チェブラーシカのクロスステッチ(12)
2013年07月15日 (月) | 編集 |
今日は、
「チェブラーシカのクロスステッチを楽しみながら覚えよう!
ロシア語が ぐーんと身近になるプログラム」を作ります。

 chebCrossStitch80.jpg

全12回のうち、11回目までやってきました。

 chebCrossStitch81.jpg

いつものようにお顔から刺していきます。

 chebCrossStitch82.jpg

「こげ茶」の部分を刺すと、ひと山超えたなーという気になります。

このキットを刺してきてちょっとつかんだコツは、

「次の糸をつけて、ひとやすみ」

です。

さすがに一気に完成させられるものではないので、
途中で休憩して、何度かに分けて刺すものだと思いますが、
次に刺し始める時、新しい糸がついていると
パッと手に取って、その瞬間から刺し始められますよね。

 chebCrossStitch83.jpg
   (こんな具合に)

針を出して、糸を選んで、つけて・・・
という作業が要らないだけで、
「ちょっと刺そ」という気分になり易くて、
より完成に近づくように思います。

「やり始めないとやる気は出ない」の法則ですよね(^^)
このチェブラーシカも、そんなふうにして刺しました。

 chebCrossStitch84.jpg

最後に、「茶」色で埋めていったらできあがりです。

 chebCrossStitch85.jpg

お花を持ったチェブラーシカが、かわいらしいデザインですね(^^)

今月のロシア語は、

Желаю удачи!(ジェラーユ・ウダーチ)

幸運を!

とのこと。

英語で言う "Good luck!" とか "God bless you!"
的な使い方をするのかな。

日本語には、この類のセンテンスがあまりないような気がします。
「幸運を祈りまーす」
とか、なかなか普段は使わないですよね。
代わりに「がんばってねー」って言うような。

運を天に任せるとか、全ては神様の思し召し、というよりは
個人のガンバリが大事、という感覚があるような気がしますね。

思いつくのは、「武運長久」という言葉くらいかな?
戦場という特殊な場所では、さすがに個人のガンバリより
一瞬一瞬の運が左右するということなのだろうなぁ。

 chebCrossStitch86.jpg

この、一番最初の「Ж」というキリル文字が、
刺すの楽しかったです♪

よし、次に来るのが最終回ですね(^^)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作りキットへ



スポンサーサイト




  テーマ:私のハンドメイド報告 ジャンル:趣味・実用