かぎ針編みお花モチーフ・チューリップ・プルケラとヘレニウム
2017年04月27日 (木) | 編集 |
今日はモチーフ編みをしました。

フェリシモの「やわらかなぬくもりを大きくつないで
かぎ針編みお花モチーフ」の会
「(156)チューリップ・プルケラとヘレニウム」です。

 flowerMotif156-01.jpg

ついていた糸玉は、今回は8玉です。

 flowerMotif156-02.jpg

まずこちらが、
チューリップ・プルケラのモチーフ。

草丈の低いタイプのチューリップ
なんだそうです。
ふーんと思って画像を検索したら、
まるで地面に置いてあるような
お花だったので、
ほんとに茎が短いな!とびっくりしましたよ。

それらの写真を見ると、このモチーフに
そっくりな配色のものもあって、
よくできてる~と思いました。

 flowerMotif156-03.jpg

まぁただ「チューリップ」って、
あまりにもあの
横から見た3つ尖ったところのある形が
イメージとして強いから、
上から見た場合は
チューリップ感が薄いですね。

 aprilGarden2014-01.jpg (再掲)

我が家のチューリップも、
こんなふうに咲く品種があるから
頭では分かっているんですけれどね。

ちなみに、お花モチーフの会では
DN101で「ビンカマジョールとチューリップ
というデザインがありました。

もう4・5年前になるのかな。
その時の "チューリップ" のモチーフは
こんな感じでした。

 flowerMotif101-05.jpg (再掲)

300種類以上のモチーフが出ている中
チューリップのモチーフがわずか2種類、というのは
お花のメジャーさに比べて少なすぎる気がしますが、
まぁそうなっちゃうよね、とも思いますね。

一方こちらは、ヘレニウムのモチーフ。

 flowerMotif156-04.jpg

かわいいですね。
こういう感じのデザインが好きなので、
楽しく編めました。

 flowerMotif156-05.jpg

モチーフだと平面ですが、
お花の写真を見てみると
まん中の花芯の部分が球体みたいに丸くて、
花びらは風で後ろへそよいだように
下向きについていて、
ちょっと変わったフォルムでした。

 flowerMotif156-06.jpg

お花モチーフのキットは2・3ヶ月遅れで作っているのですが、
ちょうどお庭にチューリップが咲くころに編めたので
結果オーライでした(^^)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作りキットへ



スポンサーサイト

  テーマ:編み物 ジャンル:趣味・実用
かぎ針編みお花モチーフ・エリゲロンとキクニガナ
2017年03月21日 (火) | 編集 |
今日はモチーフ編みをしました。

フェリシモの
「やわらかなぬくもりを大きくつないで
かぎ針編みお花モチーフ」の会
「(155)エリゲロンとキクニガナ」です。

 flowerMotif155-01.jpg

今回入っていたのは9玉です。

まずこちらが、エリゲロンのモチーフ。

 flowerMotif155-02.jpg

襟毛ロンって変換されちゃいました。
なに、襟毛って・・・

画像を検索してみたら、
見たことあるかも!というお花でした。
とても細い花びらが
まぁるく並んでいるお花です。

モチーフは、雰囲気がうまく出ていますね。
花弁が6枚、8枚、12枚のデザインがよくありますが、
これは16枚です!

ふち編みとのつなぎ方も
いつもと少し違うので、
面白く編むことができました。

 flowerMotif155-03.jpg

かなりボリューム感があって、
アイロンをかける前からしっかりしていましたよ。

もう一方は、キクニガナのモチーフ。

レシピには単色モチーフとつないで
ランチョンマットサイズにしたものの
写真も載っています。

この色合わせが素敵で、
1枚編み上がった後
きれいね~と眺めていたのですが、

 flowerMotif155-04.jpg

あれ?
ちょっと・・・色合いが違いますね。

 flowerMotif155-05.jpg

よくよくキットの糸玉を見たら、
緑系の糸が2種類ありました!

レシピで指定されている「緑」は
濃い色の方でした。
これは初めて入ってきた色です!

右側の緑色は、これまでも何度も
お花モチーフの会についてきたことがある
おなじみの色ですが、
このキットの緑系の色の中で
だいぶ濃い方の緑だったので、
すっかりこれが緑だと疑いなく使っちゃいました。

まさか新色が出るとは!
濃い緑色、とてもいい色合いです。
(十二の巻を編むのにちょうど良さそう)

 flowerMotif155-06.jpg

というわけで、これが正しい配色の
キクニガナです。

比べると、最初に編んだものは
少しぼんやりした印象ですね。
濃い緑色が引き締めてくれて、
こちらの方がコントラストが良いです。

 flowerMotif155-07.jpg

青い花弁の部分は、ところどころ
編み地が交差した部分もあって面白いです。
画像を見てみると
実際のお花の先端はギザギザしていて、
それも表現されているなと思いました。

 flowerMotif155-08.jpg

今回は本当、新色の登場に驚きました!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ




  テーマ:編み物 ジャンル:趣味・実用
かぎ針編みお花モチーフ・エゾタンポポとクルクマ
2017年02月21日 (火) | 編集 |
今日はモチーフ編みをしました。

フェリシモの「やわらかなぬくもりを大きくつないで
かぎ針編みお花モチーフ」の会
「(154)エゾタンポポとクルクマ」です。

 flowerMotif154-01.jpg

今回は 8玉入りですね。

 flowerMotif154-02.jpg

まずこちらは、エゾタンポポのモチーフ。

"エゾ" タンポポ、といいますが、
北海道以外にも分布しているそうです。
本州でも、中部~関東以北なら見られるみたい。

身の周りで咲くタンポポは大体 外来種の
セイヨウタンポポで、
エゾタンポポとの大きな違いは開花時期みたい。

セイヨウタンポポ:年中咲く

エゾタンポポ:開花は5~6月

とのこと。

画像を検索して見てみたら、
「ふつーにタンポポだな」って感じでしたが、
がくが、セイヨウタンポポは
くるんとカールしていて、
エゾタンポポはスッと花びらに沿って
カールしないそうで、
それが見分けるポイントのようです。

 flowerMotif154-03.jpg

モチーフはかわいいですね!
花びらの一番外側の部分は、細いので
アイロンがけの際、まち針でサポートして
整える必要があるかな? と思いきや、
ふちを広げただけで、きれいに広がりました。
色替えして編んでも、楽しいかもです(^^)

 flowerMotif154-04.jpg

一方こちらは、クルクマのモチーフ。

寡聞にして、初めて知ったお花です。

お花モチーフは皆、お花を正面?から見た
アングルになっているので、
検索して画像を見たら背の高いお花で
ちょっとびっくりしました。
ストックみたいに、するすると伸びる
感じのお花なんですね。

 flowerMotif154-05.jpg

アイロンをかける時、ふちの部分だけ伸ばすと
右の状態でした。

これでもいいかな?と思いましたが、
花びらはちょっと面白い編み方でしたし、
編み目が見えるようにわずかに整えて
アイロンがけしてみました。(左側)

ちょっとのことですけれど、せっかくなので
良くなりそうだったら、手をかけたいですね。

 flowerMotif154-06.jpg

クルクマは、春植え球根なんですって。
球根は チューリップが出回る
秋頃によく買うけれど、春はノーマークでした。
今年の春、売り場を見てみようかな!

 flowerMotif154-07.jpg

知らないお花のことを知れるのも、
毎月の楽しみのひとつです(^^)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ



  テーマ:編み物 ジャンル:趣味・実用
かぎ針編みお花モチーフ・ザルジアンスキアとトレニア
2017年01月05日 (木) | 編集 |
今年もフェリシモの
「やわらかなぬくもりを大きくつないで
かぎ針編みお花モチーフ」の会を
作っていきたいと思います。

今日作るのは、
「(153)ザルジアンスキアとトレニア」です。

 flowerMotif153-01.jpg

キットに入っていたのは9玉。

 flowerMotif153-02.jpg

まずこちらは、ザルジアンスキアのモチーフ。

聞いたことのない名前のお花ですが、
えらいもんで、検索すれば
お花の画像も育て方も、山ほどヒットします。

 flowerMotif153-03.jpg

レシピのお花の説明に

・夜開性
・花の裏側は赤紫色
・開いた花は真っ白
・香りが特徴

という情報が載っていました。

検索で出た画像を見ると、
昼間は花びらが半分閉じたように
くるんと丸まるようで、
白と赤紫が両方見えて、面白い感じでした。
育てたら、楽しそうなお花ですね。

 flowerMotif153-04.jpg

一方こちらはトレニアのモチーフ。

モチーフはピンク系で作られていますが、
画像を見てみると、ブルーや紺色、紫色など
いろんなカラーがあるようです。
ビオラのような色合いですね。
他の色合わせで作っても良さそうです。

 flowerMotif153-05.jpg

2本どりの指定を無視して
1本どりで編んでいるので、
少し花びら部分が薄いというか細くなって
しまったかもしれませんね。

 flowerMotif153-06.jpg

今回は、どちらも難しいところはなく
楽しく編むことができました。
今年はどんなモチーフとの出会いがあるでしょうね(^^)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ



  テーマ:編み物 ジャンル:趣味・実用
かぎ針編み指出しミトン
2016年12月26日 (月) | 編集 |
フェリシモは毎月1回商品が届くシステムですが、
カタログに載らなくなった旧作が
ほしい時に買えるコーナーもありますね。

手芸キットだと昔はクチュリエのメルスリー
という呼ばれ方をしていましたが、
今はファッション品も雑貨もキットも
Real Stock と呼んでいるようです。

この前たまたま そのサイトをみていたら、
何年も前から気になっていたキットが
出ているのを見つけました。

とてもかわいくて作りたいと思うのですが、
作りたいデザインが必ず届くわけではないので
躊躇して、頼まなかったんです。

場合によっては在庫に偏りがありますが、
そのキットは全てのデザインに在庫があったので、
全6回の中からほしかったものを
注文することができました(^^)!

 tricolorMitten01.jpg

「初心者さんにも編めちゃう スマートフォンも
楽々の かぎ針編み指出しミトン」
というのが、そのキットです。

レッグウォーマやミトンなど服飾小物は
棒針編みで作られることが多い中、
かぎ針で編める!ので気になっていたのです。

ほしかったのは「1.美しいマーメイド」
というデザイン。

 tricolorMitten02.jpg

早速編んでみます。
きつくならないよう、サイズを確認しながら
ふんわり編むのを心掛けて編んでいきました。

さすが「葉っぱ1枚」の初心者向けキット、
難しいところは なかったので
すんなり編み上がりました。

 tricolorMitten04.jpg

指やふちのあたり、
小さな手でも持てあまさないよう
少しアレンジして調整しました。

楽しかった~
かぎ針編みは伸縮性がないから
こういうものには向かないと思っていましたが、
デザインによっては全然大丈夫なんですね。

   *

ちなみに・・・
「ハンドウォーマ」と「ミトン」の
違いは何でしょうか?

なんとなく、「ミトンは厚手」
「ハンドウォーマは薄手」みたいな
イメージがありますが、曖昧です。
何か定義があって、使い分けた方が良いのでしょうか?

そもそもは、
「5本の指に分かれた手袋」を「グラブ」
と呼ぶのに対し、
「親指だけ分かれて他の4本の指は
一緒になっている手袋」を「ミトン」
と呼ぶようです。

その中で、指先が出ているタイプなので、
このキットでできあがるものは
「指出しミトン」という名前なのですね。納得。

ところでミトンの場合、「鍋つかみ」みたいな
何かの作業のために手を保護する目的で
使われるものもありますね。

ハンドウォーマでアツアツの天板はつかみませんから、
ハンドウォーマは、「用途が防寒」
と定義できるかもしれませんね。

 tricolorMitten03.jpg

それにしても、とてもよく合う3色だと思います。
ピンクに深緑を合わせる発想は、
わたしの中にはなかった・・・!

かわいいのができて満足です。

昔こども用に作ったハンドウォーマが
すごくちっちゃくなってしまったし、
明るい色なので、娘にあげようと思います(^^)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作りキットへ




  テーマ:編み物 ジャンル:趣味・実用