夏休みの工作・牛乳パック椅子
2009年08月31日 (月) | 編集 |
娘の幼稚園の夏休みも、今日が最終日です。

長い夏休み、家にいる時の退屈しのぎに考えていたのが、
牛乳パックで椅子を作る工作です。

 milkChair01.jpg

このような三角柱を組み合わせて作るものですね。
パックを切り開いてテープで貼って、
それぞれを組み合わせてまた貼って──と、
作業は単純ですが、
ハサミもテープも初心者マークの幼児ですから、
結構な時間がかかります。

夏休みの時間つぶしにぴったり☆ と思い
あらかじめ牛乳パックをためておきました(^^)
何も出かける予定のない日に、今こそ!と作りましたヨ。

よくある、こんな形の六角柱に仕上げました。
底と上部にダンボールもつけています。

 milkChair02.jpg

パックの柄が布越しにむらに透けないように、
ぴったり全面ガムテープで覆っておきました。
(ガムテープ使いきったら、またホールケーキ作れるな、と
思いましたが、まだまだ当分先のことのようです(笑))

消費した牛乳パックは、三角柱が24本、
その中に補強も入れるので全部で36本です。

子供の出番はここまで。
あとはお母さんの作業になります。
娘は思う存分、チョッキンしたりペッタンしたり、
満足げでした。

   *

残りはカバーつけの作業です。
たくさん残っていて、部屋の中にあってもけばけばしく
ならないもの…ということで、
キルトカードにも使っている黄緑色のコットン布を選びました。

普通に周囲にまつりつけて終了、と思っていたのですが、
途中で、せっかくなので座る部分をふかふかにしてみようかなと思い、
キルト綿を当ててキルティングしてみました。

キルティングの布って、以前は専用のものを買ってくるしかないだろうと
当然のように思っていましたが、
手間を惜しまなければ、どんな布でもキルティング布にできますね。

 milkChair03.jpg

この布は、ごく薄い小さな格子のチェック柄になっているので、
そのラインに沿って縫ったので、線を引く必要がなくラクチンでした。
それでも、当初予定より大分時間がかかってしまいましたが(^^)

 milkChair04.jpg

完成です。
ところどころ、ハチとクローバーの布を適当アップリケしています。

後ろにあるのは、だいぶ以前に作った
同様の牛乳椅子です。
(こちらはカバー取り外し可能仕様になってます)

踏み台としてはもちろん、お店屋さんごっこのカウンターとか、
いろいろな遊びに本当によく使われているので、
今回また1つ増やしてみました。
遊びの幅も、広がるかもしれませんね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ


スポンサーサイト




  テーマ:ハンドメイド ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック