クチュリエ 2018-'19年 秋冬号
2018年08月28日 (火) | 編集 |
クチュリエの新しいカタログが届きました。
いつも秋冬カタログで "次の年の年数" を目にすると、
早いなぁーという気がします。

 couturier2018-15.jpg

表紙、お花がいっぱいでかわいいですね。

何号か前は「つまみ細工のキットが増えたな」
と思いましたが、今回は巻頭から
ビーズのキットがいっぱいです。
最初の方を見ただけで、新しいビーズ細工の会が
5つもリリースされていました。
全部で何種類になったのか分からないくらい
ビーズのキットあります。

 couturier2018-16.jpg

最近のビーズ細工は、
チープな感じが ぜんぜんしませんね。

 couturier2018-17.jpg

わたしが半年前からとっている
「グラスビーズの美しさで描く
連続模様の小さなモチーフの会」は
新しいデザインが出ていて、
この飾り方が素敵だなと思いました。
黒い台紙だと、引き立ちますね。

 couturier2018-18.jpg

「繊細な光のリフレクション 1枚でも
つながってもきれいなビーズモザイクの会」
も続いています。
これでデリカビーズの世界に引き込まれました。
今回の作例は、植物モチーフのデザインが
集められているみたいですね。
中段の左端の、リースに見えるデザインが素敵です。

 couturier2018-19.jpg

新しく、「フローレンタイン刺しゅう」
という技法のキットが出ていました。
(「グラデーションの美しさに心奪われる
フローレンタイン刺しゅうの布小物の会」)

ルネサンス時代のフィレンツェで生まれた
技法だそうです。
ニードルポイントに似ていると思いますが、
これはナナメに刺すことがなくて
全てまっすぐ刺して模様を作っていくみたいですね。
表れる模様が独特だなと思います。

 couturier2018-20.jpg

新しくなると言われていたハッピートイズ
プロジェクトの詳細も載っていました。

パッチワークやあみぐるみよりも
さらに簡単に、くつしたや手袋を利用した
トイズが生まれたようです。
くつしたで作られたしましまの猫ちゃん
かわいいですね。
くつしたを選ぶのに、迷っちゃいそうです。

リサ・ラーソンのキットは
さらに3種類も新しく出ていました。

 couturier2018-25.jpg

クロスステッチもありますね。
(「クチュリエ×リサ・ラーソン
クロスステッチファブリックパネルの会」)

どれもカッコいい・・・
まるく仕上げるルドルフのデザインが
面白そうです。
カウントは13~14ということで、
少し大きめですね。

 couturier2018-21.jpg

その他、バッグ&布小物の会と
ぬり絵刺しゅうの会ができて、
刺し子のフリークロスの会は
新しいデザインになっていました。
(ちょっと写真うまく撮れなかったですが…)

 couturier2018-22.jpg

あと、これは驚きました。
手まりかがりの新しいキット
「絹糸つやめく ちいさなてまりの
アクセサリーの会」で、
半球の手まりが載っていました。
半分でも、かがれるんですねー!

 couturier2018-23.jpg

これはつまみ細工の新キット、
「繊細さにうっとり 毎日をやさしく彩る
つまみ細工の小さな花束の会」です。

一見しただけでは つまみ細工だと
分からないかもしれないですね。
いろんな形が作れるんだなぁ。
こういうのは、裏側もおろそかにできない
から、技術が要りますね。
(難易度の葉っぱもMAXでした)

ところで、「できあがりに感激!
フェルトで作る本物みたいな
パティスリーの会」は
カタログで見つけられなかったのですが
おしまいになっちゃったのかな?

 couturier2018-24.jpg

いつも新しいスイーツを見るのが
楽しみで、前回(2018年春夏号)の
パンケーキ(上の画像)とかすごいかわいい!と
思って見てたのですが・・・

「きほんのき」の方のキットは
まだありましたが、
ちょっとさみしいなー。

でもやはり新しいカタログは楽しいですね。
やったことのない技法のキットを
とってみたくなっています(^^)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作りキットへ



スポンサーサイト




  テーマ:ネットショップ・通販 ジャンル:趣味・実用