毛糸の使用量
2011年03月26日 (土) | 編集 |
昨日載せた ハマナカさんのあみぐるみ作品集の募集 についての記事、
拍手からのコメントも含め、思いがけずたくさんのあたたかいメッセージをいただいて
とても嬉しかったです。ありがとうございます(^^)

応募しただけで、もうこんなに嬉しい気持ちをもらっちゃって、
挑戦してみてよかったな~って思いました。

今日もそれに関連する内容なのですが、応募するに当たって、
使用した糸・その色番・グラム数を明記する必要がありました。

編み方テキストとして発売されるものなので、
これらの情報が必要なんですね。

でも、使用糸・色番はいいけれど、使用グラム数って……。

今まであみぐるみを作る時に、意識したことありませんでした。
どうやって量るのが良いんでしょう??

 hamanaka02.jpg

これは、応募作品ではなくて、さっきナチュラルテイストで編んだ
たぬきちゃんのパーツですけど、
頭(右のやつ)のような、1色で編んだパーツはともかく、
しっぽ(左のやつ)のような、途中で色替えしているパーツは、
編んだ後では、それぞれのカラーごとの重さは量れないですよね。

ということは、長さから算出する方法でしょうか。

ピッコロ1玉は、"糸長約90mで25g" と表示されています。
ということは、たとえば10m分なら2.8gというように計算できますね。
この方式で算出することにしました。

ただ、編んでしまうと何m使ったか分からないので、
最初に長さを測っておく必要がありますよね。
あらかじめ3mとか引っ張り出しておいて、
編んでいって足りなくなったらまた数m出して──というような感じ。
なかなか煩雑な作業でした。

でも、一度測っておくと、あとあと役立ちますね。
特に頭パーツなど、たくさん使う色なんかは
毛糸1玉でいくつ編めるか把握しておくと便利ですし、
購入する時、何玉買うかの目安にもなります。
手間はかかっても、その分メリットがあるように思いました。

   *

ちなみに、この際「綿」の使用量も量ってみようと思ったんですが、
うちにはあまりセンシティブに計量できる はかりがなくてですね…。

我が家愛用のはかり、こちら。

 hamanaka03.jpg

昭和の雰囲気ただよう2kg計です。
これは、わたしの祖母が持っていたもので、わたしの母が使い、
今我が家で使わせてもらっているものです。

母は主にお菓子作りに使っていました。
わたしもお菓子作りに使いますし、
定型外郵便を送る時に、切手の額面を算出するのにもよく使います。

まだまだ現役なんですけど、10g以下の細かい計量には荷が重い……。

でもまぁ、これしかないのでこれを使いました。
あらかじめ、綿全体の重さを量っておいて、
あみぐるみができたあと、残りの重さを量って、差を求めました。

 hamanaka04.jpg

と、こんなふうにして応募に必要な情報をまとめたのですが、
他にもっと良い方法があったのかなぁ?
みなさんは、どのようにされているのでしょうか。

あみぐるみや手編みニットのテキストはたくさん出ていますが、
それらも全て、とても手間のかかる作業を経て
使用糸の分量が表記されているということですね……。

ありがたいことだったんだなぁという気分になりました。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ



スポンサーサイト




  テーマ:あみぐるみ ジャンル:趣味・実用