ビーズモザイク・レオンハルト
2017年04月28日 (金) | 編集 |
ビーズで作るFFのキャラクタ、
FF2のメインキャラを
再プレイしながら作ってきましたが、
今日は最後のプレイアブルキャラクタ、
レオンハルトです。

 beadsFFRK393.jpg

レオンハルトはマリアのお兄さんで、
養子?だったフリオニールとガイとも
いっしょに育った間柄。

帝国軍に襲われた際にはぐれてしまい、
マリアはずっと兄を探していました。

大戦艦爆破ミッションの時、
敵方の指揮官・ダークナイトが
まさかのレオンハルトであることに
気づくのですが、
後に何とか皇帝を倒し、
世界に平和を取り戻した・・・
と思った矢先にもたらされるのが、
なんと、"レオンハルトが皇帝に即位した"
という知らせだったのでした。

わたしは、レオンハルトは帝国に拉致されて
洗脳されるかどうかして
手先になったり皇帝になろうとしたり
したのかと思っていました。

でも、その後パラメキアに乗り込んだ
フリオニールたちと対峙した時、
こんなことを言っていました。

「この世を支配するものは何だ?
 それは、圧倒的な強さだ…!」

「弱き者は、強き者に支配されなければ
 生きてゆけぬのだ…!」

洗脳じゃなかったんですね。
かんぜんに、自分の意思による行動です。

たしかに、一国民だったレオンハルトを
わざわざ選んで洗脳したりする必要が
帝国側にはないですね。

ちょっと、ひきました。

この時、どえらいパワーアップして復活した
皇帝に一蹴され、
レオンハルトは反乱軍に加わり
最後の仲間としてともに戦うことになるのですが・・・

本音を聞いちゃっているので、
なんだか複雑な気分でした。

ただ、あのセリフの後にレオンハルトは

「反乱軍は…帝国の力にあらがった結果
 いくつの命を無駄にしてきたのだ…!?」

とも言っています。
彼なりに、ひとりでも犠牲を減らしたい
という思いがあったのかもしれませんね。

 beadsFFRK394.jpg

FFRKのドット絵は、FF3のデッシュに
少し雰囲気が似ているように見えました。

 beadsFFRK395.jpg

でもPSP画面上のグラフィックだと
精悍な感じですね。

   *

最終パーティが揃ったので、
秘紋の迷宮でそれぞれの専用武器を揃えました。

敵が強くなっているので、
4人分集めるのが本当に大変でした。
(たまに迷宮のボスにトードが効いたので
びっくりしました)

フリオニールがラグナロク(=剣)、
マリアがアルテミスの弓(=弓)、
ガイがギガントアクス(=斧)、
レオンハルトがロンギヌス(=槍)
だったので、各人の育てるべき種類の推奨は
一応そういう設定なんですね。

わたしはレオンハルトは
いやしのつえを振らせる係に
しちゃいましたけども。

 beadsFFRK396.jpg

よーし、武器もそろったし
皇帝倒しに行ってこようかなー!

 beadsFFRK397.jpg

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ



スポンサーサイト

  テーマ:こんなの作りました♪ ジャンル:趣味・実用
ビーズモザイク・リチャード
2017年04月21日 (金) | 編集 |
10年以上ぶりに再プレイしているFF2ですが、
アイテムのことも覚えていないものが多いので
いちいち面白いです。

「ちからのつえ」

 → 使うと攻撃力アップの効果があるかと思いきや
   説明文は「こうげきむきの つえ」。
   こうげきむき、がじわじわきます。

「ウェアバスター」

 →「ウェアけいにつよい スパイクのついたメイス」。
  なんだウェア系って。ウェアウルフとか?
  およそ30年後に「ウェーイ系」なる言葉が
  生まれることを予見したかのような説明。

「しにがみのぞう」

 →「フィアーとおなじこうかのある ぞう」
  という説明がどうでもよくなるほどオソロシげ。
  敵を倒してこんなものがドロップした時の
  恐怖といったら。

などなど、細かいところを楽しみつつ
進めています。

渦に引きこまれて気づいたら、そこは
リバイアサンの腹の中でした。

リバイアサンって、今ではもうFFの世界の中で
海の王様=巨大な海竜、という共通認識がありますが、
FF2では全体像が描かれていなかったので、
当時のこどもたちは正しくイメージできたのかなぁ
と多少疑問に思いました。

同じようにのみこまれていたのが、
ディストの竜騎士の生き残り、リチャードです。
なんという出会い方。

 beadsFFRK384.jpg
 (「新入り」という言い方がちょっとおもしろい)

 beadsFFRK385.jpg

リチャードはハイウィンドという苗字なんですね。
FF4のカインやFF7のシドもハイウィンド。
竜騎士や槍使いつながりですね。
シリーズを通した ちょっとした共通項を見つけると
楽しいです。

 beadsFFRK386.jpg
 (竜騎士勢ぞろい)

リチャードが仲間になった頃、
フィールドに出てくる敵が
ガラっと一新されて強くなりました。

物語も後半に差し掛かり、
未だに初期の頃のゴブリンなんかが出てこられても
修行にもならず わずらわしいだけ、
というシステム上のことなんでしょうけれど、
実際その世界に住んでいることを想像すると、
滅びゆく世界で町をとりまく敵が
すべからく数倍も強くなったら
とんでもない恐怖ですね。
早く世界を救ってやりたいです。

 beadsFFRK387.jpg

ここから物語は急展開で、
より強力になって復活した皇帝から
フリオニールたちを逃がすため、
リチャードは犠牲になってしまいました。

ともに戦ったとはいえ、長い期間ではなかったのに
身を挺して守ってくれるとは・・・

 beadsFFRK392.jpg

リチャードが騎士道精神を持った尊い人だった
ことは確かでしょうが、
やっぱり、故郷が滅びてしまった、
帰る場所も待つ人もいないという境遇も
ためらいなくそうさせた理由だったのかな。

 beadsFFRK388.jpg

でも、リチャードがいなければ
飛竜に乗って竜巻に乗り込むことは
できなかったですから、
活躍の時間は短くとも、間違いなく
彼はこの物語のキーパーソンの一人ですね。

 beadsFFRK389.jpg

この辺りの展開では
ミンウやシドまで死んでしまって、
悲しかったです。

 beadsFFRK390.jpg

リバイアサンに飲まれた時にはぐれたレイラが
無事だったことだけは、よかったです。

 beadsFFRK391.jpg

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ




  テーマ:こんなの作りました♪ ジャンル:趣味・実用
ドットサボちゃん
2017年04月17日 (月) | 編集 |
しばらく前から
何か「マーク」的に使えるものがほしくて、
うーんでも絵はうまく描けないし・・・
と悩んでいたのですが、
そうだドット絵ならどうだ!? と思いついて
サボちゃんをドットで描いてみました。

図案は図案として使うとして、
ドット絵はビーズ化することができます。

ビーズ好きなので、図案があると
ビーズ化してみたくなっちゃうわけですが・・・

わたしがビーズワークに使用している
"デリカビーズ" は、実は
並べた時の縦横のサイズが同じではないです。

縦1.2:横1.0? もしくは 1.1:1.0 くらいかなぁ。

一粒二粒なら大して気にならないのですが、
何粒も並べると 多少、差が感じられるようになります。
つまり方眼紙で描いた図よりも
縦長に見えるわけですね。

 sabo2017-08.jpg

ビーズ化したもの、こんな感じ。
(せっかくなのでキーホルダつけてみました)

最初に作ったのが左側で、
ちょっと細長く見えたので
少し図案を修正してふっくらさせたのが右側です。

これまでさんざん作ってきたFFのキャラクタは
図案に手を加えることなく、
画面で見たままをビーズに置き換えていますが
それほど縦に伸びた感じはしないです。
図案によって気にならない場合もあるんですねぇ。
デザインって難しいですね、楽しいけれど。

ちなみにビーズシートは裏返すと、

 sabo2017-09.jpg

簡単に左手サボちゃんから右手サボちゃんに
変身できるので、
わざわざ右手サボちゃんを作らなくても
だいじょうぶなのでした(^^)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ




  テーマ:こんなの作りました♪ ジャンル:趣味・実用
ビーズモザイク・レイラ
2017年04月14日 (金) | 編集 |
フィン王が息をひきとる際、
ディストという竜騎士の国に助けを求めよ
と言い残してくれました。

ディストは東の孤島に位置するらしく、
手漕ぎカヌーしかないフリオニールたちは
外海へ出られる船を探すことになりました。

そんな折、港町で出会ったのがレイラです。

 beadsFFRK377.jpg
 (画面 見づらくてゴメンなさい、部屋が明るくて・・・)

親切にディストへ乗せていってくれることに
なったのですが、

 beadsFFRK378.jpg

実は海賊で、逃げ場のない海に出てから
襲い掛かられてしまいました。
なんだなんだ、ワルいヤツだったのか。
忘れてたよ(^^;)

戦いに次ぐ戦いで それなりにボロい格好を
していそうな3人から
何を奪おうと思ったんでしょうね。
武器かな?

けしかけられた海賊の手下たちを倒すと、
フリオニールは彼女を
反乱軍に加わるよう誘いました。
懐広いですね。

 beadsFFRK379.jpg

パーティに加わるとナイフが二刀流で
カッコよかったです。
FFRKではどのキャラクタも武器をひとつしか
装備できないのが残念ですね。

 beadsFFRK380.jpg

天野先生の絵柄がうまく再現されていて、
フリオニールのようにカラフルで
ビーズシートを作るのが楽しかったです。

レイラの船で行ったディストでは
いろいろと頼まれて洞窟へもぐったりしたのですが、
結構迷っちゃって、うろうろしているうちに
だいぶ強くなりましたね。

 beadsFFRK381.jpg

その後ヒルダ王女たちに頼まれて
ミシディアの塔へ船で行こうとしたのですが、
直前で大渦にのみ込まれて、
レイラとははぐれてしまいました!
ど、どうなったんだろう、心配・・・

 beadsFFRK382.jpg

レイラのセリフの中でインパクトあったのは
これですね。カッコいいセリフでした。

 beadsFFRK383.jpg

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ




  テーマ:こんなの作りました♪ ジャンル:趣味・実用
ビーズモザイク・ゴードン
2017年04月07日 (金) | 編集 |
ヨーゼフが命と引き換えに残してくれた
めがみのベルを持って、
カシュオーン城へ行きました。

お城に大事なアイテムがあるのですが、
帝国軍に奪われないよう扉が封印されています。

その扉は王族なら開けることができるのですが、
第一王子であるスコットが志半ばで
命を落としてしまったため、
王族以外の者でも扉を開けることができる
めがみのベルが必要だったわけです。

扉を開けて中へ入ったら、
ゴードンがいたのでびっくりしました。

 beadsFFRK374.jpg

ゴードンはカシュオーンの第二王子です。
反乱軍のアジトのある最初の町で
うじうじしていたのに
最近見かけないと思ったら、ここへ来てたのか。

あなたいるなら、めがみのベルいらないじゃない。
ヨーゼフの犠牲が台無し( >o<)

この展開、もうちょっとどうにかならんかったか
と思いますね。

 beadsFFRK372.jpg

ヒルダ王女にも めっちゃ怒られてましたよ。
そりゃそうよ、とりかえしのつかないこと
しちゃってるんだもの。

 beadsFFRK373.jpg

パーティに加わったら、HPが強烈に低い(汗)。
これでよくこんな遠くまで歩いてこられたな。

最初からずっと鍛えている3人と
かわるがわる入る4人目の仲間と
ステータスに大きな差がついちゃうのは
そういえば昔もそうだったなぁと思いだしました。

ところで、今プレイしているのはPSP版ですが、
リメイク時に新しい要素が加わったようです。

そのひとつが「秘紋の迷宮」という
FF2の「キーワードを覚える」、
「覚えたキーワードを使うことで物語が動く」
という特色を活かしたダンジョンです。

秘紋の迷宮はクリアすると強い武器がもらえて、
クリアの仕方によってもらえる武器が変わる
という性質があるようです。

新しく入った仲間を連れて
アイテムをもらいがてら鍛えるのに
ちょうどよいのでした。

さくさくストーリーを進めて
すぐパーティからいなくなってしまうと
愛着が生まれないので
それなりの時間いっしょに行動したいですし、
覚えたキーワードも活用できるし、
いいアイデアのオマケだと思います。

 beadsFFRK375.jpg

線が細くて気弱な王子さま、ということで
FF4のギルバートに似た印象を持ったのですが、
秘紋の迷宮でもらったのが
グングニル(槍)だったので前衛で使ったら、
意外とめきめき強くなりました。

大戦艦の爆破ミッションを行った頃には
囚われたヒルダ王女も救い出したし、
たのもしく感じました。

いまわの際のフィン王にも

「ずいぶんと、たくましくなったな…。
 おまえが、我が軍の指揮をとるのだ…!」

と声をかけられていましたよ。
よかったね。

反乱軍のリーダーとなって残るゴードンと別れ、
3人は次の町を目指すのでした。

あっ。グングニル持っていかれちゃった(^^;)

 beadsFFRK376.jpg

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ




  テーマ:こんなの作りました♪ ジャンル:趣味・実用