草木染め・イヌホオズキ
2011年11月13日 (日) | 編集 |
庭に生えていたマリーゴールドも、そろそろおしまいです。
枯れこんできた株から抜いて整理していたら、
そのそばに生えていた雑草が姿を現しました。

 vegetableDyeingUnknown01.jpg

マリーゴールドの影になっていて
草取りの時見逃していたもので、
前にも載せましたが、小さな白い花が咲いて
実ができていた草です。

久しぶりに見たら、その実は結構な数で、
紺色に熟しているようでした。

その時、「もしかしてコレ、染まるかな?」って
思いつきまして、久々に草木染めをやってみようと思いました。

 vegetableDyeingUnknown02.jpg

熟している実をあらかた採ってみました。
直径せいぜい5ミリくらいの、小さな実です。

 vegetableDyeingUnknown03.jpg → vegetableDyeingUnknown04.jpg

試しにひとつ、プチっとしてみると、簡単につぶれました。
わあ、やっぱり色が出ました。
こどもにつぶして遊ばれたらかなわんなーと思うような、
想像どおりの色です。

 vegetableDyeingUnknown05.jpg

初めは煮込もうかと思っていたのですが、この色を見ると、
ミョウバン媒染よりお酢媒染の方がよさそうに思えたので、
つぶして浸けこむ方式にすることにしました。

 vegetableDyeingUnknown06.jpg

すりこぎで、簡単につぶれます。
中から無数の小さな種が出てきました。
これだけ見てると、甘味噌あえてるみたいです。

 vegetableDyeingUnknown07.jpg

濾したいところでしたが、
お酢を加えたとはいえ少量なので
濾したらなくなっちゃいそうでしたので、
そのまま浸けこむことに。

今までの実験では、お酢媒染では
ウールはあんまり染まらなかったので、
今回は、綿麻素材のナチュラルテイストを使いました。

急に思い立ったので、牛乳に漬けたりする下処理は
していないのですが、
果たして少しでも染まるでしょうか??

   *

4時間半後、幼稚園のバスが帰ってくる前に
洗って干したかったので、ここで切り上げることに。

さて、乾かした後の色ですが・・・・・・

 vegetableDyeingUnknown08.jpg

じゃーん。
かなりしっかりと染まりました Σ( ̄□ ̄;)

今までのお酢媒染の中で
一番鮮やかに染まっています。

ちょっとした思いつきでやったものが
こんな結果になって、驚きました……。

とても綺麗なムラサキ色です。
ある意味、こどもが遊ぶにはキケンですね(!)

   *

せっかくきれいに染まったので、名前が知りたいなーと
調べてみたところ、「イヌホオズキ」という草のようです。
畑や道端によく見られる1年草とのことで、
白いお花の写真もよく似ていたので、
多分これかなって思いました。

そして、なんと全草に毒があるとのこと!
(ソラニンという、ジャガイモに含まれるやつ)

花もかわいい、実もかわいい、
つぶして色水とか作って遊べちゃいそうな草ですが、
マジで危険なのですね。
味噌あえみたいとか言ってる場合じゃなかったわ。

小さいお子さんがいらっしゃる方、ご注意を…!

 vegetableDyeingUnknown09.jpg

草木染め:No.26「犬酸漿」

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ



スポンサーサイト




  テーマ:ガーデニング ジャンル:趣味・実用