はじめてのカブちゃん
2013年07月10日 (水) | 編集 |
先日娘が学校から、
とてもオソロシイお便りをもらってきました。

娘たちの学年は全員、カブトムシを育てています。

ひとりひとりにサナギ(?)が配られたらしく、
家からそれぞれ持参した、
ペットボトルで作った簡易観察容器に入れて
お世話をしていたのですが・・・

お便りによると、

それらがこのほど羽化しだしてきました。

ペットボトル容器からよく脱走するので、
お子さんの荷物の中などから
ひょっこり顔を出すことがあるかもしれません。

迷子のカブトムシがいたら、学校まで届けてください。

・・・とのこと Σ(TдT;)

娘の上履き袋の中からカブトムシ出てきたら、
わたし、大きな声出しちゃいますよ・・・

こんなオソロシイお便りは、初めてでした。

   *

びくびくしながら娘の荷物を触ること数日、
娘が自分のカブトムシを持って帰ってきました。

 beetle01.jpg

まさか我が家で昆虫を飼うことがあるなんて・・・

人生には時々、思いもよらないことが起きますね。

リビングとか近くに置くのは落ち着かないので、
玄関にいてもらっています。

あ、安心してくださいね。
アップで写真撮ったりしませんから。

仕方がないので、初めてこのようなものも買いました。

 beetle02.jpg

「昆虫ゼリー」というものらしいです。

わたしがこどものころは、スイカの端っことかで
育てていたような気がしますが、
21世紀のカブトムシは、これで育てるんですね。

 beetle03.jpg

「昆虫ゼリー買って育てろ」と書いてあったお便りを見た時には、
なんていうの?
お店でチーズフォンデュとか食べる時に
鍋の下で燃やすやつ。
あれみたいな平たい円筒型のを想像していたのですが、
普通に人間がおやつに食べるゼリーと
同じようなカップ型なんですね。

ケースに入れてやったら すぐちゅーちゅーしていたので、
ほんとに好きなんだなぁ。
2日くらいでからっぽになってしまうので、
そのスピードにも驚きました。

もっと驚いたのは、
ケースを覗いて姿がなかった時!

 beetle04.jpg

ままま、まさか脱走? その辺にいる!?
と、ひやっとしました。

昼間だったので、潜って寝てるのかな、そうに違いない、
でもおがくずの厚みもそれほどでもないから、
潜っていそうに見えず・・・

夜になって顔を出すまで、ずっとドキドキしてました。

   *

それにしても、
断る機会もなくやってきたカブトムシ、
今後どうしていったらいいんだろう。

育て方もよく分からないまま
このままこのケースの中で一生を終えさえて良いものか……。

着地点が見つかりません。

常日頃、
蚊は大嫌い、
蜂は怖い、
ダンゴムシさえ触れない、
網戸に虫コナーズは欠かせない、
野菜を食べられてプンプンしている昆虫嫌いのわたしが
カブトムシだけ大事にお世話する、というのもおかしいし・・・

暮らしの中に、本当に違和感があります。

 beetle05.jpg

困惑の2013年・夏。なのでした(@o@;)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ




スポンサーサイト




  テーマ:小学校 ジャンル:学校・教育