はじめてのビーズ織り機
2017年12月12日 (火) | 編集 |
ついに買っちゃいました!

 beadsWeaving01.jpg

「ビーズ織り機」!!

ビーズ作品、いつもは1つぶ1つぶ
針で縫いつけていく手法で作っていますが、
"ビーズ織り" という技法もあるんですよね。
いちど試してみたいなぁと思っていました。

ビーズ織り機は検索してみると
値段も大きさもピンキリです。
これは¥1,300くらいの おてごろなもの。

これを選んで買ったというよりは、
ベルメゾンのマンスリークラブで
送料無料にするために
抱き合わせで買った、というのが正しいです。

 beadsWeaving02.jpg

入門にちょうど良い、シンプルな構造。

 beadsWeaving03.jpg

こんな感じに必要な本数の縦糸を張っていって、

 beadsWeaving04.jpg

横1段分のビーズを針に通し、

 beadsWeaving05.jpg

縦糸の間に1粒ずつ入れるとのこと。
(ピント合ってなくてゴメンなさい)

この織り機は
「丸小ビーズやデリカビーズなどに対応」
とのことですが、
縦糸の間隔は、デリカビーズよりも広いですね。

 beadsWeaving06.jpg

大丈夫?と不安になりましたが、
横糸をギューっと引っ張って
隙間が空かないようにすれば良いようです。

 beadsWeaving07.jpg

数段織っていくと安定してきます。

(かさねがさね、ピント甘くてゴメンなさい。
わたし、どんどん織りたくて気が急いて
慎重さが欠けました)

この織り機、何に驚いたかって
できあがるスピードが桁違いです。

今までビーズを少しずつトレイに出して
それで問題なく作業していたけれど、
そんな量じゃ あっという間になくなる感じ。

 beadsWeaving08.jpg

どんどんケースがからっぽになっていきます。
こんなこと、今までなかった!

 beadsWeaving09.jpg

というわけで、ひとまずこんな感じに
お試し織りができました。
ほんとうに、早かった!

織り地もでこぼこしたりしてなくて、
きれいだと思います。

 beadsWeaving10.jpg

あとは、余分なところの糸始末が必要ですね。
上下両方から交互に1本ずつ糸を引いて、
余った糸を片側へ寄せていくそうです。

 beadsWeaving11.jpg

だいたい引っ張りました。

 beadsWeaving12.jpg

すごい長い(^^;)

こんなに余ってもったいないなと
思われるかもしれません。
でも、次に織る時の横糸や
1粒ずつ縫う時に使ったらいいので
無駄にはならないと思います。

試し織り、すごく楽しかったです。
一日中織っていたいほど。
さらにいろいろ試してみたい!!

ちなみにこの図案、
見覚えある方いらっしゃるかもしれませんね。

 chebCrossStitch126.jpg

以前刺したチェブラーシカのクロスステッチの
お花の飾りの部分です。(左上のところ)

お試しにちょうど良い図案ないかな?と
以前のレシピを探して使ってみたのでした(^^)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ



スポンサーサイト




  テーマ:ハンドメイド ジャンル:趣味・実用