木工家具・玄関キャビネット(5)
2012年12月09日 (日) | 編集 |
◇前回までの記事は、こちら。
 木工家具・玄関キャビネット(1)
 木工家具・玄関キャビネット(2)
 木工家具・玄関キャビネット(3)
 木工家具・玄関キャビネット(4)

制作しているキャビネット、
底、側面、背面が仕上がりました。

側面の表側もペイントを済ませて、
いよいよ最初に作った扉を取りつけることにしました。

蝶番をつけるのは、ただでさえ苦手な作業なのですが、
大きな扉が2枚分とあって、
これまでよりさらに苦労しました。

しかも、扉のサイズが合わなくて、ぎっちぎち!

おかしい、そうならないように扉の板は前面の隙間より
上下 2mm ずつ、4mm は小さくカットしたはずなのに・・・

扉板も幕板もペイントしたので、
塗料の分少しずつ厚みが増えたのかなぁ。
もっと隙間を大きく見積もったら良かったですね。

もうまさにトロの「ガーン」の顔になりましたけど、
なんとか調節するしかないです。

板を 2、3mm 切断するスキルも工具もないので、
少しずつ少しずつ削っていくことにしました。

2日くらい地味なその作業を繰り返して、
なんとか扉が閉じられるようになりました。

扉が開いてしまうのを防ぐための手段をいろいろ考えて
マグネットキャッチも購入してあったのですが、
扉が微妙にかすって閉じる仕上がりになったので
うまい具合に摩擦が効いてちゃんと閉まり、
必要なくなってしまいました(!)

扉の木口はすっかりオイル塗装がハゲてしまって
塗りなおすことになりましたが、
無事扉が閉まるようになったのが嬉しくて
それくらいどうってことありませんでした。

(でもごめんなさい、あまりにも絵にならない作業で
このへん全然、写真がありませんでした・・・!)

   *

扉につける取っ手は、これまたSeriaさんで買いました。

 entranceCabinet31.jpg

ネットショップを検索してみると、
アンティーク調のノブやハンドルが
たくさん見つかりました。

なかには、取っ手ひとつで
今回使った木材の総額よりも高いものなんかも
あったりして・・・

もっと上手になったらこだわるのもいいけれど、
今はまだ100円で十分、と思ったのでした。

ただ、このハンドルについていた取りつけ用のネジは、
少々長すぎて、今回は使えませんでした。
扉の厚みが 19mm なのに ネジが 20mm でしたから。

どうしようかなと思いましたが、
Seriaさんにはこんなのもありました。

 entranceCabinet32.jpg

古色仕上げの木ネジ。

8mm、13mm、16mm、18mm の趣のあるネジが
それぞれ10本ずつ入っています。
すごい。なんでもありますね、Seriaさん。

ハンドルはこの 13mm のネジで
無事とめることができました。

 entranceCabinet33.jpg

自分が一番使いやすい高さに取りつけられるのが、
DIYの醍醐味☆

さあこれで、天板を取りつけたらできあがりです。
次回、完成品を載せたいと思いまーす(^^)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ


スポンサーサイト

  テーマ:木工 ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック