三井さんの公開制作
2011年11月05日 (土) | 編集 |
昨日、近所の美術館についての記事を載せましたが、
ときどき、常設展のテーマが変わるタイミングで、
そのパンフレットを幼稚園から娘がもらってきます。
たぶん、市内の小中学校などに配られているのでしょうね。

 LEGOOpenWork01.jpg

この日も、連絡物の中にあったパンフレットを
なにげなく見たところ、
次は海の生き物についての展示会らしい。
いろんなジャンルのアーティストの、
海をテーマにした作品が・・・・・・

ん!?

レゴじゃん??

 LEGOOpenWork02.jpg

しかも、
三井淳平さんがいらっしゃると!?

三井さんは最近、"世界で13人目、日本人では初のレゴ認定
プロビルダー" に選ばれたことでニュースになっていたので、
レゴ界の人じゃなくてもご存知かもしれませんね。

はるばるこんなトコロへ来てくださるなんて~~
絶対行かなきゃ!!
と一瞬で決断し、先日行ってきた次第です。

   *

"公開制作" とのことで、どういった形かな? と思いましたが、
とてもフランクなイベントでした。
舞台や司会があるわけではなく、展示台のすぐ脇で
作業を見ることができました。

台の周り、小学生くらいのこどもたちで鈴なり(^^)
時折タコの吸盤が落ちたりすると、
「あ、おちたよ~」とこどもが拾って、
「ありがとねー」と三井さんが受け取ったりしていました。

作品はパンフレットに写真があるとおりタコでしたが、
その場で一から組み上げるわけではなく、
タコの脚8本と、胴体部分はそれぞれ組んだ状態で搬入されて、
最後のその組み合わせとディスプレイの作業がされました。
(飾り方のアイディアに、なるほどーと思いました)

作業をしながら、「ここはこういうパーツを使って、
横にブロックをはめているんだよ」等、
周りのこどもたちに教えてあげてらっしゃいましたよ。

作品が完成した後は、せっかくの機会なので、と
質疑応答タイムになりました。

こどもたちが、
「これは何ピースくらいですか?」とか
「どうやってこんなたくさんパーツを集めているんですか?」とか
「どうやったらプロになれますか?」とか
積極的に質問していましたよ。

レゴが好きな子が集まっていたんでしょうね。
何度も質問している子もいました。
「Cityとか買ったりしますか?」
と聞いた子もいました。
セットを買うことも「たまにはある」そうです。

次第に大人たちも手を挙げ始めたので、
わたしも訊きたかったことをふたつ、質問してきました(^^)
(どちらも、意外なお答えでした☆)

質問に出たので、戦艦大和やドラえもん、東大レゴ部のこと
なども、気さくに答えてらっしゃいました。

印象に残ったのは、「作品を置いておく場所に困りませんか?」
という質問の流れで言われたことでした。
「壊してしまうことも多いので、そう困らない」
ということでしたが、その理由が、
「その作品ができあがった時には自分の力量が上がっているので
もっと良いものが作れるようになっているから」
なんだそうです。

それはわたしにも、分かるような気がしました。
(わたしの場合、レゴではなくて、あみぐるみの分野でですけれどネ)

だからこどもたちに対して、
「壊す勇気も大切だよ」
と仰っていました。
今はデジカメとかで手軽に記録も残せるからねって。

わたしも、壊しても惜しくないと思えるほど
上達を実感できる時がくるかなー?って、
帰ってから今まで作った建物見ながら、思いました。
それはだいぶ先のことなんでしょうけどね(^^)

   *

というわけで、思いがけず出合えたレゴのイベント、
大変楽しみました。
三井さんは、想像していたよりとても穏やかな物腰の方でした。

入り口で訊ねたら、カメラはダメとのことだったので
写真がなくってゴメンなさい。
周りの人、誰も彼もじゃんじゃん撮ってたけど(笑)。

そうそう、今年は出てらっしゃらなかったTVチャンピオンですが、
「もう出ないんですか?」という質問に、
「機会があれば出たいと思います」と答えてらっしゃいましたヨ。
いつかテレビで三井さんの作品をまた見るの、
とても楽しみです(^^)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ



スポンサーサイト




  テーマ:ホビー・おもちゃ ジャンル:趣味・実用