

それにしても、毎ッ年思うけれど、
長期休暇中に誕生日があると、準備が大変!

今年も2学期の終業式の前日、
彼女が学校から帰ってくる直前までかかって
ギリッギリで撮影して隠してバタバタでした(汗)

これは彼女の机で、こまごましたものの収納に
使うといいかなと思っています。

 partitionDrawer09.jpg

今後、彼女の成長に伴って
中にしまう大切なものは変わっていくと思いますが、
今はヘアピンやヘアゴムをしまうのに良さそうかな?

ペアの片方が見つからないことがよくあるのですが、
小分けしておけると、そういうことも減るかもしれません。

こういうのを作ると、
この上にさらに物が置けるようになるので、
限られた空間が便利に活用できるようになるのも
嬉しいなって思います。

 partitionDrawer10.jpg

7歳おめでとう。

6歳のキミは、いつも何かと楽しそうだった。
今年もそんな1年が送れるよう、
お母さんとして、陰ながらサポートできるといいなと思っています。

今日から短い3学期の始まり。
風邪のはやる季節なので、体調に気を付けてやりたいと思います(^^)

   *

最後に、いつもの恒例のやつ。
使用した素材一覧はこんなかんじでした♪

素材単価サイズ
杉集成材¥4701本900×9×180
桐集成材¥2941本600×13×200
パーティショントレイ¥1053個
取っ手¥953個
¥1,364


にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ



スポンサーサイト

  テーマ:木工 ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
ムスメさんの、お誕生日、おめでとうございます(*^_^*)
きっと7歳も、楽しいこと盛りだくさんだね♪

てづくりの引き出し、プライスレスっ☆
最高のプレゼントですねー❤
さくさくっと完成されてて、さすがです♪

セリアさんに行ってこのてのトレーを見ると
ナーさんのことが思い浮かびます(*^_^*)
2013/01/08(Tue) 23:35 | URL  | hitoko #-[ 編集]
hitokoさん、こんにちは。

お祝いのメッセージありがとう♪
今年もよろしくおねがいします(^^)

ほんとう、セリアさんに行くと、
「これを引き出しにしたらどんなふうになるかな…?」
と考えちゃいます(笑)。

今年も木工でどんなものが作れるようになるか、
楽しみです♪
2013/01/09(Wed) 05:18 | URL  | ナー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック