イベント出展用のあみぐるみを考える
2016年06月09日 (木) | 編集 |
来月「hitogata2016 in Osaka」という
イベントに参加します。

 hitogataDM02.jpg

いくつかの出展規定がありますが、
作品の個数については制限がありません。
ひとりあたりの展示区画の広さについて
上限があります。

それが、「600×600mm」(のテーブル)。

この範囲に収まれば、何点でもOKということですね。

出展するあみぐるみを考えるにあたって
これがどのくらいの大きさかを
いったん把握してみたいと思うのですが、
ちょうどいいのがありました。

 kidsDesk18.jpg (再掲)

4年くらい前に作った、キッズデスク。
これの幅が、ちょうど600mmです。

奥行は420mmくらいなので規定より少し狭いですが
あまり手前ギリギリまで並べるのもよくないでしょうし、
これに載るくらいに収めるのがよさそうです。

ためしに この前いた4人のあじさいちゃんと
つばきちゃんに並んでもらったら、

 hitogataDM06.jpg

お、おう・・・
そんなに載らないですね。
幅的には5人くらいがちょうどよさそうでしょうか。

ということは、前後2列に並ぶとして、
大きなあみぐるみは10体くらいが上限か。

たとえばフラワー娘。を思い浮かべると、

いちごちゃん、よつばちゃん、さくらちゃん、
なばなちゃん、あじさいちゃん、コスモスちゃん・・・

色違いバージョンのある子を含めると、
フラワー娘。だけでも
軽く10体くらいいっちゃいそうです。

こりゃー、厳選してメンバー考えないといけませんね!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ



スポンサーサイト




  テーマ:編み物 ジャンル:趣味・実用