LEGO ミニフィギュアコレクション25
2024年03月30日 (土) | 編集 |
たまに、YouTuberの「開封動画」みたいなことやってる
レゴの「ミニフィギュアコレクション」のこと、
このブログを見てくださってる方は御存知と思うのですが、
こういうやつだったでしょ。

 LEGOMinifig25-01.jpg

袋入りのね。

先日お店で新しいシリーズ25が売ってたんですが、

 LEGOMinifig25-02.jpg

箱入り!?だったんですよ。
一瞬、別の商品かと思いました。
急にどうしたんですかね・・・

今ブログ内を検索してみたら、
なんと シリーズ1 から買っていました。
2010年8月のことです。

 LEGOMinifigSeries01.jpg

当初はガシャポンで販売されていたんですよね。
16種類をSIDE-AとSIDE-Bの2タイプに分けて
クリックブリックなんかに置かれていました。

 LEGOMinifigSeries03.jpg

(記念すべき1体目は、ゾンビだったらしい)

全弾もらさず買ってはいないので
正確には分からないのですが、
シリーズ5まではガシャポン。
シリーズ7 の時、「パーツショップのオマケでいただいた」
と、袋入りの画像を載せています。

これは2012年の8月。
ガシャポン期間は約2年だったのか。思ったより短い。
この時、ひとつ¥300から¥400へ値上がったようで、
「たかい」と書いています。

それから12年で、今は¥500超えてるんですよね。
箱への変更理由は、
「見た目が変わらないのに値上げすると印象が悪いから」
……というのも想像できるけれど、レゴ社なので、
「環境に良い素材に変更した」という方が可能性高いかな?

 LEGOMinifig25-03.jpg

じゃあ、開けていきましょう。上から剥がすのかな?
ざらっ・・・

 LEGOMinifig25-04.jpg

トリケラトプス・ガイ。着ぐるみ系です。

 LEGOMinifig25-05.jpg

一覧表の紙、ちょうどこれが見える感じにたたまれてますね。
中に入っている人が若者でないのが珍しい。

そして、信じがたいことに
もう1箱もトリケラトプス・ガイでしたw

 LEGOMinifig25-06.jpg

おいそれと買い足せない値段なんだから、
ダブらないでほしいんですけどねぇ。

 LEGOMinifig25-07.jpg

シリーズ25は12種類。
どうぶつは、ひつじとアフガンハウンド(!)。

 LEGOMinifig25-08.jpg

「キノコの妖精」の手にとまっているのは、
モルフォチョウかな? あつ森で高く売れる虫ですね。

スカートタイプになってるチビミニフィグ、初めてでしょうか?
ほしかったな~

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ



スポンサーサイト




  テーマ:ホビー・おもちゃ ジャンル:趣味・実用
ミニチュアバッグコレクション(8) コンプリート
2024年03月22日 (金) | 編集 |
Seriaかダイソーかどっちか忘れちゃったのですが、
100均で「ミラー風シート」というものがありました。

 miniatureBag74.jpg

私でも加工ができそうだったので、買ってみました。
「ハサミでカットできる」と書いてありますが、
カッターナイフでも問題なくカットできました。
ちょっと厚みのある紙、という感じ。

 miniatureBag75.jpg

この段階では薄いフィルムが貼られています。
最後の最後に剥がすことにします。

 miniatureBag76.jpg

コーヒーマドラーなどでササッと枠を工作して、
姿見のできあがり。

 miniatureBag77.jpg

けっこうちゃんと、写ります。
これは面白い!
今後はミニチュアの家具に「鏡」というジャンルが
増やせそう。

あと、こんなものも作りました。
簡単なシンプルシェルフ。

 miniatureBag78.jpg

ちょっと思いついて、「支柱2本でも成り立つか」
というのを試してみました。

ミニチュアとして壁に沿わせて置くなら
これでもアリだと思います。
なんならスッキリ見えて物も置きやすい。

さてこれらを箱の中に配置して、できあがり。

 miniatureBag79.jpg

「ヴィンテージなこなれ感 デリカビーズで編む
ミニチュアバッグコレクション」を全6回
コンプリートしましたので、
できたバッグを置いておけるところを作りました。

デパートの売り場みたいな感じをイメージしています。

よぶんに自主練した時もあるので、
全部置けなかったですけどw
あまったのはトロに持っててもらいます。

このキットは、とる前は難しそうで心配したのですが、
レシピが親切なので、技術的なつまずきはなくて良かったです。
できるビーズステッチの幅が広がりました。

どれも作るの楽しくて、竹ビーズも面白いし
自主練の時 色替えで悩むのも楽しかったです。
モチーフつなぎのバッグなんて、
毛糸でやったことがあるだけに、いっそう面白かった。

良いキットでした。大満足(^^)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作りキットへ




  テーマ:こんなの作りました♪ ジャンル:趣味・実用
ミニチュアバッグコレクション(7)
2024年03月20日 (水) | 編集 |
昨年とっていた「ヴィンテージなこなれ感
デリカビーズで編むミニチュアバッグコレクション」、
6回目が(とっくに)届いていました。

 miniatureBag64.jpg

5回目を作って記事に書いたのが、昨年11月です。
すっごい間があいてしまいました。
さっそく作っていきますね。

今までのバッグと大きく違う点がひとつ。

 miniatureBag65.jpg

竹ビーズ!

これあんまり使ったことがないので、楽しみです。

しかし最初は、おなじみのデリカビーズからスタートです。
このキットのおかげで覚えられたラダーステッチ、
ブリックステッチでシートを作りました。

 miniatureBag66.jpg

色替えも少ないのでスムーズでした。
がまぐちっぽい形がかわいいです。

 miniatureBag67.jpg

ここでついに竹ビーズの登場!
・・・なのですが、
レシピによるとこれ、
「スレンダービューグルビーズ」という名称のようです。
初めて聞きました。

良い機会なので調べておくと、
スレンダービューグルビーズは、少し細めの竹ビーズ。
という認識でよさそう。

MIYUKIさんのサイトで検索すると、竹ビーズの径は
1.5~2.4mmくらいまで、数種類あるみたい。

スレンダービューグルビーズの径は1.3mm。
(たしかに細い)
4種類あるデリカビーズのうち、最も小さい
DBSの直径に等しいので、組み合わせて使いやすい。
とのこと。

今回のキットのデリカビーズは「デリカビーズ」としか
書かれていないのですが、DBSなのかな?
ふだん使っているのは、一番色数も多いDB(φ1.6mm)
なのですが、どっちも小さいから
ちょっと差が分からなかったです。
(あんなに使ってきたのに……)

 miniatureBag68.jpg

先に編んだシートに、丸ビーズと合わせてつけていきます。
糸がからまないよう慎重な作業が必要ですが、楽しいです。

 miniatureBag69.jpg

79回(!)つけたら、ふっさふさになりました。

この繊細な仕上がりはやっぱり、スレンダー
ビューグルビーズの細さのおかげなんだろうなぁ。

 miniatureBag70.jpg

もう1枚のシートの方も同様に、ふさふさにしました。
今回の持ち手は、鎖です。

 miniatureBag71.jpg

ふさふさをかきわけつつ、チェーンをつけつつ、
バッグの形に仕立てていきます。

 miniatureBag72.jpg

「フリンジのショルダーバッグ」完成です。

ゴージャスですね。
今までとはかなりタイプが違うバッグなので、
作業が新鮮で楽しかったです。

全6回のキットがこれで最終回です。
全部のバッグ並べた写真を、また別途撮りたいと思います。

 miniatureBag73.jpg

このバッグがあれば、どんなパーティおよばれしても大丈夫!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作りキットへ




  テーマ:こんなの作りました♪ ジャンル:趣味・実用
ミルフィムためし編み
2024年03月16日 (土) | 編集 |
娘の入試も終わり、発表はまだ先だけど
もうやれることは何もなくなったので
ぼちぼち編み物や工作をやろうかなという
気分になってきました。

靴下を今シーズンも1足編みたいなと思っていて、
たまたまSeriaさんで目にとまったのがこちら。

 millefim01.jpg

ミルフィムというソックヤーン。
おとなの靴下は2~3玉で編めるとのこと。

これに合わせる用のソロフィムという単色糸もあったので、
併せて3玉購入してみました。

 millefim02.jpg

わたしは「Opal で編むソックスと小物の会」のキットで
靴下の編み方を覚えたので、今回もそれに倣って編みます。

キットのOpalと同じような感じで白色がくるように
ソロフィムと色替えをして、
自力でバームクーヘンソックスに仕上げました。

 millefim03.jpg

ミルフィム・ソロフィムはアクリル100%。
Opalと比べるとちょっとこっちの方が手触り硬いかな?
(Opalは毛75%、ナイロン25%です)

さらっとした風合いなので、夏に近い秋や春に
履くとちょうどいいかもしれません。

糸はわずかに太い感じですが、
同じ針・同じ目数で編んで履いてみた感じ
ゆるくなったりはしていなかったので良かったです。

 millefim04.jpg

この糸を買って編み始めたのは、昨年の12月だったのですが、
受験が気になっていたのかあんまり進まず、
こんなに時間かかっちゃいました。

でもピンク系×茶系の色の組み合わせが
とてもきれいで、よい色合いの糸だと思います。

 millefim05.jpg

編みかけの残りを一気に編んだら
ちょっとやる気が戻ってきたので、
ぼちぼちまた何かしら作っていきたいと思います。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ





  テーマ:編み物 ジャンル:趣味・実用