アルパカミックスブランケット
2020年02月25日 (火) | 編集 |
お正月休みに編み始めたアルパカミックスロール、
完成いたしました(^^)

 alpacaMixRoll09.jpg

ブランケットになりました。

 wonderCrochet01.jpg

「ワンダークロッシェ」作例のブランケットの構造に

 reversibleCrochet01.jpg

「リバーシブルクロッシェ」に収録されている
デザインをいっぱい入れて、
自由きままに編みすすめたものです。

いっしょに使った糸は、アルル中細です。
素材をアルパカでそろえました。
使用量は、アルパカミックスロールが約3玉、
アルル中細は6玉くらいかな?
家にあった糸玉をちょうど全部使い切りました。

では裏表を並べてご紹介。

 alpacaMixRoll11.jpg

編み始めの辺りは、ウォーミングアップ代わりに
これまでに編み慣れた「プラス・スクエア」の
デザインを入れました。
(いろいろな模様を編むと、しみじみと
このデザイン最強だなと思います)

一方の面で縦に模様を出すと
裏面は横に模様が出るのが面白いですね。

基本的には長編みの方眼編みなのですが、
時に長編みの引き上げ編みを使うと
模様の見え方が少々変わるのも発見でした。

 alpacaMixRoll12.jpg

この辺りのナナメの模様は、
編み上がったらパッと目を引く鮮やかさで
意外な驚きでした。
(ちょっとアディダスを連想しながら編んでました)
表も裏も、同じ模様になるのも面白い。

途中からは「リバーシブルクロッシェ」に
載っていない模様も考えて試してみたりしました。

 alpacaMixRoll13.jpg

最後は「新撰組」というか「白魔道士」というか、
かわいらしい模様になったので
そこでおしまいにすることに。

アディダス模様もそうですが、
ナナメ方向の模様って
あまりかぎ針編みで表現することがないと思うので、
新鮮に見えました。

色もどこでどう出てくるか分からないし、
どこで次の模様にしようか、とか
どんな模様をいれようか、とか
常に新たな考えることがあって、
飽きずに楽しく編めました。

かなり自在に編めるようになってきたし、
リバーシブルクロッシェは本当に楽しい!

 alpacaMixRoll14.jpg

だいたい2ヶ月くらいで編めましたね。
1年かからずにできあがって良かった(^^)

でも次は何か、もうちょっと短い時間で
できあがるものを編みたいですね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ


スポンサーサイト




  テーマ:編み物 ジャンル:趣味・実用