ミニチュア・蝶番の習作
2020年11月18日 (水) | 編集 |
前回、蝶番を作ってみました。
紙製ですが、案外それらしいのができました。

今回はそれを使って開閉する家具を
作ってみようと思います。

 miniHinge07.jpg

木材を切り出しました。
コーヒーマドラー、ベニヤ、ヒノキ棒(4mm角)です。

 miniHinge08.jpg

一部の板は、ちょっと加工しました。

 miniHinge09.jpg

電動ドリルのドリルビットは、
意外と手で回しても この程度の板なら
穴があけられました。

 miniHinge10.jpg

マドラーはくっつけて、幅のある板にします。

 miniHinge11.jpg

四角く箱形にして、底板もつけます。
ヒノキの角材は、四隅につけて補強にしましたよ。

 miniHinge12.jpg

フタは同じく、マドラーを貼り合わせた板ですが
補強されそうなところを補強しておきました。

いよいよ蝶番の出番!
本体にフタをつけていきます。

 miniHinge13.jpg

ホームセンターへ行って 小さな釘的なものを探して、
これを買いました。標本用の虫ピンです。

 miniHinge14.jpg

このアタマの部分を蝶番の穴に挿して貼りました。
蝶番自体も、ボンドで接着しています。

 miniHinge15.jpg

虫ピンの頭は、あまりピカピカでもアレなので
気休め程度ですがオイルでちょこちょこっと塗っておきました。

 miniHinge16.jpg

できあがりました。
ダンボー風収納木箱です。

 miniHinge17.jpg

フタ、あきます!
ちゃんと蝶番が役目を果たしてくれています。

 miniHinge18.jpg

夏場にブランケットしまっておく用にも、
良いかもです(^^)
 
にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ



スポンサーサイト