こぎん刺しくるみボタン…?(3)
2014年01月10日 (金) | 編集 |
先日、こぎん刺しのオリジナル図案で
ヘリンボーンに挑戦しました。

それはこぎん刺しとは呼べないものに仕上がったのですが・・・

今日はこぎん刺しのヘリンボーン、第2弾が完成!
こちらです。

 koginButton00-07_2013121418002560f.jpg

どうでしょう、今回はれっきとしたこぎん刺しくるみボタンが
できあがりましたよ(^^)!

 koginButton00-08_201312141800277bc.jpg

簡単な方眼紙を作って、あぁでもないこうでもないと
デザインを考えました。

一見規則的なようでいて、意外と刺す目数が数えにくいので
難しかったですが、
広い面積を刺したらきれいかもしれません。

成功が嬉しかったので、色を変えてもうひとつ刺しました。

 koginButton00-09_20131214180028260.jpg

西洋の意匠を東洋の技法で表すのは面白いかな、
という思いつきだったわけですが、
もしかしたらこういうこぎん刺し模様も
既に刺されているかもしれませんね。

"プレアデス" と" すばる" とか、同じ星座を西洋と東洋と
それぞれとで名前をつけて呼んでいたように、
ヘリンボーン柄も、そう呼ばれないだけで
昔の日本で使われていたかもですね。

 koginButton00-10_20131214180030b02.jpg

ともあれ、何とかまともな
オリジナルこぎん刺しが作れたので、ようやく満足です(^^)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ




  テーマ:ソーイング ジャンル:趣味・実用
こぎん刺しくるみボタン…?(2)
2014年01月02日 (木) | 編集 |
お正月なので、和風のものを載せたいと思います。

年末、懲りずにオリジナルデザインのこぎん刺しくるみボタンを
つくろうと挑戦していました。

 koginButton00-04_201312141737308fd.jpg

今回、刺し始めはふつうのこぎん刺しのように見えますが・・・
できあがったのはこちら。

 koginButton00-05_201312141737324bd.jpg

ヘリンボーンです。

毎度のように近所のリゾート施設を歩いていた時
何気なく駐車場の路面が(ヘリンボーン柄だな…)と気がついて、
これこぎん刺しにできないかな?と思ったのです。

面白い試みではありましたが、こぎん刺しというのは
布の横の織り目に沿って刺していく技法ですから、
横にも縦にも刺しているこれは、
確実にこぎん刺しとは呼べませんね。

でも、かなりの面積をびっしり埋めているので、
この模様で刺した布は、暖かそうです。

(こぎん刺しは、かつて木綿製の衣類を着ることを禁止されていた
農民が、麻布の布目を糸で埋めてせめてもの保温を図ったことから
生まれた技法ですものね)

 koginButton00-06_20131214173732438.jpg

思いついた時は いいのができそうな気がしたのですが、
刺してみたらそうでもなかったかなぁ。
オリジナルデザインは、難しいですね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ




  テーマ:ソーイング ジャンル:趣味・実用
こぎん刺しくるみボタン…?
2013年12月15日 (日) | 編集 |
今日はある思いつきを試そうと、
手持ちのこぎん布とこぎん糸を手に格闘しています。

 koginButton00-01_20131210170728c2c.jpg

イメージした模様を出すべく、刺しては直し、
刺しては直しの繰り返しでしたが
ついにできあがったのが、こちらです。

 koginButton00-02_20131210170731d06.jpg

何に見えますか?

そう!

しいたけですよ!

・・・あれ、見えない??

娘にも「いわれてみれば・・・」と言われてしまいました。

鍋に入れようと、しいたけにバッテンの飾り切りを入れていた時
これをこぎん刺しくるみボタンで作れないかな!?
とひらめいたのです。

丸さといい大きさといい
ちょうどいいように思ったんですけどねぇ。
つい先日作ったキットに茶色いこぎん糸が入っていたのも
抜群にタイムリーでしたし。

周囲を埋めるところの刺し方とか、
まだ改善の余地があるかな・・・

一面こぎん糸で埋められたらいいのですけれど、
長く刺しすぎると糸が不安定になってしまうので、
その兼ね合いが難しかったです。

koginButton00-03_2013121017073152a.jpg

これまでに作ったこぎんボタンたちが、
「あれは果たして仲間なのか・・・?」
と、ざわざわしてました(笑)。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ




  テーマ:和風、和物、日本の伝統 ジャンル:趣味・実用
こぎん刺しくるみボタンの会(8)
2013年11月29日 (金) | 編集 |
そろそろこれが作りたくなってきました。

 koginButton08-01.jpg

「津軽で生まれた伝統模様 こぎん刺し
くるみボタンストラップの会」。

 koginButton08-02.jpg

今回セットされていたのは、こげ茶色のこぎん糸でした。

 koginButton08-03.jpg

この色は初めて。
布に映えて、くっきり模様が出て いい色ですね。

和小物作りはなぜだか、気持ちが落ち着く気がします。
いつものように、3色使って3つ作ってみました。

 koginButton08-04.jpg

「(2)花コと糸刺し」というデザインです。

真ん中の部分が「花コ」かな?
こぎん刺しの最も基礎となる模様とのこと。

くるみボタンは小さいからスペースが限られますが、
これをずらっとしきつめた図柄も見てみたいですね。

 koginButton08-05.jpg

和風つながりで、ちりめん手まりといっしょにころころ。

これくらいの大きさの丸いものって、
ほんとかわいいですね(^^)

   *

そして今日から、いよいよあみコレ大阪会場がスタートですね!
お近くの方、週末のおでかけにぜひどうぞ♪

◇ あみぐるみコレクション2013

 イマココ
 ↓
 ○ 大阪会場
  2013年11月29日(金)~12月1日(日)
  10:00~21:00(日は16:00)
  大阪市阿倍野区阿倍野筋1-6-1
  ABCクラフトあべのキューズモール

 ○ 東京会場
  2013年12月13日(金)~16日(月)
  12:00~19:00
  東京都世田谷区北沢2-39-6
  Space Sprout スペース スプラウト(03-3468-2147)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作りキットへ



  テーマ:手づくりを楽しもう ジャンル:趣味・実用
こぎん刺しくるみボタン(裏)
2013年10月15日 (火) | 編集 |
こぎん刺しは、布目に沿って平行に刺しただけの糸が
集まると規則的な美しさを描き出すところが楽しいですね。

いろいろな図案を刺していく時の もうひとつの楽しみが、
「裏側」を見ることです。

 koginButton00-07.jpg

これは、この間作ったメルスリーVer.のこぎん刺しキットで
3種類の図案を刺した布の裏側。

表から刺している時には、想像できるようでできない模様が
出てくるんですよね(^^)

で、実はこの時、"カチャラズ" の図案の裏側が
結構きれいな模様になるような気がして、
そちら側のデザインで刺したらどうなるか、
試してみたいと思いました。

("カチャラズ" は、中央の紺糸で刺した図案です)

「カチャラズをそのまま刺してひっくり返す」だけでは
次の段へ移る時に裏で渡す糸が出てしまっておかしいので、
"裏カチャラズ" の図案を簡単に描いて、刺していきました。

 koginButton00-08.jpg

"裏カチャラズ" の裏は、当たり前ですが
"カチャラズ" になりますね(^^)

手持ちのパーツでくるみボタンに仕上げて、できあがりです。

 koginButton00-09.jpg

ちょっとハシゴみたいな模様で、これもかわいいと思います。
実験成功ですね☆

 koginButton00-10.jpg

"カチャラズ" と "裏カチャラズ"、
鏡のこちらとあちらのような
不思議な関係のこぎんボタンになりました♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作りキットへ




  テーマ:和風、和物、日本の伝統 ジャンル:趣味・実用