LEGO(41345) ハートレイクペットセンター(3)
2018年08月25日 (土) | 編集 |
この夏に発売になったフレンズのセットから
「ハートレイクペットセンター(#41345)」
を作りました。

 LEGOHeartlakeCityPetCenter40.jpg

これは画像を見た時に
ある計画が受かんで、
それで購入を決めたのです。

 LEGOHeartlakeSupermarket01.jpg

2016年6月に
「ハートレイクスーパーマーケット(#41118)」
というフレンズのセットと、

 LEGOSupermarketSuitcase01.jpg

「お店セット(#10684)」
というジュニアのセットを作りました。

この時から、この2つのパーツを使って
スーパーを建てたいなと考えていたのです。

 LEGOHeartlakeSupermarket32.jpg

その年の10月に
ショッピングカートを増設したのも
計画の第一歩でした。

ここでひとつ問題になるのが
建物の広さです。

いつもフレンズやエルフのセットを
リメイクして作っている建物は
16×16スタッドの面積に建てています。

規格は合わせたいですが、このサイズだと
"スーパー感" が出そうにないですよね。
やはり平べったい横長感がほしいです。
16×32なら雰囲気が出るでしょうか。

 LEGOHeartlakeCityPetCenter45.jpg

このサイズで作ると、いつもの建物の
「2軒分」になるわけです。
そうなると、使うパーツの数も増え、
大きな窓やドアなど、
手に入れにくいパーツも
それなりの個数 必要になりそうです。

というわけで、心の片隅で気にしつつも
計画はここから進んでいませんでした。

そんな折に「ペットセンター」が
発売になったのです。
見た瞬間、
「スーパーにできそう!」
と思いました。
それがこのセットを買った理由です。
そして、ペットセンターを作る時
ステッカを貼らなかった理由でもあります。

というわけで
いざ改装に挑戦しようと思いますが、
ちょっと記事が長くなりそうなので
ひっぱるほどでもないですが
2回に分けて、続きを明日載せたいと思います。

   *

ちなみにAmazonに1ヶ月遅れほどでできた
「ハートレイクペットセンター(#41345)」
のページの商品説明文が
わりとカオスでした。

商品の説明
LEGO (レゴ) ( R友人41345 Heartlake市ペットセンター、ペットショップ販売飼料、アクセサリー、魚を特徴とエイリアンのVETクリニックでの試験テーブルにスケールと睡眠の領域に表示されます。また、小さな動物を遊び場とシーソーととともに、ペットのグルーミング客間の手段にブラッシングのモバイルサービスをサポートしています。この素晴らしいLEGO友人のセットは3 mini-doll図と5つの動物の図を参照。


最近自動翻訳の精度も上がってきていると
感じるのですが、これは
なかなかのクオリティですね。(褒めてません)

「エイリアン」とか「睡眠」もかなり謎ですが、
個人的には
「LEGO友人」(レゴフレンズ)
「mini-doll図」「動物の図」(フィギュア)
あたりがツボでした。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ



スポンサーサイト




  テーマ:ホビー・おもちゃ ジャンル:趣味・実用