生成り糸を試し編み
2015年01月07日 (水) | 編集 |
年末に毛糸の在庫をチェックしたら、
"綿の心絵" の白糸が残り1つになっていました。

これはストラップのヒトガタちゃんの
お顔を編む糸なので、切らすわけにいきません。

そこで注文しようとWebを見てみたら、
売り切れになっているではないですか~~
しまったー(×o×)

再生産されるかどうか分かりませんが、
されるとしても、夏糸なので
今のシーズンには補充されるとは思えません。

いつかは廃版になることも見越して、
他の糸を探してみるか・・・と考えた時、
ふと思い出しました。

 unbleached01.jpg (再掲)

草木染めのために買った、この生成り糸。
綿100%の糸の方は、
綿の心絵と似た風合い・同じくらいの太さです。
これ使えるんじゃないでしょうか!?

まぁ、問題はこの生成り糸の現状が

 dyeingFailure01.jpg (再掲)

こうなっているということですが・・・・

端からほぐしながら編んでいくことにします。

この糸は、草木染めに使うために「ミニかせ」状に
糸を出していると、すぐねじれてしまいます。

だから編んでいる時にもねじれて編みにくいかな…と
思っていたのですが、
全然そんなことを感じずに編んでいくことができました。
(不思議です)

 ecruTrial01.jpg

仕上がりも、不自然さはないですね!
よかったよかった。

綿の心絵がなくなったら、これを使おうと思います。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ



スポンサーサイト




  テーマ:編み物 ジャンル:趣味・実用