ブルーナワークス(5)・モチーフマット
2009年08月16日 (日) | 編集 |
ブルーナさんにちなんだものを編んでみる企画の5回目です。

今までは、絵本に出てくるものなどをお手本にして作ってきましたが、
今回は、ブルーナカラーを用いた小物を作ってみました。

 Bruna05-01.jpg

お花のモチーフをつないだマットです。
サイズは21.5×36.5cmになりました。

ブルーナカラーの糸であみぐるみを作っていて、
雑貨も作ってみたくなったんですよね(^^)

はっきりしたカラーなので、こども部屋とかに合いそうかなと思います。
とりあえずこの大きさで完成としましたが、
使う時、場所に合わせて編み足してもいいなと思っています。

モチーフは特に参考にしたものはなく、わたしが考えてみたものです。
デイジーやアスタリスク(*)の形が好きなので、
大小のアスタリスクを組み合わせた感じに編んでみました。

 Bruna05-02.jpg

本などを見て編む場合は大丈夫ですが、自己流で編んだモチーフって、
うまくつながるかどうかハラハラしますね。
最終的にアイロンをかけて伸ばすところまでいかないと、
本当の姿は分からないし。
編んだものが無駄になってしまわないか、ドキドキしながら編みました。

   *

モチーフの形状以上に頭を悩ませたのが、配色です。

ブルーナさんのイラストを見ると、
色の配置が抜群にうまいですよね。

 Bruna05-04.jpg Bruna05-03.jpg

これらのカットなんか、文句のつけどころがない、という感じ。
(「ブルーナミュージアム―ミッフィーのすべてがわかる
(2001/03) 白泉社」より)

「いちばんわかりやすく、快く受け止めてもらえるように
考え抜いた結果、生まれる色とかたち」と評されているのを
読みましたが、本当にそのとおりだと思います。

「適当」大好きのわたしも、
今度ばかりは「適当に」つなぐわけにもいきませんから、
イラストを参考にしたりしながら
少しでも気持ちの良い配色になるよう心を配りました。

ついつい、無難にバラして配色してみたくなるんですが、
ブルーナさんのイラストだと、大胆に同じ色を固めたり
してあるんですよね……。この辺が、大きな差を感じます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ



  テーマ:編み物 ジャンル:趣味・実用
ナチュラルテイスト(5)・ドイリー
2009年08月11日 (火) | 編集 |
ここ数日ハマっている、「ナチュラルテイスト」の糸ですが、
あみぐるみにもいいんですが、やっぱり雑貨が編みたい気分になります。

そこで今日は、こちらの本を参考にドイリーを編みました。

ビーズも楽しむモチーフ&ブレードかわいいかぎ針編み (SEIBIDO MOOK)ビーズも楽しむモチーフ&ブレードかわいいかぎ針編み (SEIBIDO MOOK)
(2008/10/30)
Sachiyo*Fukao

商品詳細を見る

naturalTaste21.jpg

これは編みあがったままの状態です。
アイロンをかけてないのに、いい具合ですね。
わりとしっかりした手触りに仕上がっています。

無理に伸ばすとペラペラになってしまうかもしれないし、
これはこのままで完成、で良いかと思います。
ずっとほしかった、ポットマットにしようかな?

もう1色、濃いめの茶色い糸とかあったら、
合わせてみてもかわいかったかもですね(^^)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ



  テーマ:編み物 ジャンル:趣味・実用
矢車のドイリー
2009年06月23日 (火) | 編集 |
余りレース糸、実はまだまだあって、こちらは生成りの糸です。
(夜撮ったので、写真では色はうまくお伝えできてないかも…)

 yaguruma01.jpg

これまた糸端くっちゃくちゃ(笑)。
作りかけのモチーフ?ドイリー?のようなものがくっついていました。

それはほどいて、新しいドイリーを編むことにしました。
今回はこちらの本を参考にしました。

「レース編みのドイリー」日本ヴォーグ社

レース編みのドイリー (リバイバルBOOKS)レース編みのドイリー (リバイバルBOOKS)
(2000/05)
不明

商品詳細を見る

ねじれながら模様ができていくのが面白そうだったので、
矢車模様のドイリーを選んでみました。(P.38)

中心はこま編みばかりなので、編んだ段数ほど大きくならない印象です。
(25段ほど編みました)
矢車ができあがったら、あとはベーシックなネット編み。
本当は一番外側にバラのモチーフを13枚作って編みつけるのですが、
あまり甘い感じのドイリーにしたくなかったので、
ネット編みの部分までで完成ということにしました。

いくつかのレース玉に挑戦しては挫折していた「以前のわたし」ですが、
それはどうも、アイロンの威力やあて方を知らなかったからじゃないかなぁ
という気がします。

"編んでいても、ドイリーなのに平らにならず波打つし、模様やカーブも
ガタガタだし、このまま苦労して編み続けても意味ないんじゃ──"

と思って、途中で打ち捨ててしまっていたんじゃないかと思うんですよね。

ほんとうは、編み上がった後のアイロンかけが勝負!
ここでピシっと平らにして、サイズも決まってくるんですが。

 yaguruma02.jpg

今回のドイリーだって、編みあがった段階ではこの状態。
確かに、この上に花瓶とか置く気にはならないような絶望的存在ですよね(笑)

でもここからが一番楽しいところで、
アイロン台の上に編みあがったドイリーを置いて、
ほどよく伸ばしながらまち針を打っていきます。

 yaguruma03.jpg

「ほどよく」と言いつつ、結構しっかり引っ張っちゃってOK。
毛糸製品って、セーターとかカーディガンとか、ゆめゆめ腕をひっぱったり
しないように扱うものですが、モチーフやドイリーはその既成概念を捨てます。

 yaguruma04.jpg

こころゆくまで形を整えたら、きれいな平らなドイリーが見えてきます(^^)

ここへ少し浮かせながらスチームアイロンをかけるのがわたしのやり方です。
そしてしばらくそのまま冷まして置いた後、まち針を全部抜けばできあがりです。

 yaguruma05.jpg

編み上がりの時とは、まったく違う姿ですよね。


   *

それにしてもこの糸、編んでいくとくるくるねじれて、
とても編みづらかったです。

何度も途中で針を止めて、糸のねじれをなおして、また編み始めて…。
なんのせいでしょう?
糸端を外側から取ったからかなぁ?

まだ残っているので、次は内側から取って試してみようと思います。



  テーマ:編み物 ジャンル:趣味・実用
トロのスクエアドイリー
2009年06月17日 (水) | 編集 |
まだ残っているレース糸を消費すべく、またドイリーを編みました。
丸いドイリーばかりあっても使い道に困るので、
今度は方眼編みで四角いドイリーを編むことにしました。

どこでもいっしょのトロと、こねこトロをデザインしてみましたヨ。

 toro-doily01.jpg

もともとポケットステーションと連動させて遊ぶゲームソフトのキャラクタなので、
トロをドットで描くのはとてもカンタンです。
そして、単色ドット絵と方眼編みは、相性抜群。
編み図を描くのも、Excelを使ったら早かったです。

 toro-doily02.jpg

あとは方眼編みは、くさり編みと長編みの組み合わせなので
編むのも難しくありません。

1段目を編んでいる時など、先は長いなぁという感じですが、
わたしはこの、1段1段 絵柄が現れてくる、機織りみたいな作業は嫌いじゃないです。

今回は、もう1本持っていた8号のレース針で編んでみました。
そうしたら、糸ははずれない!
やっぱり、針が合ってなかったんですね。(気づくの遅!)

ふち編みには、ちょこっとだけハートをつけました。
(ハートですよ、一応!)

 toro-doily03.jpg

   *

1999年7月22日にPlayStationで「どこでもいっしょ」が発売されてから、
今年でもう10年が経つことになるんですね。
10周年に合わせて新作ソフトが発売されたり、イベントもあるようです。

10年間、いつもトロといっしょだったなぁ……。
今も、娘のランドセルや給食袋に、トロがいます(^^)



  テーマ:編み物 ジャンル:趣味・実用
パイナップルドイリー
2009年06月12日 (金) | 編集 |
まだまだあるレース糸を消費すべく、またドイリーを作ってみました。

 doily2-01.jpg

「yasasiikaze」 さんが公開してくれている編み図を基に編みました。

「レースのドイリー」というイメージそのもののようで、素敵です。

単調にならず、次第に出てくる模様を楽しみに編んでゆける
良く考えられたデザインだと思いました(^^)

ちょっと間違えてしまったところもあるんですが、
多少のミスはごまかせてしまうのが、編みもののおおらかなところですね。

サイズは直径約30cm。
アイロン台の幅ギリギリの大きさになりました。

もっと大きなドイリーを編む方は、どうやってるんでしょうか?
四角いモチーフ編みのブランケットなんかは、
何回かに分けてアイロンがけして作ったことありますが、
丸いドイリーは、歪んだらイヤなので、一度に伸ばしてかけたいですよね??

   *

使ったのは、10号レース針です。

レース糸と一緒にレース針も「タンスの肥し」状態になってたので、
久しぶりに使いました。
ひっかける部分が小さいので、よく糸がはずれて難しかったです。

(後から思いましたが、糸に針が合ってなかったということかもしれないですね。
レース糸は経験不足で、どのくらいの太さにどの針が合うか、
まだパッと分からないです)

そのあと、いつもの毛糸を編もうと3/0号のかぎ針に持ちかえたら、
やたら太く見えて、「うわっ、ふと!!」と声を出してしまいました(笑)。

3/0号針って、十分細いと思うんですけどね。

   *

それにしても、ずいぶん編んだと思うのに、
全然糸が減ったように見えません……。
どうしたらいいんだ……。



  テーマ:編み物 ジャンル:趣味・実用