小かぶ栽培記
2013年06月14日 (金) | 編集 |
今年育ててみた野菜のひとつが、"小かぶ" です。

昨年「スーパーカブ」という品種で
初めてかぶを育てたのですが、
それはお店で買ってきた苗から育てたものでした。

 superKabu01.jpg
   (スーパーカブの苗・再掲)

その時あまり「育てた感」がなくて
次は種から育ててみたいなぁと思ったので、
今年はそれに挑戦してみようと思った次第。

 kokabu01.jpg

「初心者でも失敗しない!」という惹句に目がとまって
選んだこの種は、

 kokabu02.jpg

こんな具合に、いくつかの種がひとまとめになって
蒔きやすいサイズになっているんですね。
初期生育に必要な肥料も含まれているそうです。

「やさいの時間」で教わった "たまごパック法" で
種まきしたのは、
春休みの終わろうとする4月4日のことでした。

それから10日後の状態がこちら。

 kokabu03.jpg (2013/4/14)

かわいい双葉が、いっぱい出ています(^^)

種の袋には「1粒から芽が何本か出たら、間引きします」
と書いてありましたが、
ここなんか、何本出ているか分からないくらい
たくさん発芽していますね。

 kokabu04.jpg

ちょっと早いかなとも思ったのですが、
あまりに混みあっているので
この辺で一度間引きをしました。

 kokabu05.jpg

中には、双葉じゃなくて「三葉(?)」になっているものも
あって、不思議なので、抜いちゃいました。

というわけでこの段階で、1セルに2芽ずつにしました。

 kokabu06.jpg

さて、それから約1週間後。
たまごパックトレイはこんな状態。
元気な本葉が出てきて、
だいぶ大きくなっているものもあります。

 kokabu07.jpg (2013/4/20)

この日、庭に出してやることにしました。
チューリップなどを植えている花壇の
端っこが空いているので、
そこに植えてやろうかと思っています。

 kokabu08.jpg

耕して、新しい土や元肥も入れてやって、
こんな感じのスペースを準備しました。

 kokabu09.jpg

たまごパックから そ~っと出した苗を、
畝状にした花壇に植えました。

 kokabu10.jpg

当初は、それぞれのセルでよく育っている方を
選んで植えようと思っていたのですが、
このへんが貧乏性というか、
せっかくここまで育っているのに可哀想というか、
もったいない気がしたので、
育っていた苗すべてを植えてやりました。

かぶも大根みたいに、移植に向かないのかなぁ?
とすると、この時期根を傷めてしまうことになって、
うまく育たないかも……と、
初めての栽培は不安がいっぱいです。

けれども、その後順調に成長し、
最初は水を撒くのも苗を倒さないよう
そぉーっとやっていましたが、
2週間ほど経つうちに、しっかりしてきました。

 kokabu11.jpg (2013/5/4)

この上下2枚の写真の間はわずか4日ですが、

 kokabu12.jpg (2013/5/8)

この間だけでも、成長が見てとれますね。

 kokabu13.jpg (2013/5/18)

さらに10日後。
かなり立派な葉っぱになってきました。

何も防虫対策をしていないので、
誰かが葉っぱをかじっています・・・
でもまぁ、かぶの場合は、実の部分が無事ならば
葉っぱくらいかじらせてやろうかと思えますね。

 kokabu14.jpg

この頃から、葉っぱの下を覗いて
かぶの実が丸くなりはじめるのをチェックするのが
楽しみになってきました。

というわけでそれから約1週間後、
はじめての収穫をすることに。

 kokabu15.jpg (2013/5/26)

葉っぱの下は、こんな具合です。

 kokabu16.jpg

記念すべきひとつめは、娘が収穫することに。

 kokabu17.jpg

えい!

 kokabu18.jpg

やあ!

 kokabu19.jpg

ぽこん。

 kokabu20.jpg

採れましたぁ~

「えいやー!」と、気合を入れて抜いてるような
書き方をしちゃいましたが、
実際のところ、小かぶの収穫はほとんど力が要りません。

童話の「大きなかぶ」では、
うんとこしょ、どっこいしょ、まだまだ抜けません、
と、えんえん天丼で繰り返しますけれど、
抜けない野菜に「かぶ」が選ばれた理由が想像できないです。

 kokabu21.jpg

大きく育ったものを、交代で5つほど採ってみました。

 kokabu22.jpg

かわゆいです(^^)

ここは、実はあまり日当たりの良いところではありません。
朝日は当たるけれど、日中のほとんどの時間は
お隣さんの建物の陰になっています。
そんな環境でも育ってくれたのが、嬉しいです。

種蒔きから2ヶ月足らずで収穫できるのですから、
お手軽ですね。
「初心者でも失敗しない!」という
種の袋の惹句は、ほんとうでした。

朝採った小かぶは、娘といっしょに
すぐに浅漬けにしました。

 kokabu23.jpg

お昼ごはんにおいしくいただきました。
我が家のメンバー、みんなお漬物だいすきだから、
すぐ売り切れちゃいました!

今年はさすがに種の状態から始めたので、
去年よりは多少「育てた感」がありました。
でも、ほとんど何も手間いらずなので、
本当に簡単に育てられる野菜ですね。

   *

 kokabu24.jpg (2013/6/8)

それから何度かに分けて収穫して、
この日はいよいよ最後の収穫。

 kokabu25.jpg
   「じゃーん」

献立に合うタイミングを計ったりしていたので、
ひとつは「小かぶ」の域を超えて
だいぶ大きくなっていました。

 kokabu26.jpg

娘曰く「ちゅうかぶだね」。

かわいいかぶがお庭からいなくなってしまうと、
ちょっと淋しいです。

秋にも育てられるかな(^^)?
真夏が過ぎたら、また種をまいてみようかなと思います。

   *

それにしても・・・小かぶをいただきながら、
"おかあさんといっしょ" の、"いちごはいちご" という曲を
思い出してしまいました。

ショートケーキの上に乗っかりたいな~
と夢見ていたいちごちゃんが、
わくわくしながら出荷されたら
ジャムにされちゃった!!

という内容の曲なのですが、
我が家の小かぶたちももしかして、
オシャレフレンチスープとかになることを
夢見ていたのかも・・・

ごめん、全部つけものにしてしまった(汗)。

めっちゃおいしくいただいたけれど、
冬までには何か別のレシピを調べておくわね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ



スポンサーサイト




  テーマ:家庭菜園 ジャンル:趣味・実用