神奈川沖浪裏クロスステッチ(16)
2018年12月26日 (水) | 編集 |
「神奈川沖浪裏」のクロスステッチの進捗です。

クロスステッチをした後
ラインでステッチを入れたわけですが、
その後、さらに別のステッチを入れます。

それはフレンチノットステッチで、
この絵に無数に散っている
水しぶきを表現するため入れるんですね。

よくよくレシピを見ると
ひくほどフレンチノットを入れるところが
あって、ちょっと半べそでした。

 hokusai2018-73.jpg

この辺、いくつも入れているのですが
ベージュと白の色の差があまりないので、
よく見えないですね。

 hokusai2018-74.jpg

こっちの濃い色の上に入れているのは
まだ見えます。
クロスステッチの白糸の部分だけでも
十分しぶきが散っているように見えますが、
それ以上に細かいしぶきを
入れる必要があるのでした。

フレンチノットステッチは、これまでは
2本どりで3回巻きくらいして
立体的な「球」として捉えていました。

今回は1本どり1回巻きなので
立体的にはならず、
「円」として使っていますね。
こういう表現方法もあるのか……と
感心しました。

なかなかうまく刺せなくて、
刺すほどにむしろ汚くなるような気もして
結構くじけそうですが
なんとか全部刺そうと思います。

それにしても、見て下さっている方々に
「え、まだ終わらないの?」
と思われているだろうと思いますが、
わたしも何度も「まだ終わらないの?」と
思っています(^^;)

 hokusai2018-75.jpg

フレンチノットステッチが刺し終えられたら、
最後にこのタイトル部分を刺すのを楽しみに
もうひと頑張りです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作りキットへ



スポンサーサイト




  テーマ:クロスステッチ ジャンル:趣味・実用