ミニチュアビネット5(3)
2023年03月20日 (月) | 編集 |
ミニチュアビネット、以前使った
セリアさんのこちらの商品、

 vignette03-01.jpg

「インテリアコレクションケース スライドフタ」
これをまた活用しようかなと考えていました。

でもこれ、売ってなかったんです。
近隣のセリアさん4軒を回って見つからなかったので、
たまたま品切れなのではなく
現在は製造していないのかなと思いました。
もうひとつ買っておいたらよかったな~

ないものはしょうがないので買うのはあきらめますが、
こういう時に心の中のマリー・アントワネットが
"売ってなければ、作ればいいじゃない……!"
と言ってきます。

 vignette05-16.jpg

家にある端材類を見てきたら使えそうな素材があったので、
これで似たケースを作ってみようと思います。

 vignette05-17.jpg

厚みがちょうどよさそうだったエゾマツ材を使います。
背板はベニヤで。

 vignette05-18.jpg

オイル塗装。
コーヒーマドラーも別の色のオイルで塗っておきます。

 vignette05-19.jpg

貼ります。

 vignette05-20.jpg

はみ出したところをカット。
予め長さを測って切っておくより、あとから一度に切った方が
きれいにそろうと思います。

 vignette05-21.jpg

これ、隙間があけてあるところがあります。

モデルにしたコレクションケースは
「スライドフタ」がついています。

フタとなる透明な板を通すための溝が
側面の板に彫られているのですが、
これ自分で彫ろうと思うと、難しいんですよね……。

そこで、溝を彫るのではなく
溝以外の部分を かさ増しする、という方法で
溝的なものが実現できないかと思ったのです。

コーヒーマドラーの厚みは1mmなので
フタをうまくホールドできるか少し心許ないですが
今回はこの方法をためしてみたいと思います。

というわけで、ケースの側面はコーヒーマドラーによる
板壁、とみなすことにしましたが、
正面は別のテイストの壁にしようと思います。

 vignette05-22.jpg

リメイクシートの「モルタルブロック」を買ってみました。

 vignette05-23.jpg

板とベニヤに貼ります。
コンクリート打ちっぱなし的な壁をイメージしています。

 vignette05-24.jpg

3方の壁を立て、溝に塩ビ板を通してみます。
幅を何度か微調整しました。

 vignette05-25.jpg

塩ビ板が薄いし溝が浅いので ちょっと危ういけれど、
一応固定されている感じです。
良しとしましょう!

 vignette05-26.jpg

フタを載せてできあがりです。

フタは(開閉のために)接着できないので、
箱の内側の面に細い端材を貼りつけて、ズレないよう
固定されるようにしておきました。

材料とわたしの技術のために若干の違いはあるけれど、
だいたい同じ感じのケースが作れたと思います。

 vignette05-27.jpg

この前作った鉄筋ラックを置くとこんな感じ。

ケースができたので、
小物類を作って置いていけますね。楽しみです(^^)


にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ


スポンサーサイト




  テーマ:模型・プラモデル ジャンル:趣味・実用
ミニチュアビネット5(2)
2023年03月14日 (火) | 編集 |
ミニチュアを作るなら植物を添えたいので、
鉢を用意しようと思います。

ちょっと前に、オーブン陶土を買ってました。

 vignette05-09.jpg

フェリシモにオーブン陶芸のレッスンプログラムがあって、
そのレッスンをとったわけではないですが
講座で使う陶土を買うことができたんです。

昨年使った陶土「CONERU(コネル)」は白色なので、
他の色もあるといいなと思いまして、
「カフェオレ」と「コーヒーブラック」を買いました。

講座が終了したから残った素材が販売されたのでしょうし、
わたしが買ってからも数ヶ月が経過しています。

未開封でもかなりカッチカチになっていましたが、
陶土って樹脂粘土と違って、いちど固まっても
水分を加えて練ると、全然問題なく復活しますね。
たまにちょっとだけ使いたいわたしには、とてもありがたい。

 vignette05-10.jpg

コーヒーブラックを使ってみると、こんな感じ。
かわり映えしないけれど、円錐形みたいな器は
初めて作ったかな。

それで、この陶土の説明書に
「陶土どうしは混ぜて使うこともできます」
と書いてあったんです。
そう言われると、ためしてみたくなります。

 vignette05-11.jpg

コーヒーブラックに、コネルの白を
同量くらいずつとって、混ぜて練りました。
コネルもカチカチだったけど復活しました。

 vignette05-12.jpg

意外と白っぽくなったので、
同量でなく、白は少し混ぜるだけでもよかったかも。

寝る前のちょっとした時間でひとつふたつずつ作る、
みたいな具合にちょっとずつ増やしていきました。

作っているものが小さいので、作っても作っても
土がなくならなくて1週間くらいやってたかな?
スライムは、最後に残ったひと固まりの陶土で
やっつけで作ったやつです。うまく焼けるかな?

指示通りにオーブンで焼きました。

 vignette05-13.jpg

おお……
焼成すると現れるこの風合い、いいですね。

 vignette05-14.jpg

スライムも焼けてるw よかった。

 vignette05-15.jpg

これだけあれば、使えるのもあるでしょう。
植えるものは何がいいか、また考えようと思います。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ




  テーマ:手づくりを楽しもう ジャンル:趣味・実用
ミニチュアビネット5(1)
2023年03月09日 (木) | 編集 |
このところ棒針編みを続けていたので
そろそろ何か工作がしたくなってきました。

男前な家具が作りたい気分です。

 vignette05-01.jpg

手持ちの工作材から数枚の板を切り出しました。
昔ダイソーで買った桐の板ですが、
100円ならではの ややボソボソな風合いが
ユーズドな素材を表現するのによさそうに見えます。

 vignette05-02.jpg

四つ角に穴をあけました。
板の端は割れやすいので、慎重に作業しました。
長年使っている電動ドライバが最近こわれかけなのですが
老体に鞭打ってがんばってくれています。

板のオイル塗装は、あまり濃くならないよう
ほんのちょっとずつカッスカスのスポンジで
こするみたいに塗っておきました。

 vignette05-03.jpg

さて今回はこれを使ってみようと思います。
いつ買ったか何に使ったか思い出せない四角ビーズの残り。

ナット的なものを表現したくて
木とかクラフトボードとかで試作したのですが
うまくいかず……。
代わりに思い出したのがこのビーズでした。

 vignette05-04.jpg

フラワーワイヤーといっしょに、黒色に塗装。

 vignette05-05.jpg

あと、黒いマステを巻く小技も使用。
黒マステは本当、便利な素材です。

以上を組み合わせて、こんな感じに
鉄筋3段ラックが完成しました。

 vignette05-08.jpg

オイル塗装×ワイヤーの家具は
これまでにもいくつか作ったけれど、
ビーズを合わせることで
一段階「男前度」が上げられた気がします。
ビーズって女の子が遊んだり使ったりするものという
イメージがあるのに、面白いものです。

vignette05-06.jpg

あと、最後に背面に筋交い的に入れたワイヤーが
良いアクセントになったと思います。

よ~し、じゃあこれにテイストを合わせた
小物類も作ろうかな!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ




  テーマ:手づくりを楽しもう ジャンル:趣味・実用
ベーシックコットン マカロンカラー
2023年03月03日 (金) | 編集 |
ベーシックコットンに新色が出ました。
今回は「マカロンカラー」というタイトル。

 basicCotton2023-01.jpg

限定色とのことで、早速入手しました。
5色展開予定のうち、まず3色がリリースされて、

#501:マサラチャイ
#502:いちごミルク
#503:ブルーベリー

というおいしそうなカラー名です。

ベーシックコットンは既にかなりたくさんの
色数が出ているので、
これ以上はもう色がないんじゃない? なんて
思ったりもしますが、あるものですねぇ。

 basicCotton2023-03.jpg

従来からある
「#13 サクララヴァー」とか
「#5 ビスケット」とか、
画面で見た時には同じ色のように思えても、
実際に並べてみるとまたちょっと違う色なんだよな~

残りの2色も春の間に発売されるそうなので、
忘れずに買いたいと思います。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ




  テーマ:編み物 ジャンル:趣味・実用