あみコレ14・あみぐるみの耐久度
2009年11月18日 (水) | 編集 |
12月に開かれる あみぐるみコレクション
だいぶ開催も間近になってきましたが、
気になるのが、あみぐるみの耐久度です。

うちでわたしや娘が使う分には、
扱いも気をつけるし、壊れたら直すこともできますが、
遠方の会場ではそういうわけにもいきませんよね。

ただ、これはあみコレに関係なく、ずっと以前からなのですが、
わたしはかなりしっかりめに、パーツをつけていると思います。

よくあみぐるみの作り方の本などでは、
頭や手足を胴体に縫いつける際、「1目ずつすくって1周とじつける」
のように書かれています。

が、わたしはいつも、最低2周は縫いつけることにしています。

というのも、今は昔、
初めて娘に自作のあみぐるみを渡して遊び始めた時、
ものの数分で腕がもげた! というカナシい過去があるからです(笑)。

0歳児は思いのほか手の力が強く、加減を知りませんからね、
それ以来、そのトラウマを胸に、
しっかりしっかりパーツを縫いつけるようになったのでした。

 borderBear01.jpg

ちなみにその時のあみぐるみがこちら。
2006年の夏か秋に作ったと思います。
タカモリ・トモコさんの本を見て作りましたよ。
テキストに忠実な感じになってますね。

 borderBear02.jpg

手が取れたのは右のピンクのくまちゃんの方。
この辺がぷらんぷらんになりました(笑)。
これはよく遊んだなぁ。

   *

そんなわけで、「パーツがとれる」ということは
多分大丈夫かなと思うんですが、
それとは別に、ストラップのことも気になります。

今回、フルーツ娘。などストラップ仕様にして
出展するものがあるのですが、
そのストラップの耐久度がどうなのかなぁと思います。

バッグにつけてもらっていて、帰ったらなくなっていた──
とか考えると、申し訳ないですよね…。

そこで一応、実験として、自分でカバンにつけて
使ってみることにしました。

 borderBear03.jpg

6月に編んだ初代イチゴちゃんを、普段使うカバンにつけて
「つとめて雑に」(笑) 扱ってきました。

その結果、今に至るまでちぎれる、はずれる、落ちる、
なくなる、等々のことなく使うことができています。

娘も幼稚園のカバンにこのストラップで
ちょっとしたあみぐるみを下げています。
幼稚園児の取り扱い具合など推して知るべしで、
すぐなくなってしまうことも覚悟の上でしたが、
それもなくならず、無事です。

ストラップ金具はパーツ屋さんで購入したものですが、
そんなにヤワなものではないようなので、
これも何とか大丈夫かな。

いろいろと懸案もあれど、イベントが始まるのは楽しみです。
そろそろ書類作成にも取り掛かっていますよ(^^)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ


あみぐるみコレクション14

2009年12月6日(日)~13日(日)
12:00~19:00  入場無料
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-39-6
Space Sprout スペース スプラウト
03-3468-2147(日本あみぐるみ協会)
 amicolleBanner2009.jpg



スポンサーサイト




  テーマ:ハンドメイドイベント ジャンル:趣味・実用