いちごスイーツ2018
2018年06月14日 (木) | 編集 |
ちょっと前に、
ショックなことがあったんです。

初夏はイチゴの旬の時期ですが、
例年 近所のJAで、地元農家さんのイチゴが
お値打ちに出回るんです。

これを楽しみにしているのですが、
4月の終わりの「そろそろかなー?」
という頃にお店に行ったら、

「生産者減少と 栽培時の病気発生のため
今年は販売いたしません」

という貼り紙があったんです。

まじか・・・
わたしが好きなイチゴは
地元でしか流通していないものですが、
こんなことが起こるとは・・・

「イチゴ三昧」な幸せが
今年は味わえないのか…と肩を落として
いたわけです。

でも、先日買い物に行ったら
それとは違う品種だけど
めっちゃ安いパックがあったんです。

 strawberry2018-01.jpg

これはあきひめでした。
こんな小さいあきひめは、
ちょっと見たことないですね。

大きなあきひめとは別に
小さく実ったやつを集めたのかな?

でもわたし常日頃思うけれど
イチゴって、小さくてもいいですよね。
むしろその方が、ヨーグルトに入れるにせよ
ケーキに飾るにせよそのまま食べるにせよ
食べやすいように思います。
遠慮なく普通のスーパーとかでも
売ったらいいのにと思います。

それはさておき、
イチゴが手に入ったので、
さっそくこの時期のお楽しみを
やろうと思います。
(ちなみに1パック¥198でした)

 strawberry2018-02.jpg

ヘタをとって半分に切って
お砂糖をまぶしてしばらく置きました。
ヘタをとりながら数えたら
65個もありましたよ。

 strawberry2018-03.jpg

水分が出たら煮込む!
娘もこの作業が好きで、
かわるがわることことしました。

煮つめる加減が
素人には見極めが難しいですが
よさそうなところで止めて、
イチゴジャムできあがり。

 strawberry2018-04.jpg

イチゴの実だった時は
幼稚園の子みたいにかわいらしい色だったのに、
ジャムになるとぐっと大人な
宝石のような深みのある色に変わるのは
なぜだろう、不思議で美しい。

さっそくリッツに塗って
味見しちゃいました(^^)

1年に1度のお楽しみが
今年もできて良かったです。
来年は地元のイチゴが復活するといいなぁ。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ



スポンサーサイト

  テーマ:手作りお菓子 ジャンル:趣味・実用
30分で焼き菓子・いちごパウンド
2018年04月05日 (木) | 編集 |
最近マンスリークラブでのお買い物を
とめているのですが、
そのため(?)、まだ作っていないキットが
残っているのを忘れていました。

 strawberryPound01.jpg

「30分で焼き菓子」のいちごパウンド。
思い出したが吉日、で
作っちゃおうと思います。

 strawberryPound02.jpg

これはパウンドケーキタイプです。
型は小ぶりのものが5つついていますね。

 strawberryPound04.jpg

どんどん作っていきましょう。

 strawberryPound03.jpg

トッピング材料は いちごパウダー。
細かいです。
色鮮やかですね。
粒はパプリカパウダーより荒い感じかな。

 strawberryPound05.jpg

入れて混ぜてもう生地完成。

 strawberryPound06.jpg

型に入れて焼いてもう完成。

今回はかなり早かった!
いつも「30分じゃできないくせに~」
みたいに言いつつ作るのですが、
今回は35分でできました。

 strawberryPound07.jpg

ふわふわです。
いちご感はそこまで強くなくて、
誰でも食べやすい感じでした(^^)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作りキットへ




  テーマ:手作りお菓子 ジャンル:趣味・実用
春雨を考える
2018年03月25日 (日) | 編集 |
みなさんは、春雨ってお好きですか?
食べ物のはるさめのことです。

わたしは小さい頃から、春雨が
好きではありませんでした。

 harusame01.jpg

でもここ数年、チャプチェをよく作ります。
最初は外で食べたんじゃないかなと思うけれど、
家で手軽に作れるこういうのも
よく売っていますね。

これ、おいしいですね!
(あれ?春雨おいしいじゃん??)って
不思議に思ったわけですが、
よくよく考えてみると
わたしがこども時代に食べていたのは
春雨サラダというか、酢の和え物の
小鉢的な仕上がりのおかずでした。

わたし、酢の物大きらいなんですよね。

酢だこ、もずく酢、紅白なます、ぜんぶ苦手…。

春雨が嫌いなんじゃなくて、
酢が嫌いだったんだな!!と
アラフォーにして認識したわけでした。

ところで春雨って、なんなんでしょう。

見た目透明で かんてんっぽいですが、
春雨も海藻が素材なのでしょうか?
あらためて考えると、全然知りません。
春雨に興味なく生きてきてしまいましたが、
ふつうは常識として知っていることなのでしょうか。

 harusame02.jpg

調べてみると、春雨は

「緑豆(リョクトウ)やジャガイモやサツマイモの
デンプン」が材料とのこと。

たしかにスーパーの売り場の春雨コーナーの
パッケージには、
「緑豆春雨」って書かれたものがありました。

豆と芋って全然違う食品に思えますが、
どちらからも作れるとは面白いですね。

ちなみにリョクトウはもやしの原料ですね。
リョクトウの人生は、ほぼほぼ
もやしになるか春雨になるかのどちらか、らしい。

似ているものとの違いも調べておきたいです。

・葛切り

材料は葛粉。
固めたものを細長く切って麺状にした食べ物。

・ところてん

材料はテングサなどの紅藻類。
固めたものを天突きで押し出して麺状にした食べ物。
春雨の作り方は、ところてん方式に近いみたい。

・しらたき

材料はこんにゃく芋。
糸こんにゃくは板状に固めたものを細く切って作る。
しらたきはところてん方式で麺状に固めて作る。
(という違いがあるが、明確に使い分けていない場合もある)

 harusame03.jpg

・マロニー

マロニー株式会社の商品。マロニーは造語。
材料はジャガイモでんぷんにコーンスターチ
(トウモロコシでんぷん)を加えたもの。

 harusame04.jpg

さまざまな原料が加工によって
同じようなゴールにたどり着くのが面白いですね。
食べるため、生きるための工夫ってすごい。

しかしいろんな食品がある中、
「春雨」
というネーミングの美しさは
群を抜いていますね。
昔の人のセンスすばらしい。

「食わず嫌い」的な期間が長かったから
まだまだつきあいが短いけれど、
いろんな使い方覚えていきたいと思います(^^)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ




  テーマ:実用・役に立つ話 ジャンル:趣味・実用
オレンジケーキ2018
2018年02月15日 (木) | 編集 |
バレンタインデーに合わせて
うちでもお菓子を作りました。

 choco2018-13.jpg

娘が焼いたのは、おなじみの
にんじん入りオレンジケーキのマフィン。
(型はマドレーヌ用のやつかな?)

みんなチョコレート系を作るだろうから、
ちょっと違うのもいいだろうということで。

 choco2018-14.jpg

これにかわいいチョコを添えて
包もうという計画です。
20個くらい入っているのを買いましたが、
けっこう動物の種類に偏りがありました。

 choco2018-15.jpg

ラッピング用品はセリアさんのもの。
中央が小窓になっています。

 choco2018-18.jpg

こういうワイヤータイの止め方もあるんですね。
口をキュッとしぼってひらひらさせる止め方が
昔からありますが、あれ難しいですよね?
わたし全然きれいにできなくて
くっちゃくちゃになってしまいます。
これはスッキリまとまって
こどもでもいい感じにラッピングできるので
いいですね!

というわけで今年もいろいろ交換していました。
娘が通っているスポーツクラブの友達とも
よく帰省や旅行のお土産なんかを交換しています。
キッズクラスの次の時間帯の
ヨガ教室の顔見知りのおばちゃんにも
あげたりしていましたね(^^)

 choco2018-16.jpg

で、このケーキ自分たちでも食べたくなったので
夜に二人でまた焼いちゃいました。
今度は買い置きのパウンドケーキ型で。

 choco2018-17.jpg

もはやバレンタイン全く関係ないですけれどもね、
おいしかったです♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ




  テーマ:手作りお菓子 ジャンル:趣味・実用
はじめての水ようかん
2018年02月11日 (日) | 編集 |
我が家の娘は水ようかんが好きなんですね。

だから夏場のおやつに
ちょくちょく買ってあげるんですけれども、
9月に入ったら急に売り場から
消えてしまうんです。

9月ってまだまだ暑くて
ぜんぜん「秋感」なんてないので、
つめたい和菓子を置いていれば
売れると思うのですが、
ファッションも食べ物も
何でも季節を先取りですね。

で、そのことをツイッターでつぶやいたら

「水ようかん、作ったらどうですか?」

とメッセージをもらったのです。

水ようかんを作る!!

マフィンとかケーキは一般家庭なりに
作れるので作ることがありますが、
和菓子は「職人の技」みたいな
イメージがあって、
自宅で作るという発想がありませんでした。
作れるのか・・・!

先日 娘が久しぶりに水ようかんが
食べたくなったというので、
満を持して、初水ようかん作りを
試してみようと思います。

 youkan01.jpg

こしあんを買ってきました。

井村屋さんのあんこは
缶に入ったゆであずきをよく買いますが、
こういう形でも売っているんですね。

袋いっぱいのずっしりしたこしあん、
とても存在感あります。
あんこ大好き川田アナだったら
このまま食せそうですね。

 youkan02.jpg

娘といっしょに作業開始。
こしあんを、溶かした寒天と混ぜて
お鍋でコトコトすればできるらしいですよ。
ゼリーと同じ手順ですね。

 youkan03.jpg

小分けして冷蔵庫で冷やしました。
30分くらいして、どうかな?と見てみると、

 youkan04.jpg

お、ちゃんと固まってますよ!

 youkan05.jpg

プッチンプリンみたいに
パカッと出すこともできました。
水ようかん、自宅でできるものなんですねぇ。

 youkan06.jpg

包丁で簡単にカットできたから、
水ようかんにしては ちょっと固めだったかな。
お好みで、次回は寒天や水の量を
調節したらよさそうですね。

これで、また暑くなって
水ようかんが出回る季節になるまで
しのぐことができそうです。
夏には職人の水ようかんを
また買ってあげよう。

ブログでも同じようなことがありましたが、
知らないことを教えてもらえて
SNSはありがたいですね(^^)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ




  テーマ:手作りお菓子 ジャンル:趣味・実用