チェブラーシカのクロスステッチ(15)・グランドフィナーレ
2014年02月19日 (水) | 編集 |
完成したチェブラーシカのクロスステッチですが、
フェリシモではこの布を飾るための
専用の枠も販売されています。

 chebCrossStitch110.jpg

「刺しゅうが素敵に引き立つ木製フレーム」

 chebCrossStitch111.jpg

ただ、¥3,200 というお値段は若干高く感じて、
こちらは購入していません。

というわけで今日は、似たような枠を作ってみようと思います。

商品の情報によると、専用枠のサイズは
「縦約47cm、横約36.5cm」とのことで、
これを参考に作ることにします。

とにかく目的は、¥3,200より安くあげることです。

安い木材と言えば、これ。

 chebCrossStitch112.jpg

ダイソーさんの工作材料。

2種類買ってみました。
B-2 角棒 910×3×21mm(2セット)と、
B-4 角棒 910×3×9mm

B-2は3本入りです。もう少し幅広のもの(B-1かな?)も
あったのですが、そちらは2本入りだったので
1本多く入っている方を購入しました。

この木材の素材は桐で、
強度的には「バルサよりまし」程度の感じですが、
何かを支えたり重いものを入れたりするわけではないので
まぁこれでもいいかな、と思います。

今回の不安点は「45度カット」。
額縁として組むためのナナメカットが難しいです。

 chebCrossStitch113.jpg

でも昔と違って "棟梁(=ノコギリ)" がいるので、
挑戦してみたいと思います。

 chebCrossStitch114.jpg

4本用意して組み合わせてみると、
なんとか、見苦しくない程度の隙間で済んでいるようです。

 chebCrossStitch115.jpg

ボンドで貼り合わせたあと、
細いB-4の方の角棒を使います。

 chebCrossStitch116.jpg

こちらは45度カットはしないで 4辺に貼りました。
補強も兼ねているので、これも45度カットすると
同じところで一蓮托生に折れちゃいそうですものね。

この板を貼ったのは、額に厚みを出すためです。
1枚では厚さがたりないようだったので、さらにもう1枚重ねました。

 chebCrossStitch117.jpg

B-4は4本入りだったので、1セットでちょうどよかったです。
さっきとは縦横の組み合わさり方を変えて貼りましたよ。

 chebCrossStitch118.jpg

だいぶしっかりしてきたように感じます。

 chebCrossStitch119.jpg

ここで、もう1セット用意した45度カットの木材と合わせて
オイルで塗装しました。
渋めにエボニーで塗ってみましたヨ。

乾くのを待つ間、布の始末をすることにします。

 chebCrossStitch120.jpg

枠のサイズに合わせたダンボールを用意。
ベニヤ板があれば使いたかったんですけれど、
ここまで大きなサイズの端材は、残っていなかったです。

 chebCrossStitch121.jpg

左右を折り込んで、刺しゅう糸でつないでいきます。
キットの残り糸を活用!

 chebCrossStitch122.jpg

上下も折り込んで、布の始末OKです。

 chebCrossStitch123.jpg

1日ほど乾かした額にセットして、
さらにその上に薄手のダンボールを重ねます。

 chebCrossStitch124.jpg

これは「予期せぬ出会い」の箱です(!)
ありあわせの材料ばかりですが、中に隠れる部分や
裏面ですからね、充分かなと思います。

 chebCrossStitch125.jpg

布とダンボールを押さえるように、
45度カットした板を貼ります。

時間をかけて、乾かしながら4辺を貼っていきました。
ハタガネもうひとつほしいなぁ。買おうかなー。

全ての辺が乾いたらできあがりです。

さぁ、やっとこれで完全に「完成!」ですね。

 chebCrossStitch126.jpg

どうですか~?
濃い目の枠色は、チェブラーシカの色とも合って
エボニーでちょうどよかったように思います。

 chebCrossStitch127.jpg

自信のなかった45度カットも、わりとうまくいきました。
正確に長方形になっているかどうかは分かりませんが、
額としては問題ない程度の精度でできたかな。

わたしには「木に溝を彫る」という加工ができないので
薄い板を重ね貼りするという方法で作りましたが、
ぱっと見や遠目に見る分には、違和感もないように思います。

やっぱり額装すると、作品もそれなりに引き立ちますね。

販売されている額は、カタログの写真を見ると
ちょっといっぱいいっぱいというか
もう少し余白がほしいと感じたので、
数センチ大きめに作りました。

サイズも色も自分好みに作ることができて、満足です。
手作り額のお値段、¥315でした。
100えんショップの木材も、案外いい仕事してくれますね(^^)

 chebCrossStitch128.jpg

完成したクロスステッチは、
めだたないところに飾っておこうと思います。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作りキットへ



スポンサーサイト




  テーマ:クロスステッチ ジャンル:趣味・実用