「私のやさいの時間」
2015年01月14日 (水) | 編集 |
先日 Eテレ「やさいの時間」を見ていたら、
その週は新春スペシャルで、
「私のやさいの時間」コーナーの特集回でした。

これは視聴者の方の菜園を紹介するコーナーなのですが、
中にひときわ感心しちゃう方がいらっしゃいました。

お名前忘れてしまったのですが、
その方のお宅では常時多くの種類の野菜を育てておられて、
「自給率100%!」を目指してらっしゃるとのこと。

その日のメニューに使われている野菜のうち
自分で育てたものの割合を、
「朝6/6 昼6/7 夜8/8」
というように記録なさっていました。

食材をスーパーで買うのが当たり前の時代だからこそでしょうが、
野菜を自家製で賄えた時の嬉しさは、わたしもよく分かります。

 flowerCupBread03.jpg (再掲)

以前フラワーカップパンを試した時の記事にも
「野菜がぜんぶ、自家製で賄えたのが嬉しい(^^)」
と書いていました。

しかしわたしにとってそんな日は、365日×3食のうち
1食あるかないか。
1000回以上の食事の平均を1に近づけるというのは
途方もない努力だと思います。

多品種をじょうずに育てられる
おとうさんの知識と技術もさることながら、
主婦の立場からは、
おとうさんのこだわりにつきあってあげる
おかあさんの優しさと努力に感銘を受けました。

毎日3食手抜きなしって、すごいですよねぇ。
収穫適期な野菜に限定してメニューを考え、
余らせることもなく・・・

わたしなんか、1本しかないピーマンを
「今日は雨だから採りに行きたくないな」とか
「今日は昨日のカレーが残ってるし」とか言ってるうちに
採り逃して赤ピーマンにしちゃったりしますよ。
相当な計画性や、豊富なレパートリーが必要ですよね。
本当にすごい!

ちなみに番組では、おとうさんがExcelで作った
2014年の月別達成率の表も紹介していて、
8月の達成率が「98%」となっていました。

逆にその「2%」が気になるなと思って、
「何の野菜が賄えなかったんだろうね?」と、
一緒に見ていた娘に言いました。

わたしが想像したのは、レンコンとかユリ根とか
家庭菜園ではあんまり作られない珍しい系の野菜
でしたが、娘は、

「だいこんかな」

と言いました。
なるほど、冬野菜か。
冷しゃぶの食べたくなる季節だものね。
おろしポン酢かけたいよね。
一理ある推理だなと思いました。

100%達成のため、一般家庭離れした保存方法も
工夫されていて、大根も長期保存されていると
紹介されていましたが、
最後の最後でもしかしたら足りなくなったかもしれないね。

それにしても本当に、世の中には丁寧に暮らされている
立派な方がいるものです。
自分のいい加減な暮らしっぷりは、もしかして
ヤバイレベルなのでは・・・と恐ろしくなりました。

我が家の家庭菜園、出かけるついでに見に来るのは楽しみですが、
ほんと見てるだけ(笑)。

 farm2015-01.jpg

ほうれんそう、虫には食われていないけれど
まだまだ小さいまんまです。かわいいけれど。

 farm2014-42.jpg

1ヶ月前がこんな感じですから、
少しは大きくなったのかな。

ネギファームもまだ継続中。

 farm2015-02.jpg

植えた根っこから伸びた芽を収穫されても
まだなお生えてきてくれる、愛らしいネギたちです。

自給率 0.001%ほどの、我が家の畑でした(^^;)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ



スポンサーサイト




  テーマ:野菜づくり ジャンル:趣味・実用