戦闘不能を考える
2018年02月23日 (金) | 編集 |
今日はFFRKのキャラクタたちの
戦闘不能姿に注目してみたいと思います。

「戦闘不能」とは、FFにおける
バトルで力尽きた状態のことです。
("死亡" とはまた別の概念)

たとえばジョブキャラクタだとこんな感じ。

 beadsFFRK520.jpg

十人十色ですね。
意外と導師が大胆な倒れ方。

 beadsFFRK521.jpg

女性キャラは倒れ方もたおやか。
うつぶせの格好の子が多いから、
レナが仰向けなのは意外ですね。
ライトニングもうつぶせなのに。
ファリスと逆でもいい感じですね。

レナを見て思い出しましたが、
FFRKはドレスレコードがありますね。
お着替えバージョンはどうでしょうか。

 beadsFFRK522.jpg

あ~着替えても、基本的な格好は
変わらないんですね。おもしろいです。

というわけで今回は、
戦闘不能姿の中からひとり作ってみました。

 beadsFFRK524.jpg

FF7のケット・シーですね。
折り重なって倒れているのがかわいいなと思いました。
そんな場合じゃないんでしょうが、
ふっくらしたおなかの上は
気持ちがよさそうです。

 beadsFFRK525.jpg

ロボットの戦闘不能とは?とか
どちらに受けたダメージが致命傷?とか
つきつめると混乱してくるので
フワっとさせておいた方がよさそうですね。

 beadsFFRK485.jpg (再掲)

しかしこうして多くの戦闘不能姿を見てみると、
フースーヤの戦闘不能姿のインパクトは
飛びぬけていますね(^^)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ



スポンサーサイト

  テーマ:こんなの作りました♪ ジャンル:趣味・実用
ココアちゃん
2018年02月22日 (木) | 編集 |
今日はまずアフリカンフラワーの
小さめのココアクッキーを作りまして、

 hitogata2018-01.jpg

これを使って、こんなのできました。

 hitogata2018-02.jpg

久しぶりに女の子を作りましたよ!

最近アフリカンフラワーばかり
作ってしまっているので、
ふり返ってみたらヒトガタは
11月初めに作ったっきりでした。

委託販売に出すことがなくなったので、
気が抜けてしまっていますね…。

 hitogata2018-03.jpg

ふわふわのマフラーは
リブ・クロッシェの編み方で
疑似棒針編み仕上げにしてみました。

ゴム編み風でなくメリヤス編み風にすると
1段ごとに糸をつける必要があるので
糸端の始末が大変になるのですが、
それをフリンジにすればいいじゃない、
と気がつきました。
たくさん糸端が出ても無問題です(^^)

 hitogata2018-04.jpg

ヒトガタもやっぱり楽しいですね。
あまり間隔をあけないように
また作ろうと思います。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ




  テーマ:編み物 ジャンル:趣味・実用
くまのがっこう棒針編みブランケットの会(4)
2018年02月21日 (水) | 編集 |
以前、
「くまのがっこう つないでぬくぬく
棒針編みブランケットの会」
というキットをとりました。

クチュリエの2015-'16秋冬号で出たキットで、
現在も発売中です。

とてもかわいいので思い切ってとったのですが、
「葉っぱ2段」の「ビギナー卒業コース」のためか
あまりじょうずにできませんでした。

 bearsSchoolBlanket10.jpg (再掲)

(がんばったけどこのありさま)

そのキットなのですが、実はまだあるんです。

 bearsSchoolBlanket16.jpg

何回かとってつなごうと思ったんですよね。
結局あきらめたので長いこと死蔵されていましたが、
わたし、最近棒針を結構編みました。

 fairIsleArmWarmer18.jpg (再掲)

フェアアイルのアームウォーマとか、

 mixRoll15.jpg (再掲)

ミックスロールのマフラーとか。

だから棒針の経験値も増えていて、
今なら前よりうまく編めるかな??
なんて思うのです。

特にフェアアイルのキットは編み込みで、
「だいぶゆるめに編むべし」
というコツを覚えました。

というわけで、それを踏まえて
くまのがっこうブランケットの
まずテキスタイル柄の方を
勇んで手をつけてみました。

ゆるめにゆるめに、を心掛けて
10段ほど編んで 1模様分編めたので
一度サイズを見てみたのですが、

 bearsSchoolBlanket17.jpg

あれ?

このキットのできあがりサイズ、
20×20センチとされています。

この定規、20センチです。
編み地めちゃデカくない??

 bearsSchoolBlanket04.jpg (再掲)

2年ちょっと前に編んだこのテキスタイルは
20×20のサイズにするのに
「だいぶ無理やり伸ばした」
とブログに書きとめてありました。

なのに今度は、だいぶ大きすぎ・・・

1センチくらいならともかく
こんなにオーバーしていると、
このまま編み進めても多分
正方形になりませんね。
これは失敗です・・・

たるんでいるほどではないのですが、
今度はゆるすぎなんですね。
編み込み難しいなぁ。

くじけますね(^^;)
苦手なことに時間を使うより
得意なことを伸ばした方がいいかなぁ。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ




  テーマ:編み物 ジャンル:趣味・実用
リバーシブル・クロッシェ(完成)
2018年02月20日 (火) | 編集 |
「ワンダークロッシェ」から編んでいた
"リバーシブル・クロッシェ" のブランケット、
完成しました。

 wonderCrochet21.jpg

全体図はこんな感じ。
サイズは 58×87cm になりました。

使用した糸は指定より細いものなので、
レシピと同じくらいになるように
模様の数を少し増やして作り始めたのですが、
できあがったら指定より少し小さかったです。
でもブランケットとして充分ではあるかな。

 wonderCrochet22.jpg
 「いい肌触りー」

あ、つばきちゃん。
できあがったら入ろうと思っていたの?
「ワンダークロッシェ」の作例写真が
そんな感じで撮られているもんね。

 wonderCrochet07.jpg (再掲)

使用した糸は最初に書いたとおり
アルル中細とシフォンで、
使用量は 各6玉くらいでした。

 wonderCrochet23.jpg

ちなみにですね、
何かお気づきになることありますか?

 wonderCrochet24.jpg

ここ、1ヶ所だけ模様変えたんです。

ずっと「+」「+」「+」…と編んできたから、
1ヶ所くらいマイナス入れたくなったので。

 wonderCrochet25.jpg

その部分は当然裏側の模様も変わります。
どうなるかな?と編んでから見るのが
楽しみでしたヨ。

これは「プラス×ゼロ」ブランケットですが、
「マイナス×イコール」ブランケットも
編めるということですね。

 wonderCrochet26.jpg

サボちゃんたちも入ってる!

 wonderCrochet27.jpg

大好きな とても手触りの良い糸なので、
おおものですが編むのがつらく感じる時は
ありませんでした。
楽しかったなー。

 wonderCrochet28.jpg

途中で冒険の仲間に加わった段数マーカーには
お世話になりました。
おつかれさん!

 wonderCrochet29.jpg
 「ひざかけ大きくなったニャ」

お昼寝もできちゃいそうね。

制作期間は2ヶ月半ちょっとでした。
3ヶ月くらいかかるかな?と思ったから
だいたい予想どおりでしたね。

 wonderCrochet30.jpg

ひょいっと椅子にかけておいたのがふと目に入ると
絵になるな~といい感じに見えたりします。
すばらしいデザインだと思いました(^^)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ



  テーマ:編み物 ジャンル:趣味・実用
リバーシブル・クロッシェ(3)
2018年02月19日 (月) | 編集 |
昨年買った「ワンダークロッシェ」
という編み物の本から
"リバーシブル・クロッシェ" という
編み方のブランケットに挑戦していました。

 wonderCrochet01.jpg (再掲)

前の記事にも書きましたが、
1日に1模様分くらいずつ
ぼちぼちと進めていました。
裏面と表面を編んでいくので、
だいたい1時間くらいで1模様編める感じです。

○関連記事:
リバーシブル・クロッシェ(1) 2017.12.11
リバーシブル・クロッシェ(2) 2017.12.16

制作をざっくり振り返ると、
序盤は、よく間違えました。
リズムに乗って編んでいる時は大丈夫なのですが、
段が変わった時にミスしがちでしたね。

中盤は、ミスのうまい誤魔化し方を
あみだしました(!)
長編みの間のくさり目が落ちていても
パッと見に分からない程度に
リカバリできるようになりました。
本当は戻って編み直すべきなのでしょうから、
全く威張れませんが・・・

終盤は慣れてきて、ミスがなくなりました。
自分でも不思議なくらい、間違えませんでしたね。

 wonderCrochet16.jpg

途中で娘に、(はしっこが)
「ぴらーんてなってるけど、いいの?」
と言われました。

ああっ、ぴらーんってしないで(笑)。
最後にふち編みを編むと
ぴらーんってならなくなるはずなのよ。

そしてほどなくその時はやってきました。
サイズを見ながら編んでいましたが、
50模様編んだところで良さそうになったので
編み終わることにしました。

 wonderCrochet17.jpg

ここからふち編みです!
久しぶりに「ワンダークロッシェ」の本を
持ってきました。

ふち編みは楽しい作業ですね。
今までブランケットを5・6枚編みましたが
そのたびに、思いました。
本体を編んでいる間、ず~っと
楽しみにしている作業でもありますね。

 wonderCrochet18.jpg

編み物のレシピをあまり見慣れていないせいも
ありますが、
このブランケットのふち編みの方法は
少し理解するのが難しかったです。
でも、一度 あ、そういうことか、と理解したら
どんどん編んでいけました。
2色が使われていて
とてもかわいらしいですよ。

 wonderCrochet19.jpg

娘が心配していた「ぴらーん状態」も、
ちゃんときれいに整っていきます。
ランチパックの端みたいに
ぴったり合わさったので、
後から見た娘は「え?どうなってるの?」と
驚いていました。

 wonderCrochet20.jpg

最終段はピコットがかわいいです。
楽しくてどんどん編めてしまいました。
ああ~~もう編み終わってしまいますよ~~

なごり惜しいけれど、
完成させることにします。
糸端を処理して、次回完成図を載せますね(^^)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ



  テーマ:編み物 ジャンル:趣味・実用