ちいさなてまりの会(16)・復習
2017年10月05日 (木) | 編集 |
フェリシモの「重なる絹糸のみやび
ころんとかわいい ちいさなてまりの会」。

先日作った「(16)雛」のデザインも
復習しようと思います。

 temari16-07.jpg

普段は かがり糸はキットの残りを使い、
土台糸を色替えすることが多いですが
今回はかがり糸を変えます。

黒でかがる部分は、何段かがったか
分からなくなりがちで、少し大変でした。

こんな感じに仕上がりましたよ。

 temari16-08.jpg

森博嗣さんに「赤緑黒白」という作品があります。
その4色を使ってみました。
赤緑黒白が、また赤緑黒白・・・と
繰り返されていくのが
タイトルの意味するところに合うように思います。

「赤緑黒白」は「Vシリーズ」の10作目(最終巻)で、
「S&Mシリーズ」「Vシリーズ」の双方を
20冊読んだ人へのご褒美のような
壮大な仕掛けがあったりする作品です。

 temari16-09.jpg

このタイトル、当時、なんて読むんだろう?
と思っていました。
あかみどりくろしろ、でいいのか、それとも
四字熟語のような読み方があるのか?と
カナが振っていないので分からなくて。

で、その頃めざましテレビの
ベストセラーランキングだったか
新刊紹介だったかのコーナーで
この本が採りあげられたので
「タイトルの読み方が分かる!」と思いました。

でも軽部さんは
「森博嗣・Red Green Black and White」
と、英題の方で読んだんです。

ええー!?

「すべてがFになる」を
「THE PERFECT INSIDER」って紹介する?
しないでしょ?

タイトルの読み方が分からなくて、
出版社に問い合わせすることもなく
誤魔化したとしか思えない・・・
あの時ちょっとイラっとしたの
思い出しちゃいました(^^;)

ともあれ、この前 木箱を用意しましたので
また入れる楽しみもできました。

 temari16-10.jpg

この空いたセルの
すべてがてまりになるまで
作っていきますよー。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作りキットへ



スポンサーサイト

  テーマ:こんなのどうでしょうか? ジャンル:趣味・実用
ちいさなてまりの会(16)
2017年09月26日 (火) | 編集 |
今日はフェリシモの「重なる絹糸のみやび
ころんとかわいい ちいさなてまりの会」
を作ります。

 temari16-01.jpg

今回は かがり糸は華やかな色で、
土台は黒です。

 temari16-02.jpg

8分割と少ないので、ひとつひとつの区画が
かなり大きく感じます。

 temari16-05.jpg

ちなみに今回、レシピが
いつもより1枚多かったです。
図が多くて収まらなかったのでしょうけれど、
こんなことあるんだなって思いました。

 temari16-03.jpg

これも横から見てかがるタイプ。
前回の「(15)花灯り」もそうだったので、
このタイプが連続するのは意外でした。

今までは1~2段ごとに色を変えてかがってきたので、
同じ色の糸で何段もかがるのが新鮮でした。

 temari16-04.jpg

かがる順番も違うので、
てっぺん側に出る模様もいつもと違って
面白いです。

 temari16-06.jpg

というわけで「(16)雛」完成です。

タイトルが「雛」ということは、
菱餅のイメージなのかな。
かがり糸がピンク系と緑系ですもんね。
おしゃれなタイトルですねぇ。

横から見てかがるデザイン、
今まであまりきれいにできなかったので
少し苦手意識あったのですが、
今回の てまりは気に入りました。

格別うまく刺せたわけでもないんですけれど、
なんだか好きになっちゃったな(^^)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作りキットへ




  テーマ:こんなのどうでしょうか? ジャンル:趣味・実用
ちいさなてまりの会(15)・復習
2017年09月10日 (日) | 編集 |
フェリシモの「重なる絹糸のみやび
ころんとかわいい ちいさなてまりの会」。

先日作った「(15)花灯り」のデザインも
残り糸で復習しようと思います。

土台は何色がいいか迷いました。
元々と正反対の濃い色を試しても
よかったかもしれないですが、
冒険する勇気がなかったので、白で作ることに。

 temari15-05.jpg

巻く時に刺しゅう糸がからまってしまって
すごく時間を費やしてしまいました(汗)。
あの時間はもったいなかったなー。

 temari15-06.jpg

後は、キットで作った時と同じ手順で
できあがり。
このデザインは、やっぱり
こちら側から見るのが好きです(^^)

 temari15-07.jpg

淡い紅白の手まりは、
なんだかこんな色合いの
らくがんがありそうだなーと思いました。

 temari15-08.jpg

新しい木箱がまだ作っていないので、
またゴーフルの缶が
てまり入れになっているのでした。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ



  テーマ:和風、和物、日本の伝統 ジャンル:趣味・実用
ちいさなてまりの会(15)
2017年08月29日 (火) | 編集 |
フェリシモの「重なる絹糸のみやび
ころんとかわいい ちいさなてまりの会」。

DN13が とんでしまったので
正直少しモチベーションが落ちているのですが、
また作っていこうと思います。

 temari15-01.jpg

今回の土台は きれいなピンク色。

 temari15-02.jpg

かがる糸も、パステル調の
淡い色が多いです。

 temari15-03.jpg

これは、横向きにかがっていくタイプですね。
前にも一度刺したことありますが、
大きさを揃えるのが難しかった覚えがあります。

 temari15-04.jpg

できあがりー。
「(15)花灯り」というデザインです。

今回もあまり正確に揃えられていなくて、
やっぱり難しいですね。

ずっと見ていた面と違うところに
きれいな模様が出ているのが
楽しいデザインだなと思います(^^)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ




  テーマ:和風、和物、日本の伝統 ジャンル:趣味・実用
ちいさなてまりの会(14)・復習
2017年07月27日 (木) | 編集 |
フェリシモの「重なる絹糸のみやび
ころんとかわいい ちいさなてまりの会」。

第2期も、キットの余り材料を使って
自主練をしていこうと思います。

いつも、土台はキットとは色を変えて
作っていますが、
DN14「爽涼」は とてもきれいな色で、
これ以上ふさわしい土台の色は
ないんじゃないかと思えました。

そう思いつつも作ってみたのがこちらです。
 
 temari14-08.jpg

かがり糸が青系なので、黄色を合わせてみました。

 temari14-09.jpg

キットが薄い水色なので、
黄色も薄めの色を使いましたよ。
まぁまぁ、及第点の色合わせだったかな?

 temari14-10.jpg

手まりができあがっても、入れる木箱がないと
いまひとつ物足りませんね。
早く木箱を準備しなくては。

   *

ちなみに、とどいていないDN13が来るかも…と
一縷の望みをかけて「W便」で注文しようとしたのですが、

 temari14-11.jpg

注文することすらできませんでした。
残念・・・

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ




  テーマ:ハンドメイドの作品たち ジャンル:趣味・実用