外壁工事
2022年09月10日 (土) | 編集 |
ここ2週間ほど、我が家で工事が行われていました。

何か不具合があって……というわけではなく、
家を建てた段階で、○年後に行うことが予定されていた
メンテナンス工事です。
周りも同じ時期に建てられた分譲地なので、
今 次々とみんなのおうちも同じ工事をしています。

主に外壁の塗装や防水工事によって
おうちを長持ちさせることが目的とのこと。

 koji2022-01.jpg

そのため我が家の周りに足場が組まれ、
シートですっぽり覆われ、
とても非日常感でした。

足場もシートも1日で設置されちゃって、
プロの仕事はすごいなぁと思いました。
中が相当薄暗くなるのでは……と想像していたのですが、
中から見る分には、外の天気も分かるくらいで
この時点ではそれほど嫌な感じではなかったです。

けれどその後、塗装工程に入るにあたって
全ての窓がぴっしりビニールで覆われたのですが、
これはキツかった!

 koji2022-02.jpg

玄関ドア以外のあらゆる開口部が塞がれて、
換気が一切できない状態。
内開きの窓は開けることができないわけではないけれど
開けてもビニールでピシッとなってるから意味がないw

近年の日本の住宅は、気密性がとても高いそうです。
我が家を建てた10年以上前の段階で既にそうで、
水回りの換気扇は24時間稼働させておくように
言われているくらいです。

そのせいがあるのか、窓が密封されたら
なんだかめっちゃ息苦しくて、
ちょっと不調を感じるくらいでした。

「家が息が詰まる」という言い方は、
「夫婦間が冷え切っている……」みたいな状況の
比喩表現だと思うのですが、
「この家 息が詰まる(物理)」
という感じで、出先から帰るのが若干嫌になる
ような気分でした。

わたしはその辺基本的に鈍感で、
雨で気圧が下がって頭痛が・・・とか
全然感じないタイプなのですが、
そんな人間すらコレでしたからね、
なかなか得がたい経験でした。

気密性って、高い方が良いような気がしますよね。
隙間風入ってくるよりいいじゃん、みたいな。
でも高すぎるのも良くないんだなぁ。
あの状態で長く暮らしたら、ほんと体こわしそう。
住み始める時、換気扇を回しっぱなしにするよう、
かなり強く薦められたのも納得です。

ちなみにおそらくお察しのとおり、
この状態では布団も洗濯物も干せませんでした。
普段なら晴れた日はトロ(ぬいぐるみ)をひなたぼっこ
させたりもしますが、それも不可。

なかなかに不自由の多い毎日でしたが、
無事すべての工程が終わり、工事完了となりました。

わたしがやりとりするのは元請けの
とりまとめの方だけでしたが、
代わる代わるにいろんな職人さんが
来てくれていたと思います。

途中で妙な動きの台風も来て、天気が読めなかったり
急な雨に降られたりと大変そうでした。

さまざまな工程にプロの職人さんがいらっしゃって、
身につけた技を使ってくれるのが
ありがたいなぁって思っていました。

きれいになったおうちで窓をパ~っと開けられるのが
しあわせです(^^)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ



スポンサーサイト




  テーマ:実用・役に立つ話 ジャンル:趣味・実用