チェコガラスボタン
2017年04月02日 (日) | 編集 |
今までNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)は
学生の頃に一度見たことがあるくらいで
ほとんど見たことがありません。

でもこの秋から放送していたのは
ベビー服メーカーさんがモデルで
心をこめた手作りの「別品」を作る、がテーマ
ということだったので、見てみたんです。

昨日が最終回だったのですが、
特に後半、なんだかよく分からないお話でした。

観ていない方にニュアンスを伝えるのが難しいですが、
作中の倫理観とか登場人物の考え方とかが
妙にズレていて、
「えっ何でそうなる…」の繰り返し、みたいな。

たとえば主人公がお金に困っていて、
なけなしのお金で宝くじを買ったら1等当選!
みたいな話だったら、
ご都合主義な展開だな~とは思うかもしれませんが
まぁドラマだしね、と思うことはできます。

それがこの朝ドラだと、
親友がなけなしのお金で買った宝くじを
ハサミで粉々にカットしちゃいました!
でもまぁとりあえず塾に行きなさい。
みたいな話です。

心の中がずっと「ええー・・・」の連続。
ほんとう、わけが分からない3ヶ月でした。

NHKは人形劇が、美術がすごくて
セット見るだけで感心するくらいなので、
朝ドラでも 刺しゅうの大作とか
素敵な手作り品が
いっぱい見られるかと期待したのですが、
そんなこともなかったですね。
朝ドラは、人形劇や大河ドラマとは
目指すものが違うのかな。

思ってたのと全然違って残念でしたけど、
ただですごい作品見ようと思うのがいけないか。
自分でがんばって作らないといけませんね。

それにしても、おとながたくさん集まって
作っているだろうに、
どうしてあんな仕上がりになっちゃうのかなぁ。
たまにそういうことありますね。
映画ですら、整合性が全然とれてなくて
演じる役者さんが困るだろう…と思っちゃう
出来の作品がありますしね。

毎日困惑でしたが、こんなこともあるんだ
ということが知れて、良かったかな。
ちゃんとしてる朝ドラもあるんですよね?たぶん。
こわいけど、次に始まるのも見てみようかなぁ。

   *

さてクチュリエ2017年春夏号では
チェコガラスボタンがもらえる
キャンペーンをやっています。
(9月30日まで)

 couturier2017-11.jpg

先日届いた4月分のお買いものに
このキャンペーンのプレゼント品が
同梱されていました。

 couturier2017-12.jpg

ちゃんとラッピングボックス入りに
なっていてびっくり。
たぶんこれのためだと思いますが、
お届け箱に「われもの注意」の
シールまで貼ってありました。

 couturier2017-13.jpg

うちに届いたボタンは、これでしたー。
カタログ写真にも載っているものですね。
東欧風の色使いがかわいいです。
(他のデザインが届いた方、いるかな?)

チェコ共和国は古くからガラス工芸が
さかんだったそうですね。
大聖堂の建築が最盛期だった中世には
ステンドグラスもよく作られたとのこと。

 couturier2017-14.jpg

後ろ側は、真鍮の金具もついていましたよ。

しっかりしていて重みがあって、
布製品もですが
木工品のワンポイントにも
合いそうだなぁと思いました。
何かに使いたいですね(^^)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作りキットへ



スポンサーサイト

  テーマ:インテリア・雑貨 ジャンル:趣味・実用