ナチュラルテイスト(1)・イチゴ色ななめがけバッグ
2009年08月04日 (火) | 編集 |
今日は、かぎ針編みでバッグを作ってみました。

Ha‐Naのかぎ針編み小物―萩原直美さんのやさしい手作り (私のカントリー別冊)Ha‐Naのかぎ針編み小物―萩原直美さんのやさしい手作り (私のカントリー別冊)
(2006/05/10)
萩原 直美

商品詳細を見る

こちらの本を見ていたら、とてもかわいいバッグが載っていたので
だいぶアレンジしましたが、参考にして編ませてもらいました。
難しい編み方は使っていないのに、確実な効果が出るよう
良く考えられているなぁと思いました。

作り目から両側に1段編んだところです。
全てはここから始まります。

 naturalTaste01.jpg

使った毛糸はこちら。
いつもの「毛糸ピエロ」さんの「ナチュラルテイスト」。
麻50%綿50%の中細糸で、初めて買った糸です。

どれもいい感じにくすんだ色です。
全10色の中から試しに4色買ってあって、ちょうどいいので
使ってみよう!とやってみました。

 naturalTaste02.jpg

使ったのは3/0号のかぎ針です。
編み部分ができあがったのがこの状態です。
サイズは19cm×22cmほどになりました。
1日くらいで編めましたヨ。

   *

さてここからは仕立ての行程です。
せっかくなのでちゃんと使えるカバンにしたいので、
しっかり仕立てたいと思います。
あんまりやったことないので、ドキドキですが……。

 naturalTaste04.jpg

まず、肩ひもの準備をしました。
使ったのは、ごく普通のナイロンの平ひもです。
でもそのままではあんまりなので、
ちょうど買ってあったスパークオーガンジーの布でくるんでみました。
(端切れで買ったんですが、¥91という値札が(笑)。やすー)

平ひもの幅に合わせて、金具類も買ってきました。
こういうのも今まで使ったことがなかったので、
買う時にすごく想像力を必要としました。

次に、内布選びです。
最初は、毛糸と同じくらいのトーンにくすんだ
小さなドット柄ピンク色の布にしようと思ったのですが、
見えない部分なので冒険してみようか、という気分になって、
明るい花柄の布を使ってみました。
これはちょうどいただいたばかりの布なのですが、
活躍の場があって良かったです。

 naturalTaste03.jpg

バッグの内布って、縫いしろの始末を考えなくていいから
すごく気軽に縫えますね。
超簡単な方法ですが、ポケットもつけてみました。
ケータイやデジカメが入るサイズです。

 naturalTaste05.jpg

肩ひもを編み地の内側に縫い付けてから、
キルト綿と重ねた内布をまつりつけました。

 naturalTaste14.jpg

編み地は、布地と違って、針目を外に出さずにまつることができますね。

完成でーす。

 naturalTaste06.jpg

あみぐるみとはまた違う達成感がありました(^^)!

   *

今回このバッグ、個人的な白眉は、肩ひもの途中のこの金具です。

 naturalTaste07.jpg

なぜこんなところに金具があるかというと──

 naturalTaste08.jpg

こちらの、取り外し可能なパーツをはずして、

 naturalTaste09.jpg

Dカンにくぐらせて、

 naturalTaste10.jpg

紐を二重にして途中にある金具の方へくっつけると、
肩紐を短くして使うことができます。

この長さが、我が家の娘が使うのにぴったりのサイズなのです(^^)

 naturalTaste11.jpg

途中の金具があることで、親子兼用で使えるんですね~
我ながら、いいこと思いついたな☆という気分です。

自分で作るバッグって、肩ひもを自分の好みの長さにできるのがいいですね。
かけてみると、ものすごくしっくりきます。チョー気持ちいい(笑)。
自分サイズで作るのが、こんなに快適とは知りませんでした。
(服なんかを作られる方も、そんな気分なのでしょうねー)

子供も使えるように小さめサイズで作りましたが、
ケータイとお財布くらいの身軽さで使えるバッグがほしかったので
自分にも嬉しい作品になりました。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ



スポンサーサイト




  テーマ:編み物 ジャンル:趣味・実用