木工家具・キッズデスク(3)
2012年11月05日 (月) | 編集 |
娘にたのまれたキッズデスク作り、がんばっています。

(前回までの記事は、こちら → 木工家具・キッズデスク(1) (2)

娘には、「お絵かき用の紙をしまえる
引き出しをつけてほしい」と言われました。

たしかに、机には多少の収納力がほしいですね。
ただ、本当の引き出しは
わたしのスキルが伴わないのと
(使う板が増えて)重たくなるのとで、今回も、見送り。
1作目と同じ、蓋式デスクにすることにしました。

悩んだのは底板で、
溝が掘れれば良いのですけれど、
そのスキルも道具もまた、持ち合わせがないのでした。

 kidsDesk11.jpg

なので四角く組んだ木の内側に こんな感じで、
底板を渡す横木をつけました。

内側からネジを打てば、外側には影響ないですね。

この横木に底板を載せて、ネジでとめますが、
こんなネジ買ってみました。

 kidsDesk12.jpg

黒くて丸っこくて、フタを開けた時に目に入っても
かわいく思えるかな? と思って(^^)

 kidsDesk13.jpg

脚に使う木材も、それぞれダボ穴を開けて準備。

結局このデスクでは、ダボを28ヶ所使いました。
ボンドを乾かして、切って、削るのも一苦労。

これに限らず、慣れないので
作業に とにかく時間がかかって、
進捗はすごく遅かったです。

作ろうと思ってから完成まで、
20日くらいかかっちゃったことになるかなぁ。
まぁ、そのうち2週間くらいは
木や塗料が届くのを待っていた時間ですが……。

そう、塗料も、この前買った分を使いきってしまったので
同じものを買い足しました。

 kidsDesk14.jpg

バターミルクペイントの #13-25 Yellowish White を、
今度はちょっと、大きめのビンで。
最初は50ml、今回は200mlです。(右側の方)

 kidsDesk15.jpg

これは蓋の開け方が前のと違っていました。
キャップをはずすのではなく、
パカッと向こうへめくる方式。
口が広くてハケも入れやすいし、
こちらの方が、使いやすかったですね。

   *

気をつけて取りつけたつもりでしたが、
案の定 脚は少々ガタついてしまいました。

でもガタガタする机ってイヤだと思うので、
長い脚 2本を少しずつ削ってみたら、
うまくガタつきを解消することができました(^^)
(サンダーが活躍しましたヨ)

 kidsDesk16.jpg

削った足だけ、つるっつる(笑)。
最後にやっぱりフェルトシートを貼るつもりなので、
つるつるでなくても大丈夫なんですけれどね。

 kidsDesk17.jpg

最後に天板をつけて、これが最後のダボです。

これを切って、
削って、
全体を磨いて、
天板に色を塗って、
磨いて、
乾かして、
仕上げをしたらできあがり・・・・・・って
まだ結構作業あるなぁ(驚)。

でも、次回は完成図が載せられると思います♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ


スポンサーサイト




  テーマ:木工 ジャンル:趣味・実用