ビーズモザイク・バレット
2018年07月06日 (金) | 編集 |
イベントが迫っていたので
しばらくビーズ作りを控えていました。

クリマも終わったので
また作ろうと思います。

この前レオ将軍を作って
FF6のキャラクタに一区切りついたので、
続いてFF7の未作成キャラクタを
作っていこうと思います。

 beadsFFRK559.jpg

ということで今日はバレットです。

バレットは、"反政府軍" 的な
アバランチという組織のリーダーです。

物語の最初、何にも分かんない時から登場し、
主人公を破壊活動に巻き込んでいきます。

バレットの身長は197センチもあるらしい。
ドット絵だと幅や高さにおそらく制限があるので
あまりキャラクタごとに体型の違いはなく見えますが、
FF7はプレステの第1作。
ポリゴンで描かれたバレットは
本当に筋骨隆々でデカく感じました。

 beadsFFRK560.jpg
 (でかい…)

実際に出会ったとしたら
恐怖を感じるだろうなと思います。
右腕はギミックアームで
ちょっとしたことで激昂して
ガトリングガンを乱射しますしね。

   *

FF7にはゴールドソーサーで観覧車に乗る
というデートイベントがあります。

クラウドが誰とデートをするかは
バックグラウンドでひそかにパラメータや
フラグが管理されているそうで、
その時点で最も好感度値が高いキャラクタと
観覧車に搭乗することになります。

わたしはふつうにプレイしていたので
エアリスと花火を見たけれど、
こだわってプレイすれば
ティファやユフィと乗ることもできます。

そして、なぜか
バレットと乗ることもできるらしい。
他の男性キャラクタと乗ることはできないのに。

バレットの好感度を女性陣より上げるのは
かなり難しい(狙いに狙ってプレイしないと
達成できない)そうですが、
スタッフさんの遊び心がすごいですね。

5月12日の「題名のない音楽会」では
今年のBRA BRA FINAL FANTASY のテーマである
FF7の曲から
植松さんが特に思い入れのある5曲、
というのを放送していました。

このデートイベントの時に流れる
「花火に消された言葉」がその中に
ランクインしていました。

植松さんは「(この曲のように)穏やかな
曲の方が得意」と仰っていました。
以前FF4のローザのテーマ(愛のテーマ)も
「こういうのが得意」と書かれているのを
読んだこともあります。

「みんなを癒そうと思って作ったわけじゃない、
自分を癒すために作った曲」と仰っていて、
なるほど…と思いました。
たしかに、自分が心地よく感じるものを
作っている時は、幸せですもんね。
それに、評価の基準が他者ではなく
自分にあるというのは、健康的だと思います。

それにしても、観覧車のシーンにぴったりの
素敵なこの曲ができたのを
「まぐれ(^^)」
と言っちゃえるのが
植松さんのさすがなところと思うのです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ



スポンサーサイト




  テーマ:こんなの作りました♪ ジャンル:趣味・実用