ばっさりレッドロビン2017
2017年06月28日 (水) | 編集 |
今年も結局のびました。レッドロビン。

 garden2017-43.jpg

去年の秋、かなり強めに伐ったのですが、
春の剪定なしでいけるわけではなかったですね。

今年はツツジのお花が咲いて
1週間ほどかけてお手入れが終わって、
その後でレッドロビンにとりかかりました。

ツツジより前にレッドロビンを伐ると、
その後ツツジを伐り終わる頃に
また伸びてる!ということが起こりうるので
一度で済むよう後回しにしたのです。

そのおかげで、通路が封鎖され気味なので
伐っていこうと思います。

 garden2017-44.jpg

この角のところも狭い(×o×)

こんどガス会社さんが点検くるってお知らせが
来ていましたが、それまでに枝を落とさないと
かわいそうですね。
(この四角いのがガス関連のパネルだったはず)

 garden2017-45.jpg

剪定ついでに、落ちてる枯れ葉も拾います。
しゃがむと、気づかなかった雑草も
目に入ってきて、それらも抜きました。

というわけで2週間ほど格闘して
まぁこんな感じになりました。

 garden2017-46.jpg

ちょっと整える程度で良かった木もあって、
秋剪定の甲斐が、少しはあったみたいです。

スッキリしたので、でかける時に
眺めて「よしよし」なんて思っています(^^)

1ヶ月近くにわたって可燃ゴミの大きな袋が
次から次へと出ましたけれど、
娘がゴミ出しを引き受けてくれたので
とても助かりましたよ。

さて、ツツジとレッドロビンをかまっている間に
庭の方で咲き終わったお花とかいろいろあるので
次はそっちのお手入れにかかろうかなー。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ



スポンサーサイト

  テーマ:樹木・花木 ジャンル:趣味・実用
チューリップの種
2017年06月07日 (水) | 編集 |
2013年の秋に、ミニミニチューリップ
の球根を植えました。

 OctoberGarden2013-11.jpg
 (パッケージではこんな感じ)

咲いたらパーっと花が開いて
写真と随分違って見えたので驚きましたけれど、

 aprilGarden2014-01.jpg
 (2014年4月)

植えっぱなしにしていたら
翌年以降も花が咲いて、
結構楽しませてくれています。

 garden2015-19.jpg
 (2015年4月)

チューリップって、お花が終わったら
花茎を切って球根を太らせるのが
セオリだと思います。

でも昨年、いろいろバタバタしていたので
手入れが行き届かず、
咲き終わったそのままにしていたら
何か、できたんですよ。

何かって何よって思うと思いますけれど、
詳しく観察したり写真を撮ったり
しそびれたので、
わたしもよく分からないまま終わってしまいました。

なので今年はきちんと確かめるべく、
いけないのは分かりつつ
花茎を切らず、そのままにしてみました。

 garden2017-40.jpg
 (2017/5/20)

お花が咲いて1ヶ月ほど経った頃の
写真がこちら。

何か、できてますでしょ。

これがさらに10日ほど経つと、

 garden2017-41.jpg
 (2017/5/30)

パカ。
かりかりになって、割れました。
おくらみたいな感じですね。

なんと、種ができるんですねー。

チューリップは「球根で育てる」という
イメージが強いので、
種ができるとは思いもしませんでした。
え、種? 種だよね?? って感じです(^^;)

ここで採りそびれると、風で散らばってしまうので、
昨年はこの後気がついたのが、種がこぼれて
からっぽになってしまった後だったわけですね。

少し調べてみたところ、
チューリップは種からも育つが、
蒔いてから花を咲かせるまで
5・6年かかるとのこと。
すこーしずつ太らせていく必要があるんですね。

球根は、植えて半年でお花が見られますし、
咲くお花が確実に親と同じというメリットもあるので
球根の状態で流通しているわけですね。

ちなみにこのようにして種をつけた場合、
地中の球根はふとらないので
来年度 咲く確率が落ちるそうです。

たしかに今年はひょろひょろだったり
あんまり咲かなかったりしました。
やはり基本的には、花茎は
ちゃんと切ってやるべきですね。

 garden2017-42.jpg

わたしはマメではないので
途中でダメにしてしまう可能性は高いですが、
この種は蒔いてみようかなと思います(^^)
(球根と同じく、秋蒔きで良いみたいです)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ




  テーマ:ガーデニング ジャンル:趣味・実用
パセリ事件
2017年05月31日 (水) | 編集 |
ちょうど1年前、庭の畑スペースに
おとうさん(=主人)が思いつきで
パセリの苗を植えました。

 farm2016-90.jpg
 (2016/6/1)

これは、無事根付いたころの写真。

 farm2017-08.jpg
 (2016/7/8)

特別お手入れもせず、水やりだけしていました。

 farm2017-09.jpg
 (2016/10/2)

去年は、あっという間に大きくなった ししとうや
50本以上採れたきゅうりに目が行っていましたが、
写真を見返すとパセリもじわじわ大きく
なっていっていたみたいですね。

正直パセリは食べるわけでもないので、
おかずが「オール茶色」になってしまった日に
少し採って飾ったりする程度でした。

冬の間も寒さで枯れることもなく、
昆虫も興味ないみたいで、
今年になってもまだ元気です。

 farm2017-10.jpg
 (2017/5/7)

ゴールデンウィーク辺りには
ミニチュアの大木?みたいになっていました。

鮮やかな緑色でもこもこしているので、
これはこれでわりとかわいいですね。

 farm2017-11.jpg
 (2017/5/20)

暖かくなるにつれて
加速度的にさらにぎゅいんと伸びて、
ちょっとおもしろい姿になりました。

 farm2017-12.jpg

この時よく見ると、枝?の一番先端が
つぼみのようになっていました。

パセリのお花が見られそうですね。
ふつう野菜にお花が咲いたら
固くなって食べられなくなるので
良くないですけれど、
パセリは別に、咲いてもいいですね。

どんなお花だろう?と
楽しみに数日水やりしていたのですが、

 farm2017-13.jpg
 (2017/5/28)

ああっ。

ある週末、めずらしく庭の草など抜いてくれていた
おとうさんが、

「じゃまだから」

と言ってパセリの伸びた茎を伐採してしまいました。

いみわからん・・・

今からいいところなのに。
わたしの探究心をどうしてくれる。

おとうさんは以前、「今から咲くぞ!」と
のびてきたヘリクリサムの花茎を

 juneGarden11.jpg
 (こんなやつ)

「なんかのびてたから」

と伐採したことがあります。

いみわからん・・・

春に、つぼみを伸ばしてきた
チューリップの先端を切りますか?
切らないでしょ?
それと何が違うの??

「メインが葉っぱ」の植物に咲くお花に対する
認識が、軽すぎる気がしますね。

たまにおとうさんがやる気を出すと何かやらかす、
というのは、どこのご家庭でも起こるあるあるでしょうか。

まぁパセリはおとうさんが買ってきた苗だし、
しょうがないですね。

ヘリクリサムは今咲き始めているから、
念のため今年も声をかけておこうと思いました。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ




  テーマ:野菜づくり ジャンル:趣味・実用
新たなる謎の木
2017年05月10日 (水) | 編集 |
庭に生えてくる草は基本的に抜きますが、
時折、なんだろう? と気になった草を
残して様子を見てみることがあります。

 garden2015-08.jpg
 (ビフォー)

小さい頃は分からなくても、
大きくなると種類が分かったりします。

 garden2017-02.jpg
 (2年後)

これは分かりやすかった、ナンテン。

 juneGarden2014-27.jpg

これはあれよあれよという間に
松の木に変身して正解が分かった苗。

 juneGarden2031-05.jpg
 (ビフォー)

これは現在も観察中、
「秋楡」かな? と思っている苗の最初の姿。

 garden2016-56.jpg

去年の夏、こんな感じになっていました。
今、また新芽が出てきれいです。

 aprilGarden2014-06.jpg
 (ビフォー)

これも3年くらいかけて、

 garden2017-24.jpg

ユキヤナギっぽいぞ!と分かってきたところ。

で、去年の秋に、レッドロビンの足元に
生えていたのがこれ。

 garden2016-108.jpg

横のレッドロビンの根っこが地中で分岐した?
こぼれ種なんてことが起きる??
このままでいいんだろうか、と気になりつつも
掘り上げたりしないうちに今になっています。

先日、その辺りの雑草を抜こうとして
気づいたのですが、
この草にも新芽が出てきていました。

 garden2017-37.jpg

・・・あれ?

ぜんぜん赤くないじゃん。

レッドロビンは古い葉っぱが紅葉するのではなく、
新芽が鮮やかな赤色をして生えてくるのが特徴です。

ふつうに緑色の葉っぱが出てますよ?
レッドロビンじゃなかったの?
めちゃくちゃ似てるのに・・・

謎の木が増えてしまいました(汗)。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ




  テーマ:花と生活 ジャンル:趣味・実用
イベリス成長記
2017年05月02日 (火) | 編集 |
イベリスが今年もきれいに咲きました。

 garden2017-36.jpg

だんだん株が大きくなってきたなとは
思っていたのですが、
今年は本当にいっぱいのお花が咲いて
家の中からも眺められるほどでした。
新芽の出てきたアジサイも、埋まっちゃいそう。

ずっととっている「お花モチーフの会」に
「イベリスときんせんか」という
デザインがあって、
お店で苗を見た時に(これがイベリスか)と
何気なく買ったもので、
その時には宿根草という意識もなかったです。

何年か植えてあるうちに好きになってきて、
ブログには3年前から写真を載せていました。

 aprilGarden2014-13.jpg

2014年の写真がこれ。
ほんの一株ですね!

この時の記事に、

「植えてからの数年間
ほとんど大きさが変わっていないように思う」

と書いてありました。
だから植えたのは少なくとも2012年より前かな。

あまり大きくならないタイプの
植物なんだ、と思っていましたが、

 garden2015-23.jpg

2015年、

 garden2017-34.jpg

そして去年、と
あらためて写真を見返すと
倍々に大きくなっている感じですね。

イベリスのお花はゆっくり咲き進んで
長く楽しめるし、
お手入れらしいお手入れも特にいらず、
虫もつかず、
日陰でも育つ、と
いいことずくめな品種だなぁと思います。

 garden2017-35.jpg

まだまだしばらく楽しめそうです。
庭にお花が咲いていると、
それだけでなんだか嬉しい気分です(^^)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ




  テーマ:■お花が好き♪ ジャンル:趣味・実用