ネジの収納
2012年10月17日 (水) | 編集 |
今年はDIYの扉を開けて、
少しずつ木工を楽しんでいるのですが、
気になっていることがあるんです。

それはこれ、

 screwBottle01.jpg

木材を組み合わせる時に使うネジですけれど、
みなさんどうやって収納しているのかな??

箱で買うと1000本単位で入っているので
こんな袋入りのタイプを買ったのですが、
使いかけの残りが、こんなありさま。

無造作にとめた せんたくばさみを見ていると
テンションが下がってくるので、
何とかしたいです。

 screwBottle02.jpg

探してみたら、こんな小瓶が出てきました。
キャップつきなので、ちょうどよさそう。

よーしこれを使おうと思って、
こんな感じになりましたヨ☆

 screwBottle03.jpg

キャップはペイントして、
中身がわかるよう、スタンプを押しました。
(ネジの長さです)

結構たくさん入って、収納力があります。

 screwBottle04.jpg

ワイヤーかごに入れて、ひとまとめ。

うん、この方がずっと、
いい気分で作業できそうです♪

もっと本格的にやってらっしゃる方には
笑われちゃうかもですが、
にわかDIYerには、こういうのが大事(笑)。

ちなみに、くるくるっと巻いてあるのは
サンドペーパーです。

 screwBottle05.jpg

裏側が意外におしゃれ、なのですよね(^^)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ



スポンサーサイト

  テーマ:木工 ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
ナーさんのおうちからは
いろんなビンや箱が出てきますね♪

キャップをペイントすると、
おしゃれ度がググーッとアップですね☆
驚きました

ねじ、100倍かわいくなったね~❤
2012/10/17(Wed) 09:52 | URL  | hitoko #-[ 編集]
「瓶に入れるだけ」なのにおしゃれ。
うーん不思議。

サンドペーパーの裏のことは、
前から思っていました。
なんだか、おしゃれに感じてました。
どうしてあんなにおしゃれな印刷されてるんでしょうね。
使用するのは、ザリザリ部分なのに。
2012/10/17(Wed) 12:33 | URL  | ぱんだ #-[ 編集]
ネジの長さも一目瞭然で、しかもとてもオシャレ。
種類が増えてきたらディスプレイする楽しさも更に増しそうですね!

我が家と同じさいたま市内にフローラ黒田園芸という園芸店があるのですが、ここの社長さんがDIY大好きで敷地内にある3つのバス停風の休憩所・ガゼボ・大きなパーゴラや店内のディスプレイスペースも社長さんとふたりの息子さんの力作なんです。
このお店では毎週末に園芸教室が開かれているのですが、お客さんの要望もあり、遂に木工教室が開かれてしまいました(^。^)
私も第一回は見学に行ったのですが、参加者の大半が女性で、女性の方のDIYへの関心の高さにビックリでした。
社長のご長男の黒田健太郎さん(著書が4冊あり、園芸誌ガーデンガーデンにも連載記事を書かれているので実名OKでしょう)の『フローラのガーデニング・園芸作業日記』・スタッフあやっぺさんの『フローラ黒田園芸 staff blog』の二つのブログを良かったら検索して見てみてください!
教室カテゴリーの過去記事で木工教室の様子も見れますし、お花の写真もとても素敵でオススメです。

私もDIYでベランダ拡張中なので、行くとつい皆さんとDIY談議になっちゃいます(笑)
2012/10/17(Wed) 22:57 | URL  | INNAL #h/VULLLY[ 編集]
◇ hitokoさん

そうなの、捨てられなくって~~

これは、営業の人がサンプルに、と置いていった
宅配の牛乳のビンでした☆


◇ ぱんださん

袋とビン、こんなに印象変わるなんて
不思議ですね。

サンドペーパーの裏、お気づきでしたか(^^)
DIYの工具類って、どれもオシャレ感ゼロなのに、
これだけ、しかもある意味要らない部分のこだわりが
また不思議ですねぇ。


◇ INNALさん

フローラ黒田園芸さん、木工教室までやってらっしゃるなんて
知りませんでした!
お近くにお住まいなんですね、いいなぁ~~(^^)

参加者さんの大半が女性って、意外ですね。
自分ごのみのものを作りたい、という方が
たくさんいらっしゃるんですね。

ブログおすすめしてくださってありがとうございます☆
ブックマークしました!
過去記事読み始めています。楽しみが増えました~♪
2012/10/18(Thu) 05:00 | URL  | ナー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック