ちいさなてまりの会(12)
2017年06月22日 (木) | 編集 |
クリマ前はキットを作る余裕がなくて
いくつか たまってしまったので
積極的に作っていこうと思います。

 temari12-01.jpg

まず今日は「重なる絹糸のみやび ころんとかわいい
ちいさなてまりの会」を作ります。

今回は「(12)晴れ」というデザインです。

タイトルからは空の青色が浮かびますが、
地の色は黒ですね。

 temari12-02.jpg

かなり細かい16分割。

6回目に届いた「潮騒」というデザインも
分割の数が16でした。

 temari06-09.jpg

ヘタでも わりとアラが目立たず
一見きれいに見えるデザインでしたので、
今回も気軽に刺してみました。

たまにかがる場所を間違えてズレてしまったり
することもあって、
単純な模様のはずですが、難しさもありました。

 temari12-03.jpg

こんな感じになりました。
(ちょっとピントが甘くなってしまいました)
ちゃんと見るとやっぱりダメなところあるのですが、
遠目で見るときれいです。

 temari12-04.jpg

最後に緑色で差し色がされていますが、
基本的に「赤・白・黒」の3色+金色 なので、
色合いがとてもシックです。
素敵だわー。

2ヶ月ぶりくらいに作りましたが、
てまり作り、楽しいですね。
これももうひとつ復習で作ろうと思います。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作りキットへ



スポンサーサイト

  テーマ:和風、和物、日本の伝統 ジャンル:趣味・実用
ちいさなてまりの会(11)・復習
2017年04月22日 (土) | 編集 |
先日作ったちいさな手まりの会
「流れ星」のデザイン。

かがり糸が残っているので、
今日はもう一度復習しようと思います。

 temari11-05.jpg

模様部分が白っぽい色合いなので、
ベースは濃い色の方が良さそうです。
そこで、こげ茶色にしてみました。

 temari11-06.jpg

最初にかがる糸は赤色。
こげ茶に合わせると、かわいいです。

基本的でややこしくない刺し方ですが
丁寧に刺すことを心掛けて、
もうひとつできあがり。

 temari11-07.jpg

よくなったところもあれば、
まだもう一息のところもあり。
かがり糸の色合わせがきれいだから
救われている気がします。

 temari11-08.jpg

ちなみに今回の真ん中部分は
水色×オレンジの色合わせになっています。
この色合わせも素敵ですね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作りキットへ




  テーマ:和風、和物、日本の伝統 ジャンル:趣味・実用
ちいさなてまりの会(11)
2017年04月11日 (火) | 編集 |
今日は「重なる絹糸のみやび ころんとかわいい
ちいさなてまりの会」を作ります。

次の次くらいのが届いてしまったので
ちょっと焦っております(^^;)

 temari11-01.jpg

今回は「流れ星」というデザインです。
ベースの色は、きれいな深緑色。
かがる糸は、明るい色が多いですね。

 temari11-02.jpg

お笑い芸人の流れ星さんの
"ひじ神様" のネタが頭によぎりつつ地割りしました。
今回は少し多めの12分割です。

 temari11-03.jpg

"基本中の基本" みたいなかがり方なので
むつかしくはないなーと
気軽に取り組んだのですが、
やっぱりどこかズレてしまったりしました。

見本写真は本当に針目がそろっていて
美しいんですけれどねぇ。

 temari11-04.jpg

できあがりー。

かがり糸は後半淡い色が多く、
ぱっと見は白っぽく見えてきれいです。
近くでよく見ると微妙なグラデーションがあって、
それもまたキレイです。

分割が多いとかがる面積が増えて
ボリューム感が出るのもいいですね。

てっぺんの赤いところが
くるっと丸く揃うときれいだったんだけどなー。
難しいですね。

手順の簡単な模様ではありましたが、
これも慢心せず、また復習しようと思います。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作りキットへ




  テーマ:和風、和物、日本の伝統 ジャンル:趣味・実用
ちいさなてまりの会(10)・復習
2017年03月19日 (日) | 編集 |
この前作った手まり、復習しようと思います。

ところで、今まで書いてなかったですけれど
わたしは手まりの芯に
発泡スチロールの玉を使っています。

 temari10-08.jpg

キットではキルト綿だけを丸めて作るように
なっているんですが、
きれいな球にできる気がしなくて、
たまたまあったスチ玉を使ってみたのでした。

この中にこれが入ってるんだよ、と娘に言ったら
「ちっちゃ!」と驚いていました。
キルト綿も巻いていますからね。

これを入れてもでこぼこしちゃう時があるので、
なかったらさらに いびつになっちゃいそうだな
と思います。

ズルいかもしれないけれど、これからも
スチ玉の助けを借りて作ろうと思っています。

 temari10-09.jpg

以前、ちりめんの小物作りを楽しんでいた頃に
買ったものだったと思います。
今回で手持ちのスチ玉を使い切ったので、
また買っておきました。
あと20個作れるよ~

 temari10-10.jpg

さて復習用の手まりは、土台を黒で作ってみました。
今回の模様が映えそうな気がするんです。
金色の糸も、よく合いますね。

 temari10-11.jpg

たかだか2度目では劇的にうまくはなりませんが、
赤い土台の時に比べて
最初の糸は劇的に見やすかったです。

 temari10-12.jpg

できました~

どうですか、やっぱりこの配色、
黒に合うように思えますね!

 temari10-13.jpg

このデザインはてっぺん側から見た模様が
きれいで気に入りました(^^)
てっぺんを上に向けて木箱に入れておこうと思います。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作りキットへ




  テーマ:和風、和物、日本の伝統 ジャンル:趣味・実用
ちいさなてまりの会(10)
2017年03月09日 (木) | 編集 |
今日は「重なる絹糸のみやび ころんとかわいい
ちいさなてまりの会」を作ります。

今回で10回目。
「燈火」というデザインです。
(たぶん読み方は
 "とうか" でなく "ともしび"、ですね)

 temari10-01.jpg

名前のとおり
土台の糸もかがり糸も赤系が多いです。
きれいな手まりになりそうで楽しみ!

 temari10-02.jpg

10等分に地割りするところまでは
いつもと同じです。
ここからのかがり方が、だいぶ違いました。

手まりの持ち方すらいつもと違って、
慣れないので難しく感じました。

 temari10-03.jpg

最初の糸が地の色と似ていることもあって
刺されてるかどうかも分からない。

途中で思ったんですけれど、
今回 似た色が多くて、どれを使うのか迷います。

 temari10-04.jpg

順に、赤紫、エンジ、濃赤茶、渋オレンジ・・・
と進んでいくのですが、どれがエンジでしょうか。

4色が一束になっていた時には、
まん中ふたつは同じ色かと思いました。
1色1色分けてみて、初めて別の色と気づいたくらい。
最初に使った赤紫も、果たして合っていたのか??

見本写真もすごく見たんですけれど
はっきり分からなくて、自信ないまま続けました。
もしかしたら順番間違えたかも・・・

それでも だんだんかがる糸が明るくなってくると
縫い目も見やすいし、慣れてきて楽しくなりました。

 temari10-05.jpg

横から見ると、いつもと模様が全然違います。
これまでは片面を刺した後 もう一度同じように
逆側の面を刺す必要がありましたが、
これは一度に仕上がるので、嬉しい気がしました。

 temari10-06.jpg

ということで、できあがり。
もしかして色の順番が違っていたら
デザイナさん、ゴメンなさい。

てっぺんにいっぱい金糸が刺してあるので、
きらきらしてとても綺麗です。
本当にきれいなデザインですね。

 temari10-07.jpg

初めてのタイプなので
側面の模様が少し不均等になっちゃいました。
難しかったな~
今度もう一度復習してみようと思います。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作りキットへ




  テーマ:和風、和物、日本の伝統 ジャンル:趣味・実用