チェブラーシカのクロスステッチ(14)・カーテンコール
2014年02月18日 (火) | 編集 |
昨日すべてを刺し終わった
「チェブラーシカのクロスステッチを楽しみながら覚えよう!
ロシア語が ぐーんと身近になるプログラム」。

このキットは、2012年7月分の荷物に入っていた
長期予約コレクションのチラシ に載っていました。

2012年8月分からとりはじめて、
約1年半で完成させたことになります。
2年でできればいいかな、と思いながら始めたので、
思ったよりは早く、あまりサボらずに作れたかな。

では最後に、このキット作りを支えてくれた
スタッフのみなさんを称えたいと思います。

まずは、

刺しゅう糸!

 chebCrossStitch103.jpg

1年半の間、(くるみボタン作りとか)他の作業にも
積極的に使っていったのですが、
随分あまり糸が残りました。

 chebCrossStitch104.jpg

同じ色番の糸が既にある場合はそちらから使っていったので、
わずかながら使い切れた糸巻きもありますが、
後半で届いたものは 手つかずに近い状態で残っているものもあります。

これからもちょいちょい使っていきたいと思います。
・・・使い切れる自信ないけれど(^^)

続いて、

針!

 chebCrossStitch105.jpg

12回のキットに、12本の針がついてきました。
正直、そんなに要らないと思うんですが・・・
まさか毎回針を折るうっかりさんがとることを想定しているのかしら?

初回だけでじゅうぶんですよね。
刺しゅう用の針はもともと持っていたものを使ったので、
1本も使っていません。

ちなみに針は、「こぎん刺しの回」でも毎回ついてくるんですよ。
もう何本たまっていることか。
使い切れる自信ないです。

そして、

 chebCrossStitch106.jpg

ノート!

このキットはクロスステッチだけでなく、
キリル文字を書いて覚えることも目的としていました。

その練習用のノートも、12冊たまりました。

 chebCrossStitch107.jpg

どれもきれいなパステルカラーです。
表紙にはその月刺したチェブラーシカのステッチが入っています。

実は一度も練習に使っていないので(ごめんなさい)、
まっさらなまま残っています。

それぞれロシアにまつわるコラムも載っていて、面白く読めるんです。
キリル文字の学習にこだわらず、使っていこうかなと思います。

最後に、これがなければキットを完成させることはできなかったもの。

 chebCrossStitch108.jpg

刺しゅう枠!

これは 昔~々、祖母から譲り受けたものです。
わたしは簡単なクロスステッチしかできないけれど、
おばあちゃんは刺しゅうがじょうずでした。

毎月このキットを作るたびにおばあちゃんのことを思い出して、
懐かしみながら刺していましたよ(^^)

こうしてふり返ると、楽しい1年半だったなと思います。
思い切ってとってみて、よかったな。

ではおしまいに、オマケ。

普段あまり目にすることはないと思われる、
刺しゅう布の裏っかわを、記念に1枚。

 chebCrossStitch109.jpg

これはこれで味があって、時々ひっくり返して見て
楽しんでいました。
じょうずな人の裏っかわは、どんなふうでしょうね。
きれいなんだろうなぁ~

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作りキットへ



スポンサーサイト




  テーマ:クロスステッチ ジャンル:趣味・実用