あじさいちゃん2018
2018年06月15日 (金) | 編集 |
ひさしぶりのヒトガタを
ひさしぶりのあじさいちゃんで作りました。

 hitogata2018-60.jpg

前 書きましたが、
あじさいちゃんのお花の型紙を見失ったので
去年は作ることができませんでした。

今年は型紙も出て来たし
庭のアジサイも復活したし
なかなかの幸せです(^^)

この子はクリマに持っていこうと思います。
大きなヒトガタはかさばるから
あんまり持っていけないですが、
あじさいちゃんは去年出せなかったですからね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ



スポンサーサイト

  テーマ:編み物 ジャンル:趣味・実用
プリンセスよつばちゃん
2018年05月29日 (火) | 編集 |
昨日載せたシロツメクサの冠を使って
こんな子が誕生しました。

 hitogata2018-31.jpg

いつものよつばちゃんですが、
少し仕上げを変えて
お姫様っぽくしてみました。
冠ですからね。

作りながら最初は「しろつめちゃん」に
なるかなと思っていましたが、
それはよつばちゃんと同義語だと思って
こういう形に落ち着きました(^^)

 hitogata2018-32.jpg

よつばちゃんがかぶる前に一度、
つばきちゃんもかぶらせてもらっていたのでした。

   *

先日「よつばと!」の最新刊を買いました。

 twitter129.jpg

この巻では結構よつばちゃん
スカートを履いていて、
おひめさまになる話もあったりして
意外と女の子っぽいところが
あるんだなと思いましたよ。

発売記念として東京駅で原画の展示が
あったそうで、見たかったな~と思います。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ




  テーマ:編み物 ジャンル:趣味・実用
ちいさなさくらちゃん
2018年03月29日 (木) | 編集 |
今日作ったのは、
おなじみ さくらちゃん・・・ですが、

 hitogata2018-20.jpg

ちょっといつもと違うところがあります。

それは、大きさ。

実は小さいのです!

 hitogata2018-21.jpg
  「つばき先輩~!」

あみぐるみを小さく編もうとする場合、
「編み図を変える」という手段の他
「糸を細いものに変える」という手段も
考えられます。
(多くの場合、このふたつの複合手段です)

糸を替えると、
たとえば同じピンク色系の細い糸があっても
元の糸とは微妙に色合いは違ってきますね。

しかし同じ糸を細くして使えば
色合いは全く同じです。
ベーシックコットンがほぐせることが分かったので、
3本にほぐしたものを使って
いつものフラワー娘。ができるかどうか
試してみたのでした。

編み図を変える必要なく小さくできたので
面白かったです。

糸をほぐすことは
その糸を設計し、作った方にとっては
ガッカリなことだと思うのですが、
申しわけないと思いつつも
表現の幅が広がることが面白くて
今は やってしまっています。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ




  テーマ:編み物 ジャンル:趣味・実用
ちとせちゃん
2018年03月21日 (水) | 編集 |
昨日は良い式でした。
こどもたちの思い出深い式になるよう
心をこめて準備してくださったんだなというのが
伝わってくる式でした。

在校生として出ていた4・5年生も
大人よりも立派な居住まいで
歌やメッセージも美しかったし、
校長先生が一番泣いてたし(^^)

娘の担任の先生は、
ZARDの「負けないで」を
「ぼくが生まれる前の曲だ」と言って
愕然とさせられたくらい若い方なのですが、
先生にとって初めての卒業生になるこのクラスを
熱心に指導してくれました。
たぶん1年前から、この卒業式の日に向けて
1日1日を積み重ねてくれていたんだと思います。
ほんとうに、幸せな小学校時代だったなと思います。

ブログやツイッターで、娘にお祝いの言葉もいただきました。
ちょこちょこ娘のことにも触れているせいか
小さい頃から知ってくださっている方もいて、
遠くに住んでいる方にも成長をゆるく見てもらっていて
ネットの発達した時代ならではの幸せだなと思います。
ありがとうございます(^^)!

   *

さて昨日載せた袴姿のヒトガタあみぐるみについて、
ちょっと補足で書きとめておきますね。
昨日は他のことで記事が長くなってしまったので…。

 hitogata2018-15.jpg

実際の卒業式には、
「着物を着てこないように」というお達しが
半年以上前から出ていました。

数年前に、和装が増え始めた時期が
あったんじゃないかと思います。
中学の準備で物入りになる時期なので、
家庭の負担を減らすという意味で
学校が気をつかってくれていると解釈しています。

だから実際に着ることはなかったですが、
「卒業式→袴」のイメージは強いし
かわいらしいですよね。
なので、この機会に挑戦してみました。

和装は一度、お正月作品として作りましたが
袴は初めて作りました。
正しい袴の構造を分かっていないので
雰囲気をそれっぽくしただけですが、
わりと作りやすかったです。

「ワンダークロッシェ」の本で覚えた
リブ・クロッシェの技法を使っています。
端が がたがたに編み上がるのですが、
それが意外とプリーツ感に一役買って
よかったのではないかと思います。

リブ・クロッシェの編み方は
思った以上にあみぐるみに利用できて
重宝していますね。

「卒業式に合わせて袴の子を」という構想は
何年か前からあったのですが、
ちょうどその年に
袴の実現に使える技法を知れたのは
良い偶然だったなと思います。

 hitogata2018-16.jpg

頭の飾りは紅白のつばきで華やかにしました。
髪形もいつもと少し変えて和風に寄せています。

 hitogata2018-17.jpg

卒業証書の筒は
ちょっとした紙で作りましたが、
案外良い感じにできたと思います。
この模様はワニ柄なんですってね。

(とある制作会社の社長さんがある時
「高級そうに見えていいんじゃない(^^)?」
という思いつきでワニ柄の賞状筒を作ったのですが、
今や賞状筒のシェアはこの1社オンリーだそうで、
卒業式と言えばこの柄の筒!という固定イメージが
浸透してしまった…という豆知識を知りました)

 hitogata2018-18.jpg

娘の人生の節目に
はなむけとして作ったものなので、
かわいくできて良かったなと思っています。

 hitogata2018-19.jpg

ちなみにこの子は
ちとせちゃん、という名前が浮かんだので
そう名付けました(^^)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ




  テーマ:編み物 ジャンル:趣味・実用
なばなちゃん2018
2018年03月12日 (月) | 編集 |
フラワー娘。の頭のお花は
それぞれ型紙を作ってあるのですが、
あじさいちゃん用の型紙が
どっかいっちゃったんですよね。

だから去年の梅雨時期などに
作りたかったのですが、
あじさいちゃんを作ることができませんでした。

でも先日部屋を片付けていたら、
思いもよらぬところに
きちっと片付けてあったんですよね。

いつ、なぜそこにしまったのか
全く思い出せないのですが・・・
まぁ…、見つかったから良しとします。

というわけで
「あじさいちゃんを作りました」・・・
となるかと思いきや、
今日作ったのは、

 hitogata2018-11.jpg

なばなちゃんです。

頭のお花をあじさいちゃんの仕様で
作ってみました。

 hitogata2018-12.jpg

小さなお花が集まった菜の花の感じが
より出たかなと思いますが、どうでしょうか。

 hitogata2017-09.jpg (再掲)

今までのなばなちゃんは(↑)こんな感じ。
お花1輪でした。
黄色が鮮やかに映えるので
こちらも気に入っています。

 hitogata2018-13.jpg

またあじさいちゃんも、
今年は作りたいですね(^^)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ




  テーマ:編み物 ジャンル:趣味・実用