クチュリエ 2005-'06年秋冬号
2013年07月24日 (水) | 編集 |
今日は、クチュリエの新しいカタログ・・・ではなく、
「古い」カタログのおはなしです。

古本として出ていた、「2005-'06年秋冬号」を見つけたので
買ってみました。

 couturier2005-01.jpg

うちにある一番古いカタログが「2006-'07年秋冬号」なので、
さらにその1年前のものになります。

 couturier2005-02.jpg

価格がついているので、書店売りの方のタイプです。
だから、レシピや型紙などもついていましたよ。

 couturier2005-03.jpg

"特別編集版" の「クチュリエの種」も入っています。

 couturier2005-04.jpg

中を見ると、キット類の一番はじめに載っているのは
「かぎ針編みお花モチーフの会」です。

秋冬号ですから、編み物がフィーチャーされているんですね。

 couturier2005-05.jpg

このお花は「マーガレット&リコリス」です。
デザインナンバは13。
だいぶん初期のデザインですね。
コレクションが始まって、2年目に入ったところのようです。

「お花モチーフの会」は、こたつカバーに仕上げた大作が
大きな写真になって載っている他にも、
いくつかの作例のイメージ写真が載った見開きがあります。

 couturier2005-06.jpg

全体的に、現在のカタログよりも
ひとつひとつのキットがゆったり紹介されているなぁ
という印象を受けました。

編み物の会は他にも、これが載っています。

 couturier2005-07.jpg

「日だまりの中でゆっくり編みたい ニットバッグの会」。
表紙に「ひだまりで編みたい 英国風ニットバッグ」
というコピーがありましたが、このキットのことですね。

わたしはメルスリーでこの会のうちのひとつを買って、
2010年に作っています。

 circleBag14.jpg

その4年ほど前に出たコレクションだったわけですね。

   *

「レトロポップなミニチュアの会」も、この頃はまだ現役。
かわいいなぁ。

 couturier2005-08.jpg

わたしも作ったことがあるデザインが載っています。
「(51)ぼくのおもちゃたち」とか
「(53)三輪車をメンテナンスしよう」とか。

「お花モチーフの会」よりも、だいぶ前に出た
コレクションだったんですね。

 couturier2005-09.jpg

タティングレースの会があったのは、意外でした。
随分以前から このジャンルも提案されていたんですね。

 couturier2005-10.jpg

作品をフレームに飾って仕上げるタイプ。
どれも素敵だなぁ。

 couturier2005-11.jpg

「はじめてさんのミニキルトの会」も、
当時から続いているんですねぇ。
このコレクションのキルトは、どれも本当にかわいいです。

 couturier2005-12.jpg

(こんな小さなダブルウェディングリング、初めて見た!)

 couturier2005-13.jpg

あと、こんなのあったんですね。
「ニードルポイントで刺しゅうする ラブリーローズポーチの会」

ニードルポイントポーチのキットは
キッズ向けのを見たことがありましたが、
大人用のもあったんですね。

 couturier2005-14.jpg

刺しゅうのデザインが、どれもすごくかわいいです。
(キャス・キッドソンみたい!)
今販売されていたら、とってみたいくらい。

そしてこのカタログを見ていて一番驚いたのが、これです。

 couturier2005-15.jpg

「セピア色の絵本のような刺しゅうキルトタペストリーの会」

こ、これ・・・見たことあるよ!

 couturier2011-10.jpg

これは「2011年春夏号」で出た、
「ピーターラビットの絵本から生まれた刺しゅうキルトタペストリー」。

そっくりじゃないですか~?

 couturier2011-11.jpg

ピーターラビットのキルトは、
このキットの流れをくむデザインだったのですね。

 peterRabbitQuilt16.jpg

わたしはピーターのキルトを一度とりましたが、
アレンジしたうえ、一度っきりで満足しちゃいました(!)

 couturier2005-16.jpg

「セピア色の絵本…」と「ピーターラビット」、
どちらも9枚揃えて完成させた方はいらっしゃるのかな?

並べて飾ったりしたら、素敵でしょうねぇ(^^)

   *

販売終了となったキットの中にも、
魅力的なものはたくさんあります。
復刻とかされたらいいのにね。

たとえば、
「レトロポップなミニチュアの会」の評判の良かったデザインを、
6回限定コレクションで復刻! とか。

長く続いている「お花モチーフの会」や
「はじめてさんのミニキルトの会」なんかも、
今となっては途中からとり始めた人がほとんどだろうから、
以前のデザインの復刻は需要がありそうに思うけどな~。

「2005-'06年秋冬号」というのは、
ちょうど娘が生まれた頃です。

娘と同い年のクチュリエカタログ、楽しませてもらいました♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作りキットへ


スポンサーサイト

  テーマ:ネットショップ・通販 ジャンル:趣味・実用
おふとんキルト・集大成
2013年03月13日 (水) | 編集 |
昨日、「最後のおふとんキルト」を作りました。

もともとこの おふとんキルトは、キット14回分42枚をつないで
娘用のかけ布団にしていました。

 ohuton11.jpg
  ◇ おふとんキルト・仕上げ 2009/11/29

こういう時、ブログに載せていると便利ですね。
完成したのは2009年の冬でした。
(そんなに前だったんだ!)

娘は幼稚園に入る前、まだ3歳前の頃でした。

つないだキルトは、105×90cm。
当時はよかったのですが、あれから4年、
今やすっかり娘の足は、ふとんの端から出ているわけです。
(真冬は その上にさらにかけ布団を使っているので
一応大丈夫なのですが・・・)

そんなわけで、少し裾を伸ばすべく、
もう7セット、キルトを作っていたのでした。

 ohutonF-01.jpg

昨日載せた「きのみでつくろう」で、
ちょうど7セット分です。

継ぎ足し計画を始めたのはもう2年も前だったのに、
オリジナルキルトまで作っちゃったりしているうちに
のびのびになっていましたが、
やっとこさゴールが見えてきました。

 ohutonF-02.jpg

キルティング用の糸を使って、
キルトをひとつずつつなげていきます。

3年以上使っているキルトが、ほつれたり
バラバラになったりしていないので、
今回もこれで大丈夫でしょう。

 ohutonF-03.jpg

自分なりの規則があるので、
配置を間違えないように気をつけてつなぎました。

 ohutonF-05.jpg

3×7、21枚のキルトがつながりました。

 ohutonF-04.jpg

裏地に使っている起毛ダブルガーゼの布は、
いずれ大きくすることを見越して
多めに買ってありました。
随分待たせちゃったなぁ。

これを、継ぎ足し分のキルトの後ろ側にもつけていきます。

 ohutonF-06.jpg

前つないだ時にも思いましたが、チェック柄の布は
柄に合わせて折れば線を引く手間もなく、
扱いやすかったです。

つないで裏地をつける仕上げ工程は、2日でできました。
さぁ、おふとんキルト、完成です。

 ohutonF-07.jpg

縦が45cm伸びて、105×135cm になりました。

 ohutonF-08.jpg

「きのみでつくろう」を中心にして、
その両側に、僭越ながらオリジナルキルトを置いています。

眺めてみると、かわいいキルトがいっぱい入っています。

 ohutonF-09.jpg

くまちゃんとか、

 ohutonF-10.jpg

自転車とか、

 ohutonF-11.jpg

ヤギ・・・と思ってしまう、ひつじとか(^^)

円形を活かしたデザインが好きでしたね。

久しぶりに、大きなものを完成させられて、
達成感がありました。

   *

この夜、完成したキルトをおひろめしました。

「1種類だけ、2セット同じキルトがあるんだよ」
とクイズにしたり、好きなデザインを選んだり。

1枚目のキルトを作ったのは、もう4年も前、
という話をしたら、何か感じるものがあったのか、

「おかあさん、ありがとう!」

と、やけにはっきりした口調で言ってくれたのが
印象的でした。

おかあさんは逆に、時間がかかっちゃって
申し訳なかったと思っているんだけどね(^^)

「わぁ~~~ 足まで入れる~~~
 ときどき キルトちゃんに入れるように
 ちっちゃくなって ねてたんだよね~~~」

うっ。ご、ごめん・・・

でもよかった、
まだ使ってくれる年齢のうちに仕上がって(^^;)

喜んでもらえて、"キルトちゃん" も幸せですね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作りキットへ




  テーマ:ハンドメイド ジャンル:趣味・実用
おふとんキルト・「きのみでつくろう」
2013年03月12日 (火) | 編集 |
今日は「天使の寝顔を包む おふとんキルトの会」
を作っています。

「(83)きのみでつくろう」。

これ、実は一度作ったことがあるんです。

このキットを取り始めた時、一番最初に届いたのが
このデザインでした。

その時は、刺しゅうやパッチワーク自体が初めて。
夢中で完成させたそのキルトは、
今見ると、とってもザンネンな出来栄えです。

アウトラインステッチの意味が分からず、
強引に返し縫いで進めてあったり、
フレンチノットステッチと玉止めの違いも知りませんでした。

だから、それらが分かった頃、
いつかちゃんと作り直したいと思って、
ネットオークションで見つけたキットを購入して
とってあったんです。

おふとんキルトを作るのは、今回で最後にするつもりです。

最後の最後に、一番初めに作ったキルトをもう一度、
丁寧に作って卒業にしたいと思います(^^)

   *

おふとんキルトは、今までブログにも何度か載せてきましたね。
一番初めに載せたのは、ブログを始めた2009年5月です。

 ◇ おふとんキルトの会・「海水浴」 2009/5/30

この時、「これが8回目」と書いてあります。
だから「きのみでつくろう」を作ったのは、
それより半年くらい前なのでしょうね。

この記事に、「中でもお気に入りはこちら」と書いて、
「(83)きのみでつくろう」の写真を載せています。

 ohuton02.jpg

そう、一番初めに作ったこれが、
今でもこのシリーズで一番好きなデザインです。

これは、キットにセットされている布地も格別なのです。

 ohuton83-01.jpg

この綿麻と思われるドット柄の布は、
それまでコットンプリントのブロード布しか知らなかった
わたしにとって、カルチャーショックとも言える衝撃でした。

てざわり、色合い、柄、全てが
こんな素敵な布があったのかーーー
という "目から鱗" 感。

今から考えれば、"ドット柄好き" も
この小さな端切れから始まったのかもしれません。

 ohuton83-02.jpg

小花模様の布も、ぽこぽこした加工がしてあって
こんな布もあるんだという驚きがありました。
これもその後、同じ布を見つけて買ったほど
気に入った布でした。

今見ても、どちらも当時と変わらず魅力的です。

 ohuton83-03.jpg

これが最後と思うと、ちょっと感傷的になりますね(^^)
ゆっくり、丁寧に作業していきました。

今ならアウトラインステッチの可愛らしさも、よく分かります。

 ohuton83-04.jpg

あ~、おわっちゃう~~

おふとんキルト・「(83)きのみでつくろう」、完成です。

 ohuton83-05.jpg

やっぱりこのデザインは、とびきりかわいいなぁ(^^)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作りキットへ




  テーマ:ハンドメイド ジャンル:趣味・実用
おふとんキルト・ベリーちゃん
2013年02月18日 (月) | 編集 |
今日は、久しぶりにキルトを作りました。

 ohuton000-07.jpg

フェリシモの「天使の寝顔を包む おふとんキルトの会」
・・・ぽいオリジナルキルト、その第2弾!

以前作った「サボちゃん」のキルトに続いて、
今回は、ベリーちゃんをモチーフにしてみました。

 ohuton000-08.jpg

このシリーズでは、アルファベットや図案が
円形に配置されたデザインが好きなので、
そんなイメージで作ってみました。

 ohuton000-09.jpg

フォーパッチキルトの方は、
ストロベリーつながりで、イチゴちゃんがモチーフです。

布も、思い切りキュートなものを使ってみました。

楽しかったなぁ。満足です♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作りキットへ




  テーマ:こんなの作りました♪ ジャンル:趣味・実用
おふとんキルト・サボちゃん
2012年11月30日 (金) | 編集 |
今日は、こんなのを作りました。

フェリシモの「天使の寝顔を包む おふとんキルトの会」
・・・ぽい、

 ohuton000-01.jpg

オリジナルキルトです。

以前からとっていて、
大きなキルトにつないで完成させたこともある このキットですが、
ちょっと遊んでみました。

 ohuton000-02.jpg

サボちゃんをモチーフにして、
デザインを考えてみましたよ。

このキットは、
刺しゅうのキルト・フォーパッチのキルト・
柄布のキルト、の3つで構成されています。

 ohuton000-03.jpg

そのルールに則って、
"おふとんキルト" らしい布と刺しゅう糸を選んで
作りました。

 ohuton000-04.jpg

刺しゅうのキルトの図案を考える時には、
あらかじめサボちゃんをいくつか描いて、
それらをあれこれ動かしながら配置を考えましたヨ。

 ohuton000-05.jpg

おふとんキルトのデザインは独特の世界観があって、
その雰囲気を出すのは難しいですが、
あまり逸脱しすぎない感じにできていれば
嬉しいなと思います。

キットだと、
毎回ちょっと凝ったステッチが使われていて
それを勉強する楽しみもあるのですが、
これは "できること" しかしていないので、
お花部分にレゼーデージーステッチを使った以外は
アウトラインステッチ オンリーなのでした(^^)

 ohuton000-06.jpg

オリジナルのおふとんキルトは
結構前から作ってみたいなと思っていたので、
実現できて良かったです。

楽しかった~(^^)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作りキットへ



  テーマ:パッチワークキルト ジャンル:趣味・実用