たにくるみ・白翁玉
2017年03月06日 (月) | 編集 |
あれ、何でだろう、
記事がいつもの時刻に公開されていませんでした。

今(9:30頃) 手動で公開しましたが、朝から来てくださった方、
ちょっと遅くなっちゃってスミマセンでした。

   *

さてこれは、"ウイスター キラリネ" という糸です。

 tanikurumi50.jpg

「多肉植物のあみぐるみと仲間たち」の
作品に使う糸は、藤久さんのものを使う
きまりがあったことを、以前書きました。

使えそうな糸を 実際に店舗へ見に行った
わけですが、
キラリネも売り場で目に入りました。

原色ばかりずらりと10色そろっていて、
ラベルもなんだか印象的ですもんね。
(み、見られてる・・・)的な。

でもわたしは細めのストレートヤーンを
選ぶことばかり頭にあったので、
この糸は全然候補に入れていませんでした。

しかし、撮影の日にみなさんの作品を
見せてもらったら、
この糸を使った作品があったのです!

それらは舞あみさんの作品で、
キラリネの毛の部分が見事に針になって、
もう見るからに触ったら痛そうな
サボテンになっていました。
娘といっしょに「わーすごい!」
「も、持てるの??」と、大興奮でしたよ。

思い込みでハナから検討もしていなかった
自分が恥ずかしかったです。

先日買い物に行った時に
せっかくなのでキラリネも1玉買ってみたので、
試しに編んでみようと思いました。

 tanikurumi54.jpg

こういう変わった糸って、
編むのが難しいことがありますが、
意外にも、キラリネはフツウに編めました。

毛が引っかかることもないし、
編み目も見えます。
編んで見ないと分からないものですね。

あと、もうひとつ試してみたいものがありました。

 tanikurumi51.jpg

これ。
昨年のあみコレの参加賞(かな?)で貰った
カラーわた。

わたしがいただいたお試しパックは
ちょうど緑色が入っていたので、
これをつめて新たなたにくるみを作りました。

 tanikurumi52.jpg

白翁玉 - Neoporteriagerocephala

「はくおうぎょく」と読みます。
真っ白なトゲで覆われているのですが、
触っても痛くないんですって!
キラリネと同じですね(^^)

トゲの間から覗く緑色の部分を
カラーわたで表現してみました。

 tanikurumi53.jpg

「編み地から透ける白いわたの色、
気になってた方も多いのでは?」

・・・と企画されたもののようなので、
あえて編み地を透かして
わたを見せることを目的にするのは
違うかもですけど、
本当に、ちょうど良い素材だったのでした。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ



スポンサーサイト

  テーマ:編み物 ジャンル:趣味・実用