あじさいのモチーフマット
2017年08月16日 (水) | 編集 |
先日「お花モチーフの会」のレシピを整理した時、
他にも "モチーフマット" 化できるデザインないかな?
と見返してみました。

具体的には、モチーフつなぎタイプになっている
デザインですね。

すると目にとまったのがこれ。

 ajisaiCoaster01.jpg (再掲)

「あじさい」のモチーフです。

「(28)アマリリス&あじさい」ですから、
かなり初期の頃のデザインですね。

あじさいのモチーフはかなりお気に入りで、
何度も編んでいます。
この画像を載せた2011年には色替えしてますし、
他の糸で編んだこともあります。

これもモチーフつなぎっぽいので、
大きくアレンジが可能かもしれませんよね!

というわけで試してみることに。
少し編み方が複雑なので
編みはじめをどこにするかとか、
ふち編みの目数とか、
何度かやり直しましたが
こんな感じに仕上がりました。

 flowerMotif160-13.jpg

もとのデザインも、パッと見
小さなお花が重なって5つあるようにも
見えるデザインでしたが、
これもまた、小花が重なり合って
いくつもあるように見えるようになりました。

 flowerMotif160-14.jpg

もともと好きなデザインだったので、
これも気に入りました(^^)

 flowerMotif160-15.jpg

モチーフマット、集まってきましたねー。
いずれつないでみるのもいいかなぁ。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ


スポンサーサイト

  テーマ:編み物 ジャンル:趣味・実用
お花モチーフのレシピ(2)
2017年08月08日 (火) | 編集 |
去年の4月「お花モチーフのレシピ
という記事を書きました。

無印良品のA4リングファイルに綴じている
「かぎ針編みモチーフの会」のレシピが
ぱんぱんになってきたので

 kitRecipe10.jpg (再掲)

1冊増やして4冊にして入れ替えた、という話でした。
この時1冊に入れていたのは40回分で、

「4冊目は DN160までということになります。
 来年あたりには、
 早くも5冊目が要ることになるのでしょうか・・・」

と書いていたのですが、
先日作った「ネモフィラ~とニワゼキショウ」
というデザインが、まさにそのDN160です。

で、最近思っていたのですが、
1冊にレシピ40回分、というのは
それでもちょっと多いんです。
最後のあたり、紙が曲がってしまうくらい。

 kitRecipe12.jpg
 (ぐにゃ…)

最初の方はとんでいる番号があるので
良いのですが、連番でとっている近年分は
40回分フルにあるので、減らした方がよさそうです。

というわけで、またしても入れ替え。
1冊増やして、最大35回分までにすることに。

 kitRecipe13.jpg

これだと最後の5冊目は10回分入った状態になるので、
あと2年分は余裕があります。

 kitRecipe14.jpg

片付きました(^^)
ちょっと膨れていたファイルがシュッとしたので
スッキリしました。

 kitRecipe15.jpg

そういえばこの横にあるこれらの冊子は、
サニークラウズ(フェリシモの衣料ブランド)のカタログです。

ほとんど服は買ったことがないのですが、
新しいカタログが出ると送られてきます。

これがなんだか、通販カタログとは思えないような
ステキ感のある冊子なんです。

 kitRecipe16.jpg
 (洋書っぽい)

表紙の紙の質感や色合いが良いので
資源回収に出しそびれ、
1冊また1冊とたまっていっています。

 kitRecipe17.jpg

捨てられないものが多くて、
いかんですねー。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ



  テーマ:編み物 ジャンル:趣味・実用
ニワゼキショウのモチーフマット
2017年07月31日 (月) | 編集 |
先日作った「お花モチーフの会」、
(160)ニワゼキショウは
"モチーフの中にモチーフつなぎ" タイプの
デザインでした。

このタイプのモチーフでは
ある "遊び" を楽しむことができます。

 flowerMotif114-12.jpg

(114)メランポジウム、

 flowerMotif146-11.jpg

(146)シチヘンゲ、のように、

モチーフの数を3×3に増やして
モチーフマットを作ることですね。

ニワゼキショウのモチーフも、久しぶりに
モチーフマット化してみることにしました。

 flowerMotif160-11.jpg

こんな感じになりました。

このモチーフはつなぎ方やふち編みのつけ方が
わりと複雑なので、
途中で間違えて編み直したりもしましたが、
なんとかできました。

 flowerMotif160-12.jpg

モチーフマット3枚目。
最初は単なる思いつきで作りましたが、
集まってくるとなかなか楽しいです(^^)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ



  テーマ:編み物 ジャンル:趣味・実用
かぎ針編みお花モチーフ・ネモフィラ・インシグニスブルーとニワゼキショウ
2017年07月24日 (月) | 編集 |
今日はモチーフ編みをしました。

フェリシモの
「やわらかなぬくもりを大きくつないで
かぎ針編みお花モチーフ」の会
「(160)ネモフィラ・インシグニスブルーと
ニワゼキショウ」です。

タイトルが長い( >o<)

ネモフィラは、既に
「(31)ネモフィラとヒメヒマワリ」
で出ているので、
品種名を加えて差をつけないといけなかったんですね。

 flowerMotif31.jpg

ちなみに DN31 の時のネモフィラは、
こんな(↑)デザインです。
2009年に載せていましたね。

 flowerMotif160-01.jpg

さて今回ついていた糸はこの8玉。
パステルカラーのきれいな色が多いです。

 flowerMotif160-02.jpg

こちらが、ネモフィラ・インシグニスブルー
のモチーフ。

インシグニスブルーという品種は、
画像を検索して見てみると
よく見るタイプのネモフィラですね。

シジミチョウみたいなグレーのネモフィラも
ありますが、それではなくて
青い花びらのネモフィラです。
あれの品種名はこういう名前だったのか。

 flowerMotif160-03.jpg

モチーフ、とってもかわいいですね。
たくさんあるピコットがぽこぽこして
いい表情なので、
つぶさないように気をつけてアイロンがけしました。

もう一方のデザインの方は、

 flowerMotif160-04.jpg

来ましたね!
"モチーフの中にモチーフ" タイプ!

モチーフつなぎは楽しいし、
手間はかかるけれど達成感があるので
わたしは好きです。

 flowerMotif160-05.jpg

これは糸端を編みくるめる段があったので、
わりとごちゃごちゃ感が薄かったです。

糸端の始末、わたしはキライではないですが、
せずに済めば、それに越したことないですね。

 flowerMotif160-06.jpg

アイロンがけをするため、編み目を整えるのが
かなり難しくて、苦労しました。

わたしはキットの指定を無視して
勝手に2本どりを1本どりに変えて編んでいるので、
その分小さく編み上がります。
なので、花びらの長さが収まりきらないみたい。

 flowerMotif160-07.jpg

そこで、1目ずつ花びらを小さく編んでみました。
(右側の方)

 flowerMotif160-08.jpg

こちらの方が納まりがよかったので、
こっちを採用することにします。
ニワゼキショウのモチーフです。

中央の葉っぱのところも
少しつなぎ方を変えてしまったので
デザイナさんに少々申し訳ないですが・・・

 flowerMotif160-09.jpg

ニワゼキショウ、画像を検索してみたら
「これかぁーーー」
と思うようなお花でした。
春によく見かけるやつだわ。
そういう名前だったのか。

 flowerMotif160-10.jpg

今回は、なじみのあるお花の名前を
2つも知ることができて、ためになりました。

お花の名前ってなかなか覚えられないですが、
記憶に定着させたいなぁ。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ



  テーマ:編み物 ジャンル:趣味・実用
かぎ針編みお花モチーフ・ガーベラトレーシーとヒデリソウ
2017年07月11日 (火) | 編集 |
今日はモチーフ編みをしました。

フェリシモの「やわらかなぬくもりを
大きくつないで かぎ針編みお花モチーフ」の会
「(159)ガーベラトレーシーとヒデリソウ」です。

 flowerMotif159-01.jpg

キットについていたのは9玉ですね。

まずこちらはガーベラトレーシーのモチーフ。

 flowerMotif159-02.jpg

"トレーシー" というのは、たくさんある
ガーベラの品種名のひとつのようです。

ガーベラはよく切り花で見るものは
3重くらいに花びらが重なっていますが、
トレーシーはかなり花びらが細かくて
無数に重なった八重咲きの品種のようです。
言われなければ、ガーベラとは分からない感じ。

 flowerMotif159-03.jpg

モチーフは、花びらの細い感じやグラデーション、
豪華に重なった感じがよく出ていますね!

こちらはヒデリソウのモチーフ。

 flowerMotif159-04.jpg

ヒデリソウというのは、
マツバボタンの別名のようです。
検索した時のヒット件数が
「マツバボタン」の方がだいぶ多いので、
こちらの呼び方のほうが一般的のようですね。

原産地はブラジルだそうで、
乾燥に強く、夏の強い日差しの中でも
美しい花をたくさんつけるので
ついた名前とのこと。
「ヒデリ(の時にもきれいな)ソウ」と
いうわけですね。

でも昔は日照りや干ばつというのは
恐ろしいことだったでしょうから、
ちょっと縁起悪げな名称な気もしますね。

 flowerMotif159-05.jpg

モチーフとしては、白い部分がぽこぽこしていて、
黄色い花びら部分も重なりあっていて、
このキットの中では珍しく
立体的な編み上がりのモチーフでした。

 flowerMotif159-06.jpg

今回は、どちらもかわいらしい色合いですね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ




  テーマ:編み物 ジャンル:趣味・実用