「容疑者」夏目漱石最後の事件
2017年11月14日 (火) | 編集 |
愛知県犬山市にある博物館「明治村」へ
行ってきました。

明治村は、明治時代の建物を移築して
実際に中に入って見学できるテーマパークです。

わたしは小学校時代に学校で行ったこともあり、
ふつうに遊びに行ったこともあり、
10年に1回くらい行っていると思います。

 meijimura01.jpg

村内はSLやバスが走っているほど
わりと広大で、緑も豊かです。

お弁当を持ってきて眺めの良い場所で
食べてもいいけれど、村内のいたるところで
おいしそうなもの売っています。

ちなみに、未就園児と、明治生まれの方は
入村料金が無料です。

 meijimura02.jpg

明治時代の建物は美しいものが多くて、
季節柄 紅葉もあいまって
とても気持ちの良い眺めでした。

しかし、今回やって来たのは
単なる行楽のためではありません。

 meijimura03.jpg

目的はこれ!
大逆転裁判とリアル脱出ゲームがコラボした
謎解きイベントをやっているからなのです!

軽く説明を入れておきますと、
「大逆転裁判」は
「逆転裁判」のシリーズ作品で、
なるほどくんのご先祖様にあたる
成歩堂龍ノ介を主人公とするゲームソフトです。

ご先祖様なので、舞台は明治時代。
そのゆかりで明治村とのコラボなわけです。

「大逆転裁判」は8月に第2作が発売になって、
このイベントはその連動で9月から行われています。
(説明終わり)

イベントの受付は、明治村北口を入って
ほどなくのところにある
宮津裁判所法廷。

難易度別に「成歩堂コース」と「ホームズコース」
の2コースあって、われわれは易しい方の
成歩堂コースを選びました。

 meijimura04.jpg

当時裁判官や検事がいた檀上の受付で
参加キットを購入して、イベント開始です。

ちなみにこのイベントは、
「年齢制限はない。
ただし大人を対象とした難易度設定」
ということになっています。

読み進める文章に ほとんどカナがふっていないので、
小学6年生の娘は大丈夫でしたが
もう少し学年が低いと厳しいかもしれませんね。

冊子を読むと、漱石さんが捕まっていることが分かり、
助けるために謎を解くことになる、というわけです。

ちなみに夏目漱石は「大逆転裁判」にも出てきて、
その時はロンドンで捕まっていました。
つねにピンチの文豪なのです。

明治村が舞台なので、
事件現場ももちろん村内にあるわけです。
冊子を読みながら 都度移動して、
証拠品を集めたり推理したりするのでした。

 meijimura05.jpg
 (漱石さんの飼い猫かと思うようなネコがいました)

ところで、コラボ企画として
オリジナルグッズが販売されていたり、
スタンプラリーもあったりします。

グッズ販売とスタンプラリーの受け付けも
同じく裁判所でしてもらえます。

受付のおねえさんが
「御剣検事がお好きなんですね」
と言うので「?」と思ったら、
わたしのカバンの(つけていたことを
若干忘れていた)御剣ストラップを
目にとめてくれたようでした。

その時 ひっくりかえって裏向きに
なっていたんですけれどね、
ただものじゃないな、おねえさん・・・!

 meijimura06.jpg

スタンプラリーのシートには
村内にある建物のヒントが書かれていて、
ここでも謎を解いて、
場所をつきとめる必要がありました。

なにぶん広いので、
村内マップをめっちゃ見て
回りそびれないように気をつけました。

 meijimura07.jpg

なんとか全部集まって心からホッとしましたよ。

 meijimura08.jpg

スタンプラリーの景品はクリアファイル。
A4とA5、2種類のサイズがあります。
こっちは裏側で、共通デザインですね。
娘と1つずつ使うことにします。

コラボメニューもありますよ。
1ヶ所だけでなく、村内のあちこちのお店で
それぞれ特別メニューがあります。

 meijimura09.jpg

われわれは「食道楽のカフェ」で
「ジーナ・レストレードのスリおろし
林檎パオンデロー」をいただきました。

 meijimura10.jpg

コラボメニューにはランダムで
コースターがついてきます。
帰ってから袋を開けてみたら
スサトさんと細長さんでした。
ステンドグラスみたいで、きれいです。

肝心の謎解きの方ですが、
けっこうあなどれなくて、
途中 難しくてパッと解けなかったので
ちょっと落ち着こう、ということで
カフェで一休みしたのでした。

村内のそこかしこで
冊子を読みふけって考え込んでいる人がいて、
みんな楽しんでいるようでした。

正直こんなに賑わっている明治村初めてです。
新しく大掛かりな遊具を建設するとかしなくても
アイデア次第で集客力を高めることが
可能なんだなと感心しました。

 meijimura11.jpg

そもそもの明治村の美しさとか雰囲気の
魅力も、もちろんありますよね。
自他ともに認める運度不足のわたくしですら
景色がきれなので、
歩くのがそう苦でなかったです。

 meijimura12.jpg

これは聖パウロ教会堂という建物の中で、
ここ、外観は普通の農家みたいな感じなんです。
キリスト教禁制のご時世だったので、
カモフラージュのためそうされたようですが、
一歩中に入った時のこの美しさにびっくりしました。
当時の人々の目にも、
どれほど美しく映ったろうと思います。

さて謎解きの方ですが、
村中を歩き回り、
頭をひねり、
どうにか謎を解きまして、
裁判所に戻り、
裁判長(受付のオジサン)に
「異議あり!」と証拠品をつきつけて、
みごとクリアいたしました。
ああよかった。漱石さん助かりました。

これ、イベントの受付時間は
11月の場合15:30までです。
明治村の開村時間が16:00までですし。

もう、そのギリギリでした。
難しい方のホームズコースだったら
間に合わなかったかもしれません。
(そもそも、解けるかどうかもアヤシイ)

イベントのサイトには

「制限時間はございません。
複数日にわたってプレイされても、
もちろん大丈夫です。
ご自分のペースで、どうぞお楽しみください」

と書かれているのですが、
あながち「複数日」というのも
なくはないよね!と痛感です。

他のコラボメニューなんかも気になったのですが、
のんびり食べ歩きしていたら
タイムオーバーだったかもしれませんね。

これから行かれる方は、
時間配分も気にとめつつお楽しみください。

1日歩いてスマホのアプリを見たら、
10000歩を超えていたのは
さもありなんという感じでしたが、
「上った階数」が19階、と出ていて少し驚きました。
結構アップダウンがありましたからね~~

楽しい一日でした。
また「大逆転裁判」をやろうと思います。
(「大逆裁2」も買ってあるんですよ)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ



スポンサーサイト




  テーマ:名古屋・愛知 ジャンル:地域情報