ミニチュアデザートギフトの会(21) マレーシア ペナンのブブチャチャとクエラピス
2017年08月10日 (木) | 編集 |
残り少なくなった「ミニチュアデザートギフトの会」を
作ろうと思います。

今回の壁紙と敷物はこちら。

 minitureGift21-01.jpg

敷物用の編み模様の紙がステキです。
以前「(5)プーケットのルークチュップ」
の時にも珍しい風合いの紙が敷物に使われていて、

 minitureGift05-02.jpg (再掲)

アジアンな雰囲気が出ていました。
今回も良い感じになりそうで楽しみです。

 minitureGift21-02.jpg

目打ちで軽く線を入れて作ったバナナの皮が
なかなかいい具合にできました。
自然にくるんと端が丸まるのも、それっぽいです。

 minitureGift21-03.jpg

これらの紙は、細かい作業の末に

 minitureGift21-04.jpg

ハイビスカスのお花になりました!
結構うまくできたと思います。

 minitureGift21-05.jpg

作ったお花は、他のミニチュアに組み合わせて
いろいろ使いましたよ。
これは、ココナツジュースです。

 minitureGift21-06.jpg

というわけで、各ミニチュア完成です!

手前の四角いのに載っているのが
「オンデオンデ」というおだんご。

右側のカップ入りになっているのが
「ププチャチャ」というフルーツ系デザート。
あったかい食べ物らしいです。

まん中のカゴ盛りになっているのが
「クエラピス」というお菓子。
ういろう的なものなんだそうですよ。
名古屋生まれとしては、親近感がわいてきます。

 minitureGift21-08.jpg

キューブに配置して、できあがりです!
南国感がいいですね~

とっておきにしすぎて
届いてからかなり時間が経っているのですが、
夏に作ってちょうど季節に合っていましたね。

 minitureGift21-09.jpg

以前 別のミニチュアで作ったバナナが
我ながらすごくヘタだったので
今回はちょっとでもマシになるよう頑張りました。

   *

この前届いたフェリシモ8月分の荷物に、
来月出る「クチュリエ2017-'18 秋冬号」の情報が
少し載っていたのですが、
ミニチュアの新しいキットが出るみたいです。

おひろめ会で人気ナンバー1だったそうで、
カタログ見るの楽しみです(^^)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作りキットへ



スポンサーサイト

  テーマ:ネットショップ・通販 ジャンル:趣味・実用
ミニチュアデザートギフトの会(20) イギリス ヨークの「イートン・メス」
2017年05月03日 (水) | 編集 |
ひさーしぶりにミニチュアギフトの会を
作ろうと思います。

この会は24回でおしまいになってしまったので、
今回を入れてあと5回分しかありません。

とっておきにしてあるのですが、
今日は思い切って開けちゃいます(^^)

 minitureGift20-01.jpg

まず、壁紙と床はこちら。
イートン・カレッジですね。
色合いがイギリス感出ててイイです。

 minitureGift20-02.jpg

いろいろなビーズは、

 minitureGift20-03.jpg

「兵隊のお菓子」になりました。

胴体の部分が筒になっていて、
マーブルチョコみたいに入っているのかな?

顔は娘が学校で使っている油性ペンを借りて
描きました。
ウッドビーズにペン先をふれた瞬間
インクが浸透してにじんだりするので
難しかったです。

赤い方がちょっとうつむきがちに
なってしまっていましたが、
この後 他のを作っている間に
くっついたと思った首が取れたので(汗)、
まぁ幸い、と思って
貼り直した時に角度も直しました。

 minitureGift20-04.jpg

ハート型のボックス。
ちょっと難しかったのですが、
かわいいのができました。

白い方には、右にある
(たぶん)チョコレートを入れますよ。
作ったミニチュアにミニチュアを合わせるのも
楽しい作業です。

 minitureGift20-05.jpg

というわけで、パーツ全部できましたー。

 minitureGift20-06.jpg

こちらが今回のテーマになっている
「イートン・メス」。

たっぷりのホイップクリームに
フルーツやメレンゲを載せて食べるデザートとのこと。

イートン校ではこれをぐちゃぐちゃ(=メス)に
混ぜて食べる風習があって、
それが名前の由来になっているそうです。

ふわふわのクリームの感じが
わりとうまくできたと思います。

イチゴは5つ作る事になっていたのですが、
途中で晩御飯を作って、食べて、
食後に続きを作ろうと思ったら
ひとつ消えていました(汗)。

なので、断面がないイチゴを
代わりにひとつ追加してあります。
(後ろの方に入れておきました)

ケーキサーバーがかなりそれらしくできたので、
今回一番気に入りましたよ(^^)

 minitureGift20-07.jpg

キューブに配置して完成です。
この作業がいつも楽しい。

 minitureGift20-08.jpg

ひさしぶりで、楽しかったなぁ。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作りキットへ



ちいさなてまりの会(9)・復習
2017年02月15日 (水) | 編集 |
今日は先日の DN.9「忘れ花」を
復習しておこうと思います。

 temari09-08.jpg

本体は明るい青色で作ってみました。
地割りに使う銀色の糸は、
ちょっと静謐な感じで美しいです。

 temari09-09.jpg

こんな感じになりました!

キットで作った手まりとは
かがる順番を変えて、
ピンク色の方を上に出してみました。

 temari09-10.jpg

ピンク系部分のグラデーションもきれいだったので、
目立たせてあげたかったのです。

 temari09-11.jpg

中央の帯部分の千鳥かがりも、
色を「緑×黄」からピンク系に替えて刺してみました。

少しだけ変えて変化を見てみるのも
楽しいです(^^)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作りキットへ




  テーマ:こんなの作りました♪ ジャンル:趣味・実用
しきり木箱
2016年10月26日 (水) | 編集 |
100えんショップで木箱を買いました。

 temari00-06.jpg

ダイソーさんの、
「インテリアボックス(フタ付)」
という商品です。

 temari00-07.jpg

開けるとこんな感じ。
素材は桐とのこと。

今日はこれを少し加工しようと思っています。

 temari00-08.jpg

久しぶりにバルサ材を出してきました。
バルサはカッターナイフで切ることができるので
昔はこればかり使っていましたが、
最近はノコギリが使えるようになったので、
バルサに頼らなくてもよくなりました。

 temari00-09.jpg

切り欠きを作ってやると、

 temari00-10.jpg

組み合わせることができます。

 temari00-11.jpg

さっきの木箱の仕切りができました。

これで「完成!」としてもいいんですけれどね、
塗装してみようと思います。
ドリフトウッドを薄めに塗りました。

 temari00-12.jpg

木箱の方も、ニスなど塗られていないので、
そのままでオイルが入りましたよ。

 temari00-13.jpg

塗装が乾いたら再度組み立てて、完成でーす。
底にフェルト敷いてみました。

さてこれ、何のために作ったものかというと、
既にみなさん お察しかもしれませんが、

 temari00-14.jpg

キットで作っているちいさな手まりの
収納のためでした(^^)

これまでゴーフルの缶に入れていましたが
入りきらなくなってきたので、
木箱を作ってみたのでした。

 temari00-04.jpg (再掲)

以前ご紹介しましたが、
手まりを入れるための木箱は
フェリシモさんからも発売されています。
これを見た時から、作りたいと思っていました。

純正の木箱はセルが12個ですが、
今回作ったものは24セルになりました。

わたしは毎月2個ずつ作っているので、
どちらも1年分入りますね。

木箱が手まりの大きさに合うかどうか
実際作ってみないと分からないので
買う時は賭けでしたが、
うまいことほぼ正方形に区切れたし
思いのほかぴったりサイズだったので、
嬉しかったです。
たまにはこんなツイてることがあっても
バチは当たるまい。

 temari00-15.jpg

ふた付きなので、ホコリもかかりません。
(ふたも同じ色で塗装しました)
今ちょうど、半年分の6回まで
作ったところですね。

 temari00-16.jpg

木箱に並ぶと、手まりたちがなんだか
よそゆきの顔になって、
2割増しくらいでキレイに作れているように見えます(笑)。

結構長いこと作りたかったものが
形にできたので、嬉しい気分です。
ワーイ(^^)/

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ



  テーマ:DIY ジャンル:趣味・実用
組み立て家具を見守る
2016年10月20日 (木) | 編集 |
先日娘に収納家具を買ってやりました。

 colorCubic01.jpg

「お客様組み立て品」なのですが、
自分で組み立ててみると言うので、
お手並み拝見といきましょう。

 colorCubic02.jpg

似たようなパーツがいっぱいありますよ。
大丈夫でしょうか。

 colorCubic03.jpg

ネジなど細かいパーツも揃っているか確認して、
いざ組み立てスタートです。

 colorCubic06.jpg

まずは天板の準備から。
説明書はシンプルなものです。
絵と実物をよーーーく見比べて、
ちゃんと正しいパーツを選び出していました。

 colorCubic04.jpg

ネジ穴は既に全てあけられているので、
パーツの向きさえ間違えなければOKです。

 colorCubic05.jpg

電動ドライバを貸してあげようか、と言いましたが、
こわいからいい、と
普通のドライバで作業していました。

 colorCubic07.jpg

側面が取りつけられたので、背面用の板をつけます。
溝が切られているので、差し込むだけ。

「次、せばん」

と言ってたけれど、背板は せいた だね。

「なんで?」

って言われても・・・
せばんだと、湯桶読みになるからかな?

 colorCubic08.jpg

ネジ穴を埋めるためのキャップもついているので
後処理も簡単です。

 colorCubic09.jpg

かんせーい!

板を支えるのを手伝いましたが、
ひとりで組み立てられましたね。
こどもでも、いけるものですね。
かかった時間も、40分程度でした。

これはアイリスオーヤマの
「カラーキュビック」という商品です。

今回のは扉付きのタイプですが、
扉のないタイプもあって、
最初はそっちを買ったのかな。

 dotBox04.jpg
   (4年以上前の写真です)

当時はこの上に ままごとキッチンが
載っていた覚えがあります。

こどもが大きくなって使うものが変わるにつれ
少しずつボックスを増やしてきましたが、
最近 本やコミックが入りきらなくなってきたので
もうひとつ増やしたというわけでした。

 tubasa06.jpg

これは以前撮った扉のないタイプのものですが、
つばさ文庫なら前後2列にして40冊以上入ります。

 colorCubic10.jpg

これで当分の間、本の収納には困らないはず。
「まだまだ置けるぞ(^^)」って思うと
嬉しいですよね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ




  テーマ:手づくりを楽しもう ジャンル:趣味・実用