Opalで編むソックスと小物の会(2)
2022年11月20日 (日) | 編集 |
身の程も弁えず とってしまった
「~毛糸にふれればみんなしあわせ~
 魔法の糸 Opal で編むソックスと小物の会」。

 opalSocks07.jpg

足首側から編んでいくタイプのソックスなので、
最初の方はまっすぐで、どうにか編んでいけました。
これは、糸玉の中心からボコっと取った糸の分
編み終えかかったところですね。
この段階でも、段染め糸を編む楽しさは
よく感じられていました。

しかし、ここからですよね、靴下の難しいところは。

かかとという難所の登場です。
このレシピでは「富士山かかと」が採用されています。
「簡単かかと」と書かれていますが、
靴下初めてのわたしにも できるだろうか・・・

 opalSocks08.jpg

まずは両サイドから減らしていくらしい。
この形が「富士山」の名称の由来なんですね。
ここまではできているはず……!

 opalSocks09.jpg

で、斜面のところから目を拾うらしいのですが、
ここはちょっと、合っているか自信持てませんでした。
針をさすところ、ここで良かったのかなぁ。

 opalSocks10.jpg

レシピの指示に沿って、ゆっくりゆっくり
山を下っていきました。

そしたらコレ、できてるっぽいじゃないですか!?

 opalSocks11.jpg

言われるままに編んだだけだから、何がどうなってこうなったのか
まるで把握できていないですが、
かかとの形ができてきていて、感動ものでした。

あとは、甲の部分を足先まで編みます。
ここは足首部分と同じ要領なので、安心です。

 opalSocks12.jpg

今回の靴下は「もぐらソックス」という種類で、
つま先がないんです。
最後はゴム編みをして、おしまい。

難しいところがかかとだけなのでハードルがひとつ少なくて、
靴下を初めて編むわたしには、ちょうど良かったです。
手の防寒具も、ミトンよりハンドウォーマの方が
とっつきやすいのと似てますね。

 opalSocks13.jpg

というわけで、はじめての靴下(片方)完成です。
できたぁ~~~!

これ、そーっと履いてみたのですが、
履けるんですよ!
足にほんとうにぴったりで、
今までに経験したことないような履き心地の良さでした。

無事仕上がって感慨深いです。
とにかくレシピが親切で分かりやすく、
そのおかげで完成にたどりつけました。

フェリシモの編み物キットのレシピは元々どれも
一手ごとに細かく編み図を書き下してあります。
このキットの場合、それにとどまらず
「この作業が必要な理由」とか
「なぜこう編むのかの指針」みたいなものが
伝わってきました。
数学の問題集でいうと「チャート」みたいな感じ。
靴下編みを始めようとする者に対する
先人からの導きと愛情を感じた気がしました。
このレシピは本当にすごい!

あと……小さなことなのですが、
これまで棒針を輪にして小物を編んだ時、
針と針の境目のところの編み目が
不自然になっちゃっていたんです。
そこが今回は境目が目立たない感じに編めたので嬉しかったです。
ちょっとコツが分かったのかもしれない♪

もう片方を編む気力はまだ出てないのですが、
ひとまずホッとしています(^^)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作りキットへ



スポンサーサイト




  テーマ:編み物 ジャンル:趣味・実用
Opalで編むソックスと小物の会(1)
2022年10月20日 (木) | 編集 |
どうして編める気になったのか、
ソックスのキットを頼んでしまいました。

 opalSocks02.jpg

「~毛糸にふれればみんなしあわせ~
 魔法の糸 Opal で編むソックスと小物の会」。

そもそも棒針編みは得意でないのに、
靴下って「かかと」という難所がありますよね。
それで今まで避けていたのですが・・・
注文した時の心理を全く思い出せない(汗)

でももうキットも手元にあるので、
挑戦するだけでもしてみようと思います。
途中でくじけたら、それはそれで
何がどうダメだったか書いておきましょう。

キットについてきたOpalという糸は、
詳しくないわたしも聞き覚えのある
人気の糸ですよね。
一度編んでみたいと思っていました。

毛75%、ナイロン25%。
1玉100gで425mとのこと。

ソックヤーンは以前、毛糸ピエロさんの
カメレオンカメラという糸を編んだことがあります。

 chameleonCamera02.jpg
(ラベルがかわいい……)

今あらためて確認してみると、カメレオンカメラも
素材はウール75%+ナイロン25%。
おんなじですね。
靴下に最適な配分の素材ということでしょうか。

さて、説明書によると
2.5mmの短5本棒針が必要、とのこと。

日本の規格では
1号→約2.4mm
2号→約2.7mm
なので、このどちらかで代用可能と書かれています。

 opalSocks03.jpg

短5本棒針は2サイズ持っています。
確認したら、3号と6号。
(どちらもたぶんあみコレに出た時のいただきもの)

ちょっとこの糸には太いですね。
新たに買うなら、1号が一番近いサイズになるのかな。

技術がないのでせめて道具はちゃんと合わせようと思って
手芸店へ行ったところ、
2号からしか置いてませんでした。

品切れ中というわけではなく、お店の方によると
「このメーカーは1号針はない」とのこと。

なぜだ!

遠慮せず作っとけばいいのにw

 opalSocks04.jpg

幸いネット社会なので、通販で
1号短棒針を買うことができました。

よし、やってみるぞー。

このキットではおすすめの作り目が紹介されていて、
これがめっちゃ参考になりました。

 opalSocks05.jpg

今まで棒針の作り目は、
途中で足りなくなって最初からやり直したり、
余りすぎてすごく長い糸端が残ったり、
うまくいかなかったんです。

でもこの紹介されているやり方だと
わたしもすんなり、無駄なく作り目ができました!
これだけでもこのキット取った甲斐があると
思っちゃいましたよ。

 opalSocks06.jpg

わたしも、ふつうにくるくる表編みをすることくらいは
できるので、しばらく編みました。
途中で模様を入れるところが出てきて
うまくいくか心配だったのですが、
なんかちゃんと編めてるっぽいですよ!

嬉しいです(^^)
つづきもがんばるぞ。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ




  テーマ:編み物 ジャンル:趣味・実用
魔方陣ブランケット(3)・完成
2022年04月12日 (火) | 編集 |
魔方陣モチーフをつないでいます。

 magicMotif09.jpg

こんなふうにつないだものも作ってみました。
3枚つないで、周りをグラニースクエア風に
囲っています。
9枚つないだものとは、周囲を編む糸の色を
変えてみました。

 magicMotif10.jpg

これを、9枚つないだものとつなぎます。

最初に編みたいブランケットの特徴として
「つなぎ方がちょっと変わってること」
を挙げました。
今回は、全てを一様なつなぎ方でつなぐのではなく、
何枚かをつないだものを "ブロック" として、
そのブロックをさらにつなぐ・・・ということが
できないか試してみています。

 magicMotif11.jpg

ブロック同士の間もグラニースクエアで埋めました。

自分でも、これがうまくつながったのが
ちょっと半信半疑というか、
偶然うまくいって良かった!という感じです。

同じ調子で、9枚つないだブロックを中心にして
上下左右に3枚のブロックをつなげていきました。

やってみて気づいた この構造の良いところは、
編み工程とつなぎ工程が交互に楽しめるところです。

モチーフつなぎブランケットって、
まずは編んで編んで編みまくって、
最後に一気につないでつないでつなぐ!!
という感じになりますが、
わたしが飽きっぽいのかワガママなのか、
編んでいればつなぎたくなり、
つないでいれば編みたくなる……

交互にどちらも楽しめるというのは、
予期せぬ大きな幸せ感でした。

さて、9枚ブロックに3枚ブロックを4つつなぐと
4隅が残ります。

 magicMotif12.jpg

ここはモチーフ1枚だけでふちを編んだものを
配置しましょう。
隙間はまた、グラニースクエアで埋めて・・・

 magicMotif13.jpg

と思ったのですが、アレ?
小さいです。
他と同じサイズだと、足りません。

他と同じように見えて、隙間が大きくなっていました。
結構これ理解するのに時間がかかって、
なんで?どこか間違えた??って悩んじゃいました。
(間違えたわけではなかった)

 magicMotif14.jpg

グラニースクエアを1段増やすと
この隙間にちょうど良いサイズになったので、
修正しつつ4隅をつけていきました。

 magicMotif15.jpg

(案外、大きさの差はパッと見は気にならない感じ)

 magicMotif16.jpg

さて、4隅がつながったら
あとは周りの凹みをどうするかです。

 magicMotif17.jpg

三角形のグラニースクエアを編んでみました。
最初ちょっと手間取ったけれど、
コツが分かれば大きさも自由自在。
大小編みました。

 magicMotif18.jpg

あと、角にも凹みがあったので、そこの分も
さらに半分の三角形を。
今回改めて感じましたが、グラニースクエアって
本当に汎用性が高いですね。

 magicMotif19.jpg

これで、編み地が四角くなりました。

 magicMotif20.jpg

最後にさらにふちにグラニースクエアを・・・
と編み始めて、

 magicMotif21.jpg

色が赤の方が締まって見えるかな?と思い直して
やり直してみたり。

というわけで、完成形はこのようになりました。

 magicMotif22.jpg

魔方陣ブランケット、できあがりです。

最初に考えた、カラフルで、初めて編む
つなぎ方が変わってるブランケット……という条件を
満たせたので、楽しく編めました。
いろいろと、ああでもないこうでもないと
工夫するのは、楽しいですね。

 magicMotif23.jpg

そういえば、モチーフを何×何サイズにつなごうか、
を考えた時、最初は4×6とか5×7とか、
ブランケットとして落ち着く長方形サイズを
イメージしました。

でも、その辺も「初めて」に挑戦しようかと思って、
5×5という「正方形」になりました。

 magicMotif24.jpg

そのせいなのか、若干「ブランケット」というより
「敷物」のような雰囲気も出ています。
魔方陣というテーマだけに、
何か召喚できそうな気も・・・

終わりが見えてきて以降はペースを上げましたが、
長い間ほんとう、気が向いたら編むという感じで
たまの楽しみになっていました。

 magicMotif25.jpg

完成してしまうと逆に少し淋しくもありますが、
無事仕上げられたこと、嬉しく思います。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ



  テーマ:編み物 ジャンル:趣味・実用
魔方陣ブランケット(2)
2022年04月11日 (月) | 編集 |
新たなモチーフつなぎブランケットには、
「フレンチポップ気分! マカロンカラーの
かぎ針編みモチーフの会」の糸を使っています。

 macronColor06-02.jpg

このキットですね。
これまでいろいろこの糸で作ってきました。

今回も「カラフルなもの」を編むならこれだな~と、
糸については全く迷わず決めました。

ただ、残り糸だけでは分量が足りないので、
もう一巡注文して買いました。

全6回なので半年がかりになっちゃうんですけれど、
モチーフ編むのに半年どころでなく費やしてるので
ぜんぜん問題ないっちゃないですね。
「濃いめの紫ほしいな」と思っても
来月とどくか半年後か分からないのが
ちょっと難点なんですけども・・・

 magicMotif03.jpg

そしてその糸を、3本に分割して使っています。

糸を割る作業はもう慣れているのですが
それなりに時間がかかるので、
わたしの1週間の余暇すべてを使って
1玉巻き直す、みたいな時も結構ありました。

 magicMotif04.jpg

この細玉がかわいいので、
分割して並べていくのも癒しの時間でした。

まぁこれは余談で、今回はモチーフを「つなぐ」
ことについて書こうと思います。

八角形のモチーフをつなぐと隙間ができます。
そこをどうするかということですが、
これはあまり悩みませんでした。
グラニースクエアを使おうと思います。

 magicMotif05.jpg

こんな感じ。
気ままに色を選んで編みました。
最終段を赤色で終えています。

以前、ミニチュアですが
この糸で編んだグラニースクエアブランケットを
作りました。
 
 vignette02-17.jpg
 (再掲)

その経験から、かわいくなるだろうと想像できたので
今回も採用してみたわけです。

 magicMotif06.jpg

これを八角形の間に入れるとこんな感じ。
うまく一辺のサイズが合うかしら……と心配しましたが、
ちょうど良い感じに収まりました。

モチーフ同士は、すくいはぎでつなぎました。
「多角形かぎ針編みモチーフ」で覚えた技法です。
時間はかかるけど、つなぐ糸の色が目立たなくて
スッキリつながるんですよね。
モチーフがカラフルなので、構造の部分は
シンプルにした方がいいかなと思いました。

これはまだ9枚分なので、編んだモチーフの一部分です。
さらに大きくつなぐにあたって、
ちょっと工夫をしてみようと思います。

周囲をグラニースクエア風に編んでみます。

magicMotif07.jpg

曲がり角とか へこんだところとかありますが
どうにかなりそうです。

magicMotif08.jpg

2段編みました。

この後 考えていることがうまくいくかどうか、試してみます。
うまくいったら、次回完成です。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ



  テーマ:編み物 ジャンル:趣味・実用
魔方陣ブランケット(1)
2022年04月10日 (日) | 編集 |
ある時ふと、モチーフつなぎをしたくなりました。

ちょっとした時間で編みためられて
都度ちいさな達成感を得られるモチーフ編みは
何度編んでも楽しいんですよね。

そこで、どんなモチーフを編もうか計画を練りました。

・カラフルなもの

・編んだことないもの

・つなぎ方がちょっと変わってるもの

このあたりが、編みたいものの条件でした。
つまり「楽しく編めるもの」という感じですね。

"つなぎ方が変わっているもの"……というのは、
四角形をつないでいくブランケットは
何回も作ったことがあるので、そうではないもの。
去年キットで作っていた多角形モチーフブランケット
みたいな、形の違うモチーフを組み合わせるタイプ
のものに挑戦してみたいと思ったのです。

そして、メインのモチーフは
少しボリュームのあるものがいいなと思いました。
さくさく編めなくてもいいので、
ちょっと手の込んだものでも面白いかな、と。

いろいろ希望を考えてみると、これに合うような
キットやパターンを探すのも難しいので、
それならモチーフもイチから自分で考えよう
ということになります。

そこで思い出したのが、以前
ダイヤモンド・ワッフルステッチの習作として作った
魔方陣ドイリーです。

 diamondMagicCircle01.jpg

これはメインモチーフの条件を満たせそう。

ただ、円形ってつなげると隙間が空いてしまいます。
ドイリーなら良いけれど
モチーフつなぎには不向きか……と
諦めかけたのですが、
ひらめきました。

最後の方で八角形にしてしまおう。

八角形くらいになると、
わりと円とそう違いがなくなりますよね。

というわけで考えたメインモチーフが、こちらです。

 magicMotif01.jpg

気が短いから大抵のものは編み直ししないわたしですが、
何枚も同じ物を編むモチーフの原案となると
さすがに慎重になるので、試し編みなどしました。
すじ編みにする/しない など細かいところを
調整しましたね。

白色の部分と、最終段を赤色で編むことだけ決めて、
あとはその日の気分で好きな色を選んで
編んできました。

 magicMotif02.jpg

で、1年くらい経って
ぼちぼちたまってきたのがこの状態です。(遅いw)

たまに1枚完成するたびに達成感で嬉しかったので、
考えた甲斐があったな~という感じです。

では次回、つなぎ方も考えていこうと思います。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ



  テーマ:編み物 ジャンル:趣味・実用